« 新年あれこれ | トップページ | 今日の男体山 »

2020年1月22日 (水)

新年あれこれ-2 イスラム革命防衛隊司令官殺害

我家は穏やかな正月を迎えられたとはいえ、日本の政治、政界の劣化著しく、見るに、聞くに堪えない事ばかり。
正月3日には、驚くべきニュースが飛び込んできた。イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官の爆殺である。
トランプ大統領が、どのような理由付けをしようとも、米大統領選を睨んだ蛮行だと断じる。
1280pxmq9_reaper__090609f0000m777
イランのイスラーム革命防衛隊ゴドス部隊のガセム・ソレイマニ司令官の殺害は、カタールのアル・ウディド米空軍基地からから飛ばされた無人航空機MQ-9リーパー(写真上、ウイキペディアより)から発射されたミサイル、ヘルファイヤR9Xによってなされた
場所はイランのバクダッド国際空港の道路上で、ソレイマニ司令官の他、イラク人民動員隊副司令官のアブ・マフディ・アル・ムハンディス氏など他の5名と共に、ダマスカスから旅客機(プライベートジェット説もある)で到着したのち、2台の乗用車で移動中に、2機のミサイルを撃ち込まれたという。無残に破壊され、焼けた鉄くずの様な乗用車の写真も報道されている。この写真、映画「ドローンオブウォー」の標的命中シーンと酷似しているので驚いた。
1920pxmq9_reaper_taxis_20200121123101
恐るべきは、カタールから飛ばされた無人機による攻撃は、米国のネバダ州のクリーチ空軍基地から遠隔操作されていた。
音もなく接近して、標的の乗用車にピンポイントで正確にミサイルを命中させることが可能であることが、改めて実証されたような事件である。
写真上は、翼下にミサイルを装填したMQ-9)
MQ-9は、長さ11m、翼幅20mで高度1万5千メートルを長時間飛行できる。値段も高い。一機約19億円もする。
クリーチ空軍基地では、写真下の様な、操縦席に2人で座り、ゲーム機を操縦するように、無人機を世界中の空に飛ばすことが出来る。
通勤してきた操縦者たちは、安全な基地内の操縦席に収まり、今日の標的を攻撃した後、何事もなかったように家に帰って家族と過ごす。
操縦者たちは、ここの日常と戦場の短期的な往復によるストレスで精神に変調をきたすとか、退職者の多い不人気な任務で、常に人員不足に悩まされているなどと報道される。しかし、民間人の参入(7人に1人)や、待遇と、勤務状態の改善などで、現在は大分解消されたようだ。精神的なダメージを受ける者がいる一方、殺人攻撃をゲーム感覚で楽しむ者も多いそうだ。女性操縦者も存在するらしい。
このあたりの事は、2014年に米国で製作された映画「ドローン オブ ウォー」を見ると、状況が良くわかる。
Mq1_predator_controls_20070807_20200122140001

 

11dcsevendays6articlelarge

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 新年あれこれ | トップページ | 今日の男体山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新年あれこれ | トップページ | 今日の男体山 »