« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月31日 (日)

2019年柳瀬川桜開花状況その6

Dsc05356-1_1024 3月31日(日)
今日の柳瀬川土手の人出は、僕の知る限り過去最高です。
朝は気温も低く、肌寒いくらいの陽気でしたが、それでも川原には席を確保するブルーシートが幾つも敷かれていました。昼頃には日も差してきて、温かくなり、満開の桜の下でのお花見も最高潮。楽しげに盛り上がるグループや、飛びまわる子供たちの歓声で、川原は大変な混雑ぶりでした。今年は簡易テントを張り、キャンバス椅子を持ち込む人たちが多く見られ、お花見のスタイルも変わったなと思いました。
露天商も13店が店開きしていて、かなり繁盛しているようでした。サミット付近はとても混雑していますが、少し上流側に行けば、場所も空いていますし、ゆっくりお花見できます。それに上流側の桜は、8分咲きの木も多く、今週もまだお花見が楽しめそうです。(645663)

Dsc05351_1024

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

2019年柳瀬川桜開花状況その5

3月30日(土)
寒い一日でしたが、朝から柳瀬川土手は、お花見の家族連れやグループの方々で、大賑わいでした。
桜は、木によってばらつきがありますが、8分咲きくらいと見ます。
今日の、午後3時ごろの写真を載せておきます。明日の日曜日、少しは暖かいお花見ができると良いですね。屋台は10軒ほど店開きしています。かなり売れていましたよ。お花見の食べ物は、サミットでもよいのですが、ペアモール商店街でも買っていただけると嬉しいな。

Dsc05338_320 Dsc05340_320

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(645321)

 

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

2019年柳瀬川桜開花状況その4

Dsc05332_1024 3月28日(木)
 今年の桜の開花は、木によってだいぶばらつきがあります。
 この写真、今日の昼頃、駅前スーパーのサミット裏から撮りました。見たところもう5分咲き以上と云えます。

でも、少し上流側の桜は、まだ3分咲きといった木々が多いのです。
明日は気温が低いそうですから、週末に満開とはいかないかもしれません。
上野の桜は早くも満開だそうです。開花から満開まで短かったですね。
僕は今日、年金者組合のお花見会に参加しました。途中で小雨が降ってきましたが、結構楽しく盛り上がりました。まだ、何度もお花見の機会がありそうなので楽しみです。
屋台は、10軒ほど、店開きしていましたが、売り上げはいま一つと見ました。
今日の夜桜見物は、お勧めしません。寒いです。(644905)

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

2019年柳瀬川桜開花状況その3

Dsc05325_1024 

3月26日(火)午後3時
柳瀬川土手の桜全体が、薄いピンク色になっています。
木によって違いがありますが、今日は2,3分咲きとお知らせします。
サミット寄りの土手下では、気の早い?お花見の方がかなりおられました。
屋台も店開きしています。今週末は、最高のお花見ができると思います。
皆さん、是非、いらしてください。

 

| | コメント (0)

2019年3月25日 (月)

4000年の時空を超えて

Dsc05194_1024_2 (ブログ作成のココログ画面、リニューアル後の使い勝手の悪さときたら、単に慣れていないでは済まされない。元に戻してほしいというのが、正直な今の気持ちです😖)
 散歩の途中、我家から徒歩10分弱ほどの、富士見市針ヶ谷小学校裏で、掘り返された畑の表面   にやや大きめの土器片らしきものを見つけました。
僕の住む志木市や隣接する富士見市、三芳町は旧石器や縄文時代遺跡の宝庫なのです。
ちょっと気をつけて探してみると、畑の道路側の端で小さな土器片を表面採集することは、そう難しい事ではありませんん。
畑の邪魔者、石ころとして一か所に集めて、打ち捨てられていることもあります。
ただ漫然と歩いていても、なかなか気づきませんが土器を探すという目、僕はこれを土器目と呼んでいるのですが、そうすると、自然に土器片が目に飛び込んでくるのです。そう、ワラビ取りのワラビ目と同じです。すみません、この例え、わらび取りをした方でないとわかりませんよね。
手を伸ばして土器片を拾い上げようとしたら、その2mほど先にも小さな土器片が。それも拾って2つを合わせてみると、なんとピタッと合うではありませんか。(写真2枚目)
表面採集では複数の土器片を拾っても、それが元の形状にくっつく事は珍しいのです。
勿論、掘り返された畑の表面に落ちていたものですから、畑仕事の農耕具で割られたものでしょうが、それでもなんとなく嬉しくなりました。
富士見市立針ヶ谷小学校付近は、南通遺跡と呼ばれていて、縄文(草創・早・前・中・後)・弥生(中・後)・古墳(前)時代のかなり大きな規模の遺跡です。
Dsc05195_102435年前の針ヶ谷小学校の建設時から、今までにもこの付近で、土器片はいくつも表面採集していました。今回、拾ったのは土器の口縁部のかなり厚口のもので、ちょっと古そうだなと思えるものでした。
 数日後、僕は同じ富士見市の水子貝塚資料館を訪ねました。水子貝塚は、富士見市の大型遺跡です。ここの貝塚は縄文時代前期(約5500~6500年前)を代表するものとして、昭和44年、国の史跡に指定されました。その後、遺