« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月26日 (日)

山百合を見に行きました----武蔵丘陵森林公園へ

Dsc06827_1024

7月20日(月)
年金者組合の「歩こう会」企画で、武蔵丘陵森林公園へ山百合を見に行きました。
東武東上線森林公園駅から、バスで森林公園南口へ向かいます。このバス、下車停留場が「森林公園南口入口」より、一つ先の「滑川中学」のほうが南口入口に近いので注意です。
 計画では、運行が再開された南口からの園内バスで、中央橋バス停まで行き、そこから山百合の群落が見られる「やまゆりの小径」を歩くコースに入る予定でした。
ところが入口の係員の方が、やまゆりの小径は、まだあまり咲いていなので、植物園周りを見た方が良いと案内してくれたので、コース変更することにしました。
森林公園には季節を変えて何度も来ていましたが、山百合を見るのも、園内バスに乗るのも初めてです。
バスは我々のグループだけの貸切状態でした。ゆっくり走るので、あたりの景色をよく眺められます。ところどころに白い花が見えて、山百合への期待が膨らみます。
植物園前でバスを降り、さあ、山百合を求めて森林散策の始まりです。
里山の宝石とも言われる山百合は、ここ森林公園は関東有数の自生地なのです。
 歩き始めてみると、入り口で貰ったヤマユリ開花状況マップでは、エリアごとに、ここに何輪といったふうに群生地の場所名と大よその開花数が書かれていますが、実際は、道の両側に咲く山百合を、見つDsc06819_1024 けながら歩く感じで、大きくまとまった群生地はありませんでした。
それでも、歩くと園路両側から強い香りを放ちながら咲く山百合を、ここにも、あそこにもと指さしながら沢山見る事が出来ました。
20cmほどの大きな花です。
そのためか、頭を垂れてしまって「歩く姿は百合の花」といった凛とした感じではないのが、ちょっと残念ではありました。
花を見つけながら森の道を歩く、森林浴は実に気持ちが良く、コロナ禍の憂鬱な気分を晴らしてくれます。
しばらく花を見つけながら、彫刻広場経由で中央口近くまで歩き、そこから少し戻って山田大沼の橋を渡りました。
中央口方面から中央レストランの道が急坂だと教えられていたので、避けたのです。
すぐに記念広場に出ました。結局そこから「やまゆりの小径」の一部を歩くことになり、最後は広い園路に出て中央レストランに向かいました。
昼食後、約1.6kmほど歩いて南口まで戻りました。ここから、徒歩5分の山田城跡に向かいました。南口のすぐ横と言った場所です。
この山田城跡が、森林公園山百合探訪の最高の場所でした。3か所ほどの場所に、見頃を迎えた山百合が群生していたのです。ここが今日一番だと皆でゆっくり見て歩き、今日の歩こう会を終えました。
群生と言った感じではありませんでしたが、自生の山百合をこれだけ見る事が出来たのは、さすが関東有数の自生地の看板に偽りなしでした。
Dsc06823_1024 Dsc06825_1024 Dsc06826_1024

 

 

|

2020年7月16日 (木)

エレベータは定員5名!

Dsc06818_1024四谷への墓参の帰り、東京に長居はせず、すぐに帰ろうとは思いましたが、大型書店だけでも覗いて行こうと考えました。大げさですが、長い自粛生活で久しぶりの東京です。
書店ですが、我が志木市には小さな書店が数軒あるだけなのです。
 池袋の東武デパート内の旭屋書店は、縮小されたとはいえ、まだ本屋で立ち読みするわくわく感は持てるだけの広さと本の品揃えはあります。
 レジカウンターの前の、ソーシャルデイㇲタンス、足跡マークはどこでも見られる光景ですが、帰りに乗ったエレベーターには驚きました。普段は確か20人ほどの定員ですが、足跡が5個。定員5名なのです。
 政府や都のコロナ対策が迷走しているようですが、民間ではそれぞれがしっかりと感染予防に努力していることがわかります。
それにしても、今日の東京都の感染者数は280人越えだそうです。先日、このブログで東京アラート再発令?と書き100人超えれば、200人越えもあると書いたばかりなのに、いまや300人越えを心配することになりました。
別の心配事が増えました。コロナ菌の感染力が強力になっているのではないどろうかと。
沖縄県を始め、米軍基地関係の感染者の実態がつかめないようです。
東京近在には、座間基地、横田基地、ヘリコプター発着場のある、人員移動拠点の赤坂プレスセンター、そして米国大使館があります。こういった基地などの関係者の外出禁止令は聞いていません。米国由来の新型コロナ菌は入国お断りとしたいものです。
Dsc06815_1024

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

東京アラート再発令?

Photo_20200707174401

  Photo_20200707182401 我家の古新聞は、月に一度地元の小学校のPTAなどが収集している指定日時に、出すようにしている。
明日がその収集日なので、今日の午後、6月分の古新聞を整理していたら、東京新聞の一面にこんな見出しが目についた。日付は6月3日(水)である。
「東京アラート初発令」「新たに34人 知事感染防止を」
10人から20人の範囲で推移していた感染者数が一気に増えた事で、小池都知事は「警戒すべき数字。感染防止の徹底を」と強調し、お台場のレインボーブリッジを赤く照らすよう指示したとの記事である。
この記事を読みながら考えた。今の状況と比べて、何か違和感と言うか、すっきりしない。
東京都の今日(7月7日)の感染者数は、106人と発表されている。
もう6日連続で100人越えである。100人を超えたということは、間もなく200人も超えると言うこと。
都民ではない僕の云わんとしていることは、お分かりだろう。
そう、東京アラートなる良くわからない発令はどうでもよいが、せめてレインボーブリッジと都庁舎は赤く点燈して、都民に注意喚起をしてもよいと思うが、余計なおせっかいかな。
、若い人の感染者が多いと言うことは、5月までは幸いほとんど発生しなかった、今回は小中学校もクラスター発生の危険性が高いと思われることだ。

| | コメント (5)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »