« 三浦半島諸磯港で釣り | トップページ

2019年4月17日 (水)

山里の春

Dsc05423_1024
4月9日(火)
 所属する年金者組合の春のハイキングの下見に、奥武蔵の破風山(はっぷさん)へ登ってきました。
破風山には、一昨年の5月の連休に登り、標高626mの低山ながら、山ツツジが美しい眺望の良い山だったので、僕が組合のハイキング計画に提案したことによる、下見です。
東武東上線を小川町駅で乗り換えて寄居駅まで行き、そこから秩父線に乗り換えて皆野駅に到着しました。約2時間ほどの乗車です。
駅前からタクシーで桜ケ丘集落まで入りました。寄居駅前には、以前2軒のタクシー営業所がありましたが、秩父丸通タクシーだけになっていました。
桜ヶ丘集落から、つつじの咲く花と香りの森まで、集団登山で、皆をどう案内しようかなどと思案しながら、集落内の道を歩きました。
Dsc05390_1024 桜が満開で、菜の花の黄色、ヤマモモの朱色など、実にきれいな風景が広がり、春の山里の美しさについ時間を過ごしてしまいました。
 破風山への登りについては、本番の際に書くことにして、今日は、皆野町の山里の風景をお届けします。
 登山中は、誰にも会わず、ひとり静かな山行を楽しんできました。山つつじの花は、やっと咲き始めという感じでした。山頂から、予定しているコースの風戸(ふっと)集落を経て、秩父温泉満願の湯に入ってから、バスで皆野駅に戻り、無事下見登山を終えました。
本番の25日頃には、桜や花モモは散っているでしょうが、きっとピンクや朱色のつつじが迎えてくれることでしょう。Dsc05380_1024_2 晴天の中、参加の皆さんが喜んでくれる登山が出来ると良いなと思っています。(648006)

 

 

 

 

 

 

|

« 三浦半島諸磯港で釣り | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三浦半島諸磯港で釣り | トップページ