2020年7月29日 (水)

「歩こう会」年間予定のお知らせ

年金者組合志木支部では、毎月健康ウォーキングを計画しています。詳細は毎月、広報誌「ねんきん志木」と一緒にお届けしています。
原則、申し込みは必要ありませんので、お知らせした時間に、柳瀬川駅ホームに集合です。
組合員の皆さま、お誘いあわせの上、ご参加ください。(画像はクリックすると拡大します)
「歩こう会」年間予定
11_1280 12_1280

2020年7月26日 (日)

「歩こう会」山百合の自生地武蔵丘陵森林公園へ

Dsc06827_1024 7月20日(月)
 年金者組合志木支部の「歩こう会」7月企画で、武蔵丘陵森林公園へ、山百合を見に行きました。
いつものとおり、申込み必要なしで、朝、9時に柳瀬川駅ホームに集合です。参加者は14名でした。
東武東上線森林公園駅からは、バスで森林公園南口へ向かいます。このバス、下車停留場が「森林公園南口入口」より、一つ先の「滑川中学」のほうが南口入口に近いので注意です。
 計画では、全コースを歩きとおすことはきついので、南口からの園内バスで、中央橋バス停まで行き、そこから山百合の群落が見られる「やまゆりの小径」を歩くコースに入る予定でした。
コロナ禍の自粛で中止されていた園内バスは7月から運行が再開されたのです。
 ところが南口の係員の方が、やまゆりの小径は、まだ見頃でなく、植物園周りから見た方が良いと案内してくれたので、コース変更することにしました。
僕は森林公園には季節を変えて何度も来ていましたが、山百合を見るのも、園内バスに乗るのも初めてです。
バスは我々のグループだけの貸切状態でした。ゆっくり走るので、あたりの景色をよく眺められます。ところどころの林の中に白い花が見えて、山百合への期待が膨らみます。
植物園前でバスを降り、さあ、山百合を求めて森林散策の始まりです。
、ここ森林公園は里山の宝石とも言われる山百合の、関東有数の自生地なのです。
 Dsc06819_1024 歩き始めてみると、入り口で貰ったヤマユリ開花状況マップでは、エリアごとに、ここに何輪といったふうに群生地の場所名と大よその開花数が書かれていますが、実際は、道の両側に咲く山百合を見つけながら歩く感じで、大きくまとまった群生地らしき場所はありませんでした。
それでも、歩くと園路両側から強い香りを放ちながら咲く山百合を、ここにも、あそこにもと指さしながら沢山見る事が出来ました。
20cmほどの白い大きな花です。
そのためか、頭を垂れてしまって「歩く姿は百合の花」といった凛とした感じではないのが、ちょっと残念ではありました。
花を見つけながら森の道を行く、森林浴は実に気持ちが良く、コロナ禍の憂鬱な気分を晴らしてくれます。
花を見つけながら、彫刻広場経由で中央口近くまで歩き、そこから少し戻って山田大沼の橋を渡りました。
中央口方面から中央レストランの道が急坂だと教えられていたので、避けたのです。
 すぐに記念広場に出ました。
Dsc06823_1024 Dsc06825_1024 Dsc06826_1024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局そこから「やまゆりの小径」の一部を歩くことになり、最後は広い園路に出て中央レストランに向かいました。
皆の昼食場所として外のテラス席を考えていたのですが、暑さで冷房の効いた室内に変更し、それぞれが好きなメニューを選びました。
一部の人達は、早速冷たい生ビールで喉を潤していました。
ゆっくり昼食をとった後、約1.6kmほど歩いて南口まで戻りました。実は中央橋からバスにのる予定でしたが、時刻表の変更に気づかず、バスに乗れなかったのです。参加の皆さん、ごめんなさい。
 南口から今日最後の山百合鑑賞地である山田城跡に向かいました。徒歩約5分程、南口のすぐ横と言った場所です。
この山田城跡が、今日の森林公園山百合探訪の最高の場所でした。3か所ほどの場所に、見頃を迎えた山百合が、それこそ群生していたのです。ここが今日一番だと皆でゆっくり見て歩き、歩こう会を終えました。
参加の皆さん、お疲れ様でした。「歩こう会」は8月は休みで、9月に「さいたま市見沼田んぼの彼岸花を見ながら散策」を予定しています。詳細は「ねんきん志木」8月号と一緒に、8月15日頃に配布します。どうぞご参加ください。
Dsc06828_320

2020年7月 2日 (木)

7月歩こう会 武蔵丘陵森林公園へ

年金者組合志木支部、7月の歩こう会は、武蔵丘陵森林公園です。
四季折々にきれいな花を見せてくれる「武蔵丘陵森林公園」
今回は「里山の宝石」と言われる山百合を見て歩きます。
ここの山百合は、関東有数の自生地です。
いつものように事前申し込みは必要ありません。
柳瀬川駅ホームに9時00分に集合してください。
詳細は、「ねんきん志木」7月号と同時に配布される下記「号外チラシ」をご覧ください。
(画像はクリックすると拡大します)20200702__1600

 

 

2020年6月30日 (火)

