« 関心高まる今こそ 「年金政策の議論を」 | トップページ | 柳瀬川土手の彼岸花が満開 »

2019年9月21日 (土)

日々是好日---心の安らぎ

昨日、四谷東福院に墓参に行き、いつもの新義真言宗のパンフレット「ともしび」を頂きました。
中に「心の安らぎ」と題して、唐の禅僧雲門文偃禅師(うんもんぶんえんぜんし)の言葉として伝わる「日日是好日」の意味について、書かれていました。
Starclub_bibj3355 偶然、数日前、テレビで樹木希林さん、黒木華さん、多部未華子さん出演の、この題名を持つ映画を見ました。昨年秋に公開された映画ですが、映画館で見ていませんでした。
茶道の世界観の中で、人の生き方を淡々として描きながら、見る人に様々な思いが伝わる良い映画だと思いました。
映画と、この「心の安らぎ」に感銘しましたので、文を転載しておきます。

「心の安らぎ」
 平成の時代が終わり、新たに令和の時代を迎えました。
時代の遷り変りを肌で感じ、寂しさと好奇心のようなものが混ざり合った気持ちになりました。新年を迎えたような世間の雰囲気でしたが、みなさんはどのような気持ちで令和を迎えられましたでしょうか。
 新しい時代になっても自然災害は多く発生し、凶悪な事件も起こってしまいました。
どこに住んでいても絶対に安心で安全な場所はなく、一人一人が身を守る方法を考えていかなければなりません。身の安全とともに、心も健全に保つことが自分を守ることにつながります。困難に直面しても落ち着いて行動出来れば、切り抜ける可能性が高くなります。
 仏教では、何事にも迷い動揺することのない精神をもって生活するように説いています。そして、自分の生きがいを見つけることで、心身ともに安らかになる安住を得られるのです。
 生きることは大変なことです。辛くても前に進まなければなりません。
絶望の中から小さな希望の光をみつけて、苦難をのりこえていくのです。
 仏教が生まれたインドや周辺の国々では、古来より農業が盛んでした。自然災害の多い天気相手の仕事でしたので、穏やかな天気が民のいちばんの願いでした。しかも、稲などの命を育てて、その命をいただいて生きているわけですから、作る側の人間も穏やかな心になります。
 唐の禅僧雲門文偃禅師は、穏やかな心を持つことを幸せの一つとして生活する人々の姿を見て、「日日是好日」と表現しました。
人生は、雨の日も晴れの日もある。雲門禅師は、そのすべてをあるがままに受け入れて生きていくことを悟られたのです。
私たち人間は、弱い生き物です。
しかし、自分の判断で道を進まなければなりません。そのときは間違った判断をしてしまったとしても、前に進むことが大切なのです。

Img_20190921_0001_1280

|

« 関心高まる今こそ 「年金政策の議論を」 | トップページ | 柳瀬川土手の彼岸花が満開 »

コメント

日日是好日は映画は見ていませんが原作を読みました。その中で、はっとさせられる言葉がたくさんありましたよ。
【長い目で今を生きろ】【過去を悔んだり、まだ来てもない未来を思い悩んでいる。どんなに悩んでも過去に戻ることも、未来に先回りして準備することもできないのに】【人はどんな日でも楽しむことができる】
映画ではきっと希林さんが素敵な演技をなさっているのでしょうね。

投稿: 坊主の母 | 2019年9月22日 (日) 16時32分

>坊主の母さま
武田先生役の樹木希林さん、そして主演の典子役の黒木華さん無くしては、この映画は出来なかったのではないかと思いました。樹木希林は、自然体で実に素晴らしい演技でした。「私、最近思うんですよ。こうして毎年、同じことができることが幸せなんだって」このセリフ、心に染みました。

投稿: Souroku | 2019年9月22日 (日) 23時49分

では、是非映画も見てみます。

投稿: 坊主の母 | 2019年9月23日 (月) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関心高まる今こそ 「年金政策の議論を」 | トップページ | 柳瀬川土手の彼岸花が満開 »