« 8月の柳瀬川探鳥会 | トップページ | さよならの山、南アルプス鳳凰三山へ-----308歳登山隊が行く その2 »

2019年8月31日 (土)

さよならの山、南アルプス鳳凰三山へ-----308歳登山隊が行く

Dsc06027_1024 
山行二日目、鳳凰三山最後の山、地蔵岳に到着です。
中央高速道からもそれとわかる屹立した岩峰、オベリスクです。(写真上)
この岩峰を間近に見たさに、長い山稜を歩いてきたのです。そして今回の山行で嬉しかったのは、南アルプス特産種のタカネビランジが沢山見られたことでした。少し時期は遅いかと思ったのですが、稜線上の岩陰のあちこちに、ピンク、白と色違いのタカネビランジが咲いて、縦走の疲れをいやしてくれたのでした。(写真下)
Dsc05992_1024

 もう再び来ることはないだろう、「さよならの山」、昨年秋には、北アの鹿島槍にお別れしてきましたが、今回、南アルプスは、鳳凰三山を選びました。
いつもの単独行のつもりで計画したのですが、弟とその友人二人が、一緒に登ってくれることになりました。皆、登山歴60年以上の猛者です。
僕にとっては、久しぶりのグループ登山です。

8月21日
 天候は曇り。朝9時10分、夜叉神峠登山口の駐車場に車を止め、夜叉神峠を目指しました。駐車場は空いていました。
メンバー4人の総年齢が308歳、老人登山隊の出発です。しかし、僕以外の3人は、先週、静岡県の田子の浦から富士山頂まで、標高差3776mを登ってきたと、けろっと言う凄い人たち。
 ゆっくり登ろうねと言われ、なんとかついて行けるだろうと思って、後に続きました。
確かに登るスピードは遅い。一人で登ることが多い僕は、どうしても標準コースタイムを頭に、休憩を加える登り方をしますが、この3人、そんなことは全くお構いなし。望遠レンズ付きのカメラで花の写真など撮りながら、一定時間登ると休憩し、歩いてさえいればいつか着くよと、のんびりしたものです。
 しかし、教えられました。僕は今回の縦走で、一度も息切れすることが無かったのです。呼吸が乱れず楽に登れたのです。
そうか、僕は年を考えずに、急ぎすぎていたのか。セオリーどおりと言えばその通りですが、こんな登り方があったんだと、改めて気づかされたのです。
よく整備された樹林帯の中の道を登って10時30分夜叉神峠に到着。
 空は明るいのですが、残念ながら、北岳、間ノ岳方面は、雲に覆われて折角の眺望もかないませんでした。夜叉神峠小屋は営業していました。
ここから、北方向に向けて三山縦走が始まります。
樹林帯の単調な道を歩いて、杖立峠13時、苺平に15時に到着。
苺平から千頭星山経由で甘利山への分岐があります。あまり歩かれてはいない登山道です。
苺平からは、明るい樹林帯を下ること、30分ほどで南御室小屋に到着しました。
小屋前の広場には、冷たい水がパイプから流れ出していて、思わずがぶ飲みしてしましました。
小屋横のテント場には、小さな天幕二張と、11人で来たという大学のサークルグループが、大型天幕を張っていました。
こんな大きなテントを良く担ぎ上げたねと聞くと、分解して運べるとの事、こんな天幕初めて見ました。
今夜はこの南御室小屋に泊まります。
宿泊の登山者は、僕ら4人だけ、管理人には悪いけど、ゆっくり寝られるなとにんまりしました。
(---続く)

Dsc05962_1024

 

 

 

 

 

 

 

Dsc05967_1024

 

 

 

 

 

 

 

Dsc05976_1024

 

 

 

 

 

 

 

Dsc05981_1024

 

 

 

 

 

 

 

Dsc05982_1024

 

 

 

 

 

 

 

Dsc05983_1024

|

« 8月の柳瀬川探鳥会 | トップページ | さよならの山、南アルプス鳳凰三山へ-----308歳登山隊が行く その2 »

コメント

無事に登山出来てよかったですね。ゆっくり登れば、まだまださよならの山登山が出来そうですね。楽しんでください。

投稿: 坊主の母 | 2019年9月 1日 (日) 08時32分

もう三十年ほど前になりますが、鳳凰三山から芦安温泉へ降りたこと思い出します。あの頃カメラを持っていなかったので山行の記録が全くなし、ただオベリスクの印象だけがわずかに残っていますね^^;

投稿: トックリヤシ | 2019年9月 1日 (日) 09時05分

>トツクリヤシさま
そうですか、鳳凰三山に登っていたのですね。ウェストンが初登攀したというオベリスクは、忘れられない特異な景観ですね。今年最後の渓流釣りに、信州方面に出かけていて、コメントが遅れました。

投稿: Souroku | 2019年9月 4日 (水) 11時09分

>坊主の母さま
そうなんです。歩き方はわかっていたつもりでも、今回の様な見事な歩き方を見せられると、もう少し、やれるかなと言う気持ちになります。
でも、山小屋では、高齢者歓迎と言っても、さすがに、爺さんは、明日の朝、生きて目を覚ましてくれるのかしらと警戒されますが。

投稿: Souroku | 2019年9月 4日 (水) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月の柳瀬川探鳥会 | トップページ | さよならの山、南アルプス鳳凰三山へ-----308歳登山隊が行く その2 »