« なんと見事な、しだれ梅 | トップページ | 2019年柳瀬川桜開花状況その1 »

2019年3月16日 (土)

スノーシューで入笠山へ

Dsc05247_1024


(写真上、誰もいない、雪の入笠山山頂。北ア方面にやや雲がかかるが、360度のパノラマ大眺望が待っていた。写真は全てクリックすると拡大します)

 3月8日(金)、かみさんと長野県の入笠山(1955m)に登ってきました。
今冬は雪が少なく、登山道もアイスバーン化して、スノーシューが使えない状態が続いていたのですが、3月に入って思いがけないほどの降雪がありました。冬季も営業している中腹の山小屋、マナスル山荘本館のHPから積雪情報を得て、スノーシューが楽しめそうだと急遽登ってみることにしました。
新宿の都庁駐車場を朝8時発の富士見パノラマリゾート行きのバスに乗り、10時40分頃、スキー場に到着しました。オリオンツアーが運行するこのバス、予約が必要ですが入笠山登山にはとても便利です。バスを降り、すぐにゴンドラで山頂駅を目指しました。帰りのバス出発は午後5時で、あまり時間が無いのです。
山頂駅でゴンドラを下りると、辺りの木々の枝には、一昨日から降った雪が積もり、3月とは思えない冬山の景色です。快晴で眺望も開けて絶好の登山日和に恵まれました。

Dsc05234_1024
山頂駅の前のスキー場上部から、楽しげに斜面に飛び込んでゆくスキーヤーを横目に、僕たちはスノーシューを履き、入笠湿原を目指します。
登山道にはトレースがついていて、これを辿る限りスノーシュー無しでも歩けますが、新雪の樹林に踏み込めるのは、スノーシューならではの楽しみです。
 湿原の木道階段も雪が積もり、若干歩き難い所もありましたが、難なく通過できました。
木の枝からの落雪を気にしながらも、木漏れ日の樹林帯を、雪山歩きを満喫しつつ気分良くスノーシュを滑らせました。
林の中に小動物の足跡を探しましたが、新雪で見つけることが出来ませんでした。

Dsc05240_1024広い雪原になっている湿原を抜け、夏道のコースを歩いて40分程でマナスル山荘本館に到着しました。
 ちょうど正午、ここで昼食です。
お目当ては、旨いと評判のビーフシチューです。
運よくまだオーダーできるとの事で、今日はついているぞとすぐに注文しました。
 熱々のビーフシチュー、雪山でこれほどの旨い料理に会えるとは幸せでした。
昼食に時間をかけて、午後1時をまわってしまったので、急いで山頂を目指すことにしました。ここからが傾斜もきつくなる登山道です。
 樹林帯の中を、スノーシューの爪を雪に食いこませて高度をあげます。トレース以外に踏み込むと、膝上まで沈む雪があります。
下山してくる何人かの登山者と道を譲りあいながら登ります。
頂上には、もう誰もいませんよとの声をかけてもらい、最後の急斜面を登ると、そこが山頂でした。冬の入笠山山頂は初めてです。
 歓声をあげたくなる素晴らしい絶景が待っていました。360度の大パノラマの眺望です。八ヶ岳、中ア、南ア、北ア、を始め御嶽山、美ヶ原など、いつまでも眺めていたい雪山と、遠く白い稜線が眼前に広がります。
富士山もくっきりと姿を見せてくれました。
登山者で雪が踏み固められた頂上には、今は僕たち二人以外は誰もいません。風もなく静かです。
帰りのバスは5時には、出発です。
 名残惜しい山頂を後にして、来た道を戻ることにします。下山路では、登るときに気づかなかった八ヶ岳の赤岳、阿弥陀岳、権現岳の美しい姿が樹林の間から望まれました。
マナスル山荘、湿原帯をぬけて、ゴンドラ山頂駅には4時頃到着し、静かな雪山を満喫した今日の登山を無事終えることが出来ました。

Dsc05256_1024


Dsc05258_1024


Dsc05263_1024


Dsc05257_1024


Dsc05249_1024


Dsc05250_1024

Dsc05251_1024

|

« なんと見事な、しだれ梅 | トップページ | 2019年柳瀬川桜開花状況その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんと見事な、しだれ梅 | トップページ | 2019年柳瀬川桜開花状況その1 »