智光山公園の花菖蒲

6月12日
Dsc06735_1024_20200630170501 年金者組合志木支部の軽ハイキング企画「歩こう会」に12名ほどが参加し、埼玉県入間市の智光山公園の花菖蒲を見てきました。
西武新宿線の入間市駅までは、東武東上線で川越市駅で乗り換え、約40分ほどの距離にあります。志木市からは割と近いのです。
駅前からバスに乗り20分で、終点の智光山公園に到着しました。
実は智光山公園を訪れるのは、僕は初めてで、存在すら知らなかったのです。
驚きました。これほど広大で自然豊かな大公園が、市街地にあるとは。総面積53.8ヘクタール、東京ドーム約11個分の広さがあるそうです。
バス停から、花菖蒲園を目指しましたが、園内には小路が多く、案内標識が少ないこともありやや迷いました。入間市の人達には、案内板など必要ないくらいに親しまれている公園でしょうが、初めて訪れる人には、簡略な園内案内図ではわかり難いなと思いました。
ちなみに、広さで、1ヘクタールとは100m角の正方形で、良く広さの基準にされる東京ドームは約4.7ヘクタールで、100m角が約5つあると思えば良いでしょう。するとこの智光山公園は、100m角が54個もあるわけで、その広さがわかります。
武蔵野の自然を良く残した園内の散策は、案内標識などに囚われないほうが良いのかもしれません。
10分程歩くと、花菖蒲園が見えてきました。これも驚いた。今日は良く驚かされます。上の写真(クリックすると拡大します)に見られるように、今を盛りと花開いた花菖蒲が目の前いっぱいに広がっているのです。これは凄いね!みんなの感想です。
しばらく花菖蒲園の周りの散策路を歩き、花菖蒲がもう一ケ所咲いているという、九頭竜池を目指しました。
ここからの散策路が、武蔵野の雑木林の道で、雰囲気がとても気に入りました。
閉鎖されていましたが、キャンプ場もあるんだ、釣り堀まであるぞと感心しながら歩いていたら、見事なバラ園があり、色とりどりのバラが迎えてくれました。
Dsc06738_1024_20200623174701_20200630170601 これだけのバラがみられる所は、志木市周辺にはありません。
そしてその先には、今度はアジサイが。花菖蒲を見に来たのに、バラとアジサイまで見られてよかったねと皆さん喜びました。
九頭竜池脇の花菖蒲は、数こそ2600株もある花菖蒲園には及びませんが、こちらの方が野の風景と言った感じで、また趣がありました。
この花菖蒲を見ながら久しぶりの野外でのお弁当を楽しみました。
花菖蒲観察は、雲空か小雨が良いと聞きましたが、本当に曇り空からパラパラと小雨が降りだしたので、元来た道をバス停に戻り、今日の軽ハイキングを終わらせました。
また来たいなと思う、素敵な自然公園でした。

 

Dsc06740_1024_20200623174701_20200630170601 Dsc06741_1024_20200623174701_20200630170601 Dsc06745_1024_20200630170601

 

2020年6月29日 (月)

カタクリの花を見ました----埼玉県小川町へ

3月30日(月)
Dsc06661_1024_20200629205901

 

 

 

 

 

 

 

カタクリの花を見てきました。
 埼玉県では、都内への外出自粛要請を求められているさなか、どうしようかと迷いました。所属する年金者組合のハイキング計画です。
でも、来年見られるという保証のない年齢と、都心とはまったく逆方向の郊外へ向かうのだから好いだろうと、自分に言い聞かせ7名の仲間と出発しました。
場所は、東武東上線の小川町駅から、バスで10分程のところにある、「カタクリとニリンソウの里」です。
幸い、東武東上線は、7人掛けの座席に1人づつ座れるくらいの乗車率、埼玉伝統工芸会館前までのバスもガラガラで、濃厚接触の心配無しでした。
カタクリとオオムラサキの林、そしてカタクリとニリンソウの里にも、観光客の姿はほとんどなく、静かな里山風景を楽しんできました。
前日の日曜日に予定されていた恒例のカタクリ祭りも中止になったのです。
ここは、昔の小川町の里山風景を甦らせようと、地域の住民の保護活動により、カタクリの大きな群生地がよみがえったのだそうです。
休日で閉館されている伝統工芸会館の駐車場から歩き始め、槻川にかかる橋を渡って、西光寺に参拝し、そこから右方向へカタクリとオオムラサキの林、そして戻って逆方向のカタクリとニリンソウの里へのコースを、ゆっくりと歩きました。
カタクリの花は、盛りを過ぎたとはいえ、斜面いっぱいに咲いて、期待に応えてくれました。カタクリの花の傍らで咲くニリンソウの白い花も見ることが出来ました。
昔はもっと身近に見られたそうですが、乱獲や土地開発、里山の荒廃で、減少してしまい、今や絶滅危惧種にも指定されるカタクリの花です。
バス停近くの、散策路周りに、これだけの群生地を甦らせてくれた、地元のカタクリ愛好会の皆さんに感謝します。
Dsc06663_1024_20200629210301 
(写真上)カタクリとニリンソウの里で
(写真下)伝統工芸館前のバス停近くにあった民家。桜などが満開で絵のような里の風景を見せてくれた。                                                                                                                                                                                                
Dsc06672_1024_20200629205901

2020年6月28日 (日)

年金者組合志木支部ブログ

年金者組合志木支部のブログを立ち上げました。組合員の皆さんの情報共有が出来れば嬉しいです。