« 明るい未来が欲しいのに---年金財政検証に見える政府の本音 | トップページ | 柳瀬川増水 »

2019年10月10日 (木)

紅葉の栗駒山へ

1570417018532紅葉の栗駒山へ
10月6日(日)

親子三代、5人で栗駒山に登ってきました。このブログの最初の頃から、何度か登場し、今や成人になったあのチビスケ1号が一緒なのです。前日は、皆で登山口のいわかがみ平に近い、「ハイルザーム栗駒」のコテージ棟に宿泊しました。
 夜間に雨が降り出し、滅多にない孫との登山が中止とならないよう、祈るような気持ちで朝を迎えました。天気予報は、決して芳しくなかったのに、なんと願いが通じ、午前8時頃には雨も止み、空が明るくなってきました。
朝食後、9時に宿のマイクロバスでいわかがみ平まで送ってもらいました。
栗駒山は、新幹線のくりこま高原駅からのバス便は、紅葉時期の週末のみ、それも朝1便、帰りの午後1便しかないのです。紅葉時期の週末と言っても、9月21日(土)から10月14日(休日)の間の10日間だけです。
前に行った安達太良山も鉄道下車駅の二本松駅からのバス便は無く、タクシーでしか登山口まで行けません。だいたい、鉄道利用の登山者など、ほとんどいなかったのです。
宿から15分ほどで、いわかがみ平の駐車場に到着しました。ここの駐車場は早朝から満車で、多くの車はかなり麓側の駐車場に止めるようでした。そこから、送迎のマイクロバスが運行されているのです。
ツアー登山らしい団体もいて、混雑するレストハウス横から、石畳の登山道が伸びています。今日登るのは、この比較的楽な中央コースと決めています。
石畳と言っても、石が敷き詰められている神社の参拝路を想像しているとがっかりさせられます。
どちらかと言えば、石がゴロゴロと置かれている感じで、常に足元を見ながら登らなければなりません。この道は、下山の際に、とても長く感じられ結構苦労させられました。
登山道の勾配は緩く、親子、孫5人で、きれいな山の空気を味わいながらゆっくりと登ります。
次々と登ってくる登山者の多さに驚きます。小中学生の姿も見られます。さすが紅葉の栗駒山、それも日曜日だと改めて納得しました。
高度を上げるにつれ、山肌の紅葉が一段と美しく展開して、なんども立ち止まって見入ってしまいました。
途中で石ころだらけの道も終わり、緩やかな登山道が、見上げる頂上に伸びています。
時々、日が陰り霧が巻いたりしますが、絶好の登山日和です。
もう、頂上や東栗駒コースの稜線を歩く登山者の姿がよく見えるようになりました。あたりの紅葉はいちだんと美しさをまして、登りの疲れを忘れさせます。
東栗駒コースと合して、階段状の最後の登りを詰めると、そこが頂上でした。
日本二百名山、花の百名山、栗駒山1627m山頂に到着です。
360度の眺望で、遠くまで見通せます。周りの山々はどこも黄色と赤色に染まっています。北側は岩手県になり、宮城県との県境に位置します。山頂から須川方向に降りる登山道があります。
頂上には、百人以上はいるでしょうか、驚くほどの登山者で混雑しています。
頂上標識の前には、記念写真を撮ろうと、順番待ちが出来ていました。
それでも、なんとか頂上の片隅にシートを広げ、お弁当を食べました。ここのところ、僕は単独行が多かったので、久しぶりに賑やかで楽しい昼食となりました。
下山も同じ中央コースを選びました。下りは、目の前いっぱいに紅葉の山が広がり、きれいだねを連発しました。
しかし石ころ道は、歩き難くて、登り以上に長く感じられ、同行者には不評でした。
1時間半ほどで、いわかがみ平に戻り、2時の迎えのマイクロバスで、宿のハイルザーム栗駒に戻り、ゆっくりと温泉で汗を流しました。帰りは予約しておいたタクシーでくりこま高原駅に戻り、紅葉の栗駒山登山を終えました。
1570417030486_20191010150801

1570417051100 1570417041929

|

« 明るい未来が欲しいのに---年金財政検証に見える政府の本音 | トップページ | 柳瀬川増水 »

コメント

紅葉のベストシ-ズンでしたね。山から見渡す景色は写真では伝えきれない美しさなのですが、このブログ写真は良くとれてます。

投稿: bouzu1 | 2019年10月10日 (木) 21時25分

山頂で食べるおにぎりは最高!数年ぶりに山にチャレンジする私のような登山者を、美しい景色で優しく迎えてくれる栗駒山。再訪したい山です。

投稿: 坊主の母 | 2019年10月10日 (木) 21時30分

う~ん、もう何年も紅葉に燃えるお山を観ていないな~。。。
こんな景色を見ると感激してしまいます・・・。

投稿: トックリヤシ | 2019年10月12日 (土) 09時18分

>bouzu1 さま
本当に素晴らしい紅葉でした。写真は、チビスケ1号が、スマホで撮ったものを、使わせてもらいました。全山紅葉の様子が良く撮れています。

投稿: Souroku | 2019年10月12日 (土) 20時38分

>坊主の母さま
中央コースは、比較的楽なコースですね。ちょっと石ころ道は嫌ですが。紅葉には圧倒されますね。是非、また登ってみてください。

投稿: Souroku | 2019年10月12日 (土) 20時41分

>トックリヤシさま
ガジュマルは紅葉しないですよね。是非、本州の紅葉を見に来てください。

投稿: Souroku | 2019年10月12日 (土) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明るい未来が欲しいのに---年金財政検証に見える政府の本音 | トップページ | 柳瀬川増水 »