« 検察庁法改正に反対します | トップページ | 今日、カワセミを見ました »

2020年6月 2日 (火)

「アベノマスク」本当にこのお二人、大丈夫か!

Dsc06725_1024
 我家にもアベノマスク届きました。やっとお目にかかることが出来ました。
当初は配布のドタバタに、何がどうなっているんだと惑わされ、かたや466億円なる巨額な経費(最近発表ではマスク調達費184億円、配送費76億円)にエッと驚かされたりしていました。
 国に先駆けて各家庭にマスク10枚を素早く配布した北海道で、雪降る中を黙々とポストを巡る配達員の雄姿をテレビで見て、これだと飛びついた官邸官僚のお粗末な発案に、かくも日本中が右往左往させられたかと、なんともやりきれない感じです。
 ここにきて、批判回避に躍起な安倍首相、菅官房長官の発言には、やりきれなさどころではない、このお二人、正常なのかと心配してしまうのです。だって、この発言、まとまな頭で考えたとしたら、国民との意識のズレが大きすぎます。
 一国の総理と官房長官たるものが、状況とあまりにかけ離れたことを平気で口にする、その上に戦果?を誇る。こんなお二人に危機管理など任せたら、ノモンハンの二の舞必死ですよ。
アベノマスクの配布意義を聞かれて
菅官房長官「品薄状態が解消されて、店頭で販売されている値段も大幅に安くなってきている」
「次なる流行にも十分反応できるよう、布製マスクを多くの国民が保有することに意義がある」
安倍首相「布マスクは、需要の増大を抑える大きな効果が期待できる」
 安倍首相のマスク姿を見て、この方が洗濯して使いまわしているとは思えないのですが、それにしても他の閣僚たち、なぜアベノマスクを使わないのですか。
配達された家族三人に、たった2枚のマスクを見ていると、なんだかこの国の将来は如何にと、暗澹とした気持ちになってしまいます。罪なマスクです。

 

|

« 検察庁法改正に反対します | トップページ | 今日、カワセミを見ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 検察庁法改正に反対します | トップページ | 今日、カワセミを見ました »