« 志木ニュータウンからの山岳展望---男体山が良く見える | トップページ | 新年あれこれ-2 イスラム革命防衛隊司令官殺害 »

2020年1月15日 (水)

新年あれこれ

 お蔭様で穏やかな新年を迎えることが出来ました。遅ればせながら、本年も拙いブログ書き続けたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
元旦は来客があり賑やかな一日となりました。翌2日、いつもの地元の氷川神社に初詣にゆきました。徒歩で15分ほどの距離です。元日は参拝客で混雑するのは仕方ないとしても、2日でもいつもは約1時間程度の行列ができるのですが、拍子抜けするほど空いていました。午後だとこんなに空くのかと驚いた次第です。その代り、甘酒などの振る舞いはありませんでしたが。神前に今年一年の家族の健康と安全と、併せて住みよい世の中になる事も願って、2020年の初詣を済ませることが出来ました。
Dsc06460_1024 5日には、江の島に行き、江の島神社にも参拝しました。初めてではないのですが、多分4,50年ぶりになるでしょう。
小田急の片瀬江ノ島駅を出てから、その変貌ぶりに驚きました。建物が増え、江の島へ渡る橋周辺もきれいに整備されていました。
かって江の島に渡る橋が木造で、渡り賃が確か2円か5円だった頃も知るものとしては、感無量でもありました。
橋周辺とその先の弁財天仲見世通りには、外国人も含めて多くの観光客で賑わっていました。この日の江の島は、晴天でどこからも富士山が美しく見えました。上り専用の江の島エスカーも利用して、江の島神社、児玉神社に参拝、展望灯台(江の島シーキャンドル)やサムエル・コッキング苑を巡り、島先端の岩屋を見てから、遊覧船べんてん丸で、弁天橋まで戻り江の島巡りを終わりました。
上の写真は、サムエル・コッキング苑に咲いていたチューリップです。冬の寒さの中きれいに咲きそろっていて見事でした。そう、このサムエル・コッキング苑も煉瓦造建築の歴史に残る建物だったので、地下部分しか残っていないのですが、興味深く見てきました。
この日は横浜のホテルに宿泊することに決めていたので、これも懐かしい湘南モノレールで大船駅まで戻り、40年前に住んだ団地の公田ハイツに行くことにしました。
行ってびっくり、団地そのものは変わっていませんでしたが、団地周辺、そして根岸線の本郷台駅まで、ここまで変わるかと言う変貌ぶりには、本当に驚きました。このあたりの事は、また書いてみたいと思います。
賑わう中華街で夕食をすませ、ホテルに入りましたが、ホテルの前の、ライトアップされた帆船日本丸が見ごたえがあり、結構いろいろあった一日観光の最後を締めてくれました。
Dsc06471_1024

|

« 志木ニュータウンからの山岳展望---男体山が良く見える | トップページ | 新年あれこれ-2 イスラム革命防衛隊司令官殺害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志木ニュータウンからの山岳展望---男体山が良く見える | トップページ | 新年あれこれ-2 イスラム革命防衛隊司令官殺害 »