« 大正大学のさざえ堂へ | トップページ | 東京オリンピックの猛暑と台風---最後は責任のなすりあい »

2019年6月 4日 (火)

三芳町こぶしの里のホタル

61198411_808882799480710_307090114848856

6月3日(月)
風もなく、やや蒸し暑い感じの夜です。今日はホタルが飛びそうだなと思い、こぶしの里に行ってきました。
家から歩いて行ける距離にある、三芳町竹間沢のこぶしの里でホタルが見られるので、毎年訪ねます。
暗い夜道を歩くこと25分ほどで、到着です。公園入口に竹間沢ほたる育成会の方が、懐中電灯を持って
道案内をしています。置かれた募金箱に、来年もよろしくとカンパします。
カメラのフラッシュも懐中電灯の明かりも禁止です。午後8時半頃です。
何故かホタルは、午後8時ごろから、一斉に飛び始めるのです。
 志木ニュータウンのペアモール商店街でテレビドラマの撮影をしていたので、ちょっと寄り道して少し遅くなりました。
商店街入口の酒場の前に、クリスマスツリーが置かれ、ホースで道路に水を撒くスタッフ。俳優はレインコートに傘をさしてスタンバイしていました。冬のシーンの撮影とは、大変だなと思いました。
 公園内の細い道の、足元に置かれたLEDランタンのほのかな明かりに導かれて、公園の奥に向かいます。
飛んでる!今日は飛んでます。
ホタル観賞を売り物にする観光地と違い、ここは30匹ほどが見れたら、それはとてもラッキーなのです。
暗闇の中、淡い光を放ってホタルが飛び交います。20匹はいるでしょうか。写真でお見せ出来ないのは残念ですが、幻想的な光景が目の前に展開します。今日は平日のこともあり、人出も少なく、ゆっくりと鑑賞できました。
竹間沢ほたる育成会の皆さん、今年も楽しめました。ありがとうございました。

|

« 大正大学のさざえ堂へ | トップページ | 東京オリンピックの猛暑と台風---最後は責任のなすりあい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大正大学のさざえ堂へ | トップページ | 東京オリンピックの猛暑と台風---最後は責任のなすりあい »