« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月23日 (火)

智光山公園の花菖蒲

Dsc06735_1024 新型コロナ感染拡大の3月以降、志木市の我家から見上げる空がとてもきれいになりました。
昼の青空だけでなく、夜空の星が良く見えるのです。
以前は街の明かりに邪魔されて2等星くらいしか見ることはできませんでしたが、今は同じ条件でも目をこらせば4等星くらいまでは見ることが出来ます。
志木市上空を飛ぶ航空機もめっきり減りました。
戸外で行う太極拳は、演技中ほとんど空を見ています。
以前は日本海方向に向かって高空を飛んでいた旅客機、そして飛行機雲を見上げることも度々ありました。それが消えてしまったのです。
世界中の旅客機の8割が減便だとか。コロナ禍によって、航空機による空の汚染を改めて考えさせられることになりました。

6月12日
年金者組合の軽ハイキングに12名ほどが参加し、埼玉県入間市の智光山公園の花菖蒲を見てきました。
西武新宿線の入間市駅までは、東武東上線で川越市駅で乗り換え、約40分ほどの距離にあります。志木市からは割と近いのです。
駅前からバスに乗り20分で、終点の智光山公園に到着しました。
実は智光山公園を訪れるのは、僕は初めてで、存在すら知らなかったのです。
驚きました。これほど広大で自然豊かな大公園が、市街地にあるとは。総面積53.8ヘクタール、東京ドーム約11個分の広さがあるそうです。
バス停から、花菖蒲園を目指しましたが、園内には小路が多く、案内標識が少ないこともありやや迷いました。入間市の人達には、案内板など必要ないくらいに親しまれている公園でしょうが、初めて訪れる人には、簡略な園内案内図ではわかり難いなと思いました。
ちなみに、広さで、1ヘクタールとは100m角の正方形で、良く広さの基準にされる東京ドームは約4.7ヘクタールで、100m角が約5つあると思えば良いでしょう。するとこの智光山公園は、100m角が54個もあるわけで、その広さがわかります。
武蔵野の自然を良く残した園内の散策は、案内標識などに囚われないほうが良いのかもしれません。
10分程歩くと、花菖蒲園が見えてきました。これも驚いた。今日は良く驚かされます。上の写真(クリックすると拡大します)に見られるように、今を盛りと花開いた花菖蒲が目の前いっぱいに広がっているのです。これは凄いね!みんなの感想です。
しばらく花菖蒲園の周りの散策路を歩き、花菖蒲がもう一ケ所咲いているという、九頭竜池を目指しました。
ここからの散策路が、武蔵野の雑木林の道で、雰囲気がとても気に入りました。
閉鎖されていましたが、キャンプ場もあるんだ、釣り堀まであるぞと感心しながら歩いていたら、見事なバラ園があり、色とりどりのバラが迎えてくれました。
これだけのバラがみられる所は、志木市周辺にはありません。
そしてその先には、今度はアジサイが。花菖蒲を見に来たのに、バラとアジサイまで見られてよかったねと皆さん喜びました。
九頭竜池脇の花菖蒲は、数こそ2600株もある花菖蒲園には及びませんが、こちらの方が野の風景と言った感じで、また趣がありました。
この花菖蒲を見ながら久しぶりの野外でのお弁当を楽しみました。
花菖蒲観察は、雲空か小雨が良いと聞きましたが、本当に曇り空からパラパラと小雨が降りだしたので、元来た道をバス停に戻り、今日の軽ハイキングを終わらせました。
また来たいなと思う、素敵な自然公園でした。
Dsc06745_1024 Dsc06741_1024_20200623174701 Dsc06740_1024_20200623174701 Dsc06738_1024_20200623174701

| | コメント (2)

2020年6月21日 (日)

今日、カワセミを見ました

Img_0416-1_1024 今日、4か月ぶりに柳瀬川探鳥会に参加しました。
なんとカワセミを見つけました。
柳瀬川の高橋近くの川べりの枝に止まっていました。一羽だけでした。
今日は、他にもキジ、コサギ、チュサギ、ダイサギ、キジ、コチドリ、オオヨシキリなども見ることが出来ましたが、やはりカワセミの美しい姿を見ると、嬉しくなります。
コロナ禍で、外での活動を控えていましたが、先週は入間市の智光山公園に花ショウブを見に行き、少しづつ活動再開です。

| | コメント (2)

2020年6月 2日 (火)

「アベノマスク」本当にこのお二人、大丈夫か!

Dsc06725_1024
 我家にもアベノマスク届きました。やっとお目にかかることが出来ました。
当初は配布のドタバタに、何がどうなっているんだと惑わされ、かたや466億円なる巨額な経費(最近発表ではマスク調達費184億円、配送費76億円)にエッと驚かされたりしていました。
 国に先駆けて各家庭にマスク10枚を素早く配布した北海道で、雪降る中を黙々とポストを巡る配達員の雄姿をテレビで見て、これだと飛びついた官邸官僚のお粗末な発案に、かくも日本中が右往左往させられたかと、なんともやりきれない感じです。
 ここにきて、批判回避に躍起な安倍首相、菅官房長官の発言には、やりきれなさどころではない、このお二人、正常なのかと心配してしまうのです。だって、この発言、まとまな頭で考えたとしたら、国民との意識のズレが大きすぎます。
 一国の総理と官房長官たるものが、状況とあまりにかけ離れたことを平気で口にする、その上に戦果?を誇る。こんなお二人に危機管理など任せたら、ノモンハンの二の舞必死ですよ。
アベノマスクの配布意義を聞かれて
菅官房長官「品薄状態が解消されて、店頭で販売されている値段も大幅に安くなってきている」
「次なる流行にも十分反応できるよう、布製マスクを多くの国民が保有することに意義がある」
安倍首相「布マスクは、需要の増大を抑える大きな効果が期待できる」
 安倍首相のマスク姿を見て、この方が洗濯して使いまわしているとは思えないのですが、それにしても他の閣僚たち、なぜアベノマスクを使わないのですか。
配達された家族三人に、たった2枚のマスクを見ていると、なんだかこの国の将来は如何にと、暗澹とした気持ちになってしまいます。罪なマスクです。

 

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »