« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月21日 (火)

6月2日 オール埼玉総行動----立憲主義を取り戻す!北浦和公園に集まりましょう。

Img_20190516_0001_1024

(ポスターは、クリックすると拡大します)
今年も、「オール埼玉総行動」が開催されます。主催は「オール埼玉総行動実行委員会」
6月2日(日) 10時30分開会で、集会後、浦和駅、南与野駅への2コースに分かれてパレードが行われます。
(埼玉4区は浦和駅のコースに入ります)
昨年は、6月3日に行われ、会場の北浦和公園が1万3千人以上の参加者で埋まりました。
今年は、1万5千人の参集を目指して、参加者を募っています。
集会には、立憲野党4党の代表も参加し挨拶の予定です。
立憲民主党(枝野幸男代表)、共産党(志位和男委員長)、社民党(福島瑞穂副党首)、国民民主党(未定)

オール埼玉総行動の目標は、以下のように明確です。
〇「集団的自衛権付」自衛隊の憲法明記を許さない!
〇立憲主義を取り戻す
〇戦争させない!九条壊すな!
 主催、共催団体について、少し説明します。
共催の15地域連絡会は、3年前にオール埼玉総行動実行委員会の呼びかけで結成され、埼玉県衆院選の15の選挙区で、それぞれ安保法制廃止、野党共闘など幅広く活動している団体です。僕は「市民が野党をつなぐ埼玉4区の会」に入っています。
後援の埼玉弁護士会、連合埼玉(日本労働組合総連合会埼玉県連合会)、埼労連(埼玉県労働組合連合会)については、
この三団体が一緒に後援する集会は、ここ埼玉県くらいしかありません。
なぜ、埼玉はそれが出来るんだと、他県の組織から不思議がられると言われています。
ただ、オール埼玉総行動は、後援する弁護士会の活動に、特定の政党を支持することはできないなどの、政治的制限がありますので、選挙活動が出来ません。なにかの集会に野党共闘の文字があれば、それだけで弁護士会は後援できないのです。
 そのため、活動目標を実現するために、15地域連会が生まれました。今年3月には、それぞれ呼び名も違うこの15の各地区連絡会が、横のつながりを強め、全県的に活動できる組織として、「市民が野党をつなぐ埼玉の会」の設立総会を開き、発足したのです。
この設立総会で、オール埼玉総行動実行委員長の小出重義氏は、つなぐ会とオール埼玉総行動は、車の両輪として、連携して闘ってゆこうと挨拶しています。
6月2日に行われる、このオール埼玉総行動は、来る参院選などの選挙応援などは出来ませんが、幅広い多くの団体が、上に書いた行動目標実現に向けて結集して、埼玉から流れを変えようと呼びかけます。多くの皆様のご参加をお願いいたします。

「市民が野党をつなぐ埼玉4区の会・志木」と「志木9条の会」では、
会員、支援者の皆様と、東武東上線柳瀬川駅と志木駅に集合して参加しましょうと呼びかけています。
柳瀬川駅 8:54発 志木駅 8:59発に乗ります。それぞれのホーム最後尾に集合です。(敷物、飲み物、帽子などもお忘れなく)

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

柳瀬川探鳥会----アオサギ

Img_0064-1_1024 
 生態系保護協会志木支部主催で、毎月第2日曜日に行われる「5月の柳瀬川探鳥会」に今月も参加してきました。
朝9時、柳瀬川駅近くの富士見橋に集合し、保険代100円を納めると、誰でも参加できます。
探鳥会では、生態系保護協会のベテランが、いろいろと教えてくれ勉強になります。
 あれほど群れていたカモたちが、北へと旅立ってしまった柳瀬川は、急に寂しくなりました。いつもより、見られる野鳥の数も少なく、なにかいないかなと土手道を歩いていたら、アオサギの凛とした姿が見えました。
おや、今日は活発に動き回っているなと見ていたら、電光石火の早業で、魚を咥えました。その後も、獲物を狙って盛んに水中にくちばしを突っ込みます。こんなアオサギの姿は初めて見る光景です。
昔は、アオサギを見ることは少なかったそうですが、最近はダイサギ、コサギと共に柳瀬川では、良く見られる鳥になりました。柳瀬川では群れている姿を見ることは少なく、前にどこかで読んだ記憶がありますが「水辺の哲学者」「孤高の詩人」といった言葉が当てはまるように、岸辺や流れの中で、じっと水面を見ていることが多いのです。
その分、僕の様な初心者にも写真に撮り易い鳥ではあります。
実はこの写真、新しいカメラで撮りました。生態系保護協会に入会させてもらい、野鳥と接する機会も増えたので、CanonのSX70HSを使い始めました。野鳥の写真を初めて撮ることになり、気づいたのが鳥ってこんなに素早く動くんだという実感でした。まったくうまく撮れないのです。その点、サギ科の鳥たちは動かないので楽なのです。
 アオサギを見た後、少ないとはいえ、ときおり双眼鏡の視野にはいる鳥たちを追って、柳瀬川右岸を下流に歩きました。
志木市役所の駐車場でイワツバメの営巣を見た後、左岸に移りました。途中から、水谷田んぼに降りて、キジやオオヨシキリ、コチドリなどを見て、出発点の富士見橋に戻り、今日の探鳥会を終わりました。
「生態系保護協会志木支部のHPに、本日の探鳥会観察種は19種類と報告されています」
キジ、カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、コサギ、イソシギ、コチドリ、ハクセキレイ、カワラヒワ、スズメ、ヒバリ、ツバメ、オオヨシキリ、イワツバメ、ムクドリ、ツグミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

Img_0078-1_1024

 

 

 

 

 

 

 

Img_0079-1_1024

 

 

 

 

 


Img_0080-1_1024

(写真上から、不慣れなカメラを使って、なんとか撮影したキジ、オオヨシキリ、コチドリ)  「図鑑の写真は、横姿が多いので、なるべく違った角度から撮ろうと思っています」

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年5月13日 (月)

八王子城山に登る

続きを読む "八王子城山に登る"

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »