« 東京オリンピックの猛暑と台風---最後は責任のなすりあい | トップページ | 参院選 議員にしたい3人 »

2019年6月28日 (金)

武蔵嵐山のラベンダー畑へ

Dsc05778_1024

6月28日(金)
武蔵嵐山のラベンダー畑に行ってきました。東京ドーム2個分の広さに近い、広大な面積が、紫色に染まっていました。
ここは、嵐山町の新名所として、昨年プレオープンしたばかりの、今売出し中の観光ラベンダー園です。
 東武東上線の武蔵嵐山駅前から、バスに乗り10分ほどの、「休養地前」で下車すると、もう目の前に、ラベンダー畑が広がっています。
バスは通常は1時間に1本ですが、増発便も出ているようでした。バス運行会社の「イーグルバス」は、スイカなどに対応しておらず、小川町からの山行きの際には現金支払いで、いつも不便だなと感じていました。それが、今、ICカード導入準備中とのこと、嬉しい情報を得ることが出来ました。
 「千年の苑」と名付けられたラベンダー園の入園料は500円、 園内でラベンダーを摘むには300円必要です。
摘み取りは鋏と、小さなリングを貸してくれて、そのリングに収まる本数まで積み取りが可能です。60本程度はリングに押し込めるようでした。(写真下、摘み取りの様子です)
 ラベンダーは、白い花を咲かせる、ロングホワイトという品種も見ることが出来ました。(写真一番下)
来年には、10haまでに拡大され、日本一の広さを誇れるようになると宣伝されていますが、現地にたつと確かに広く、園内は甘い香りも漂います。
惜しむらくは、全て平坦地なので、その広さが実感されにくいところでしょうか。
生憎、時々小雨のぱらつく天気でしたが、かなりの入場者が、写真を撮ったり、花摘み体験に参加されていました。
ラベンダーソフトクリームの屋台の前には、行列もできていました。
僕たち、7名のグループは、それぞれ花摘みしたり、のんびり休んだりしたあと、園内のベンチで花を眺めながら昼食を摂り、
次の目的地である、オオムラサキの森を目指しました。

Dsc05787_1024_20190629111301 Dsc05785_1024_20190629111501

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 東京オリンピックの猛暑と台風---最後は責任のなすりあい | トップページ | 参院選 議員にしたい3人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京オリンピックの猛暑と台風---最後は責任のなすりあい | トップページ | 参院選 議員にしたい3人 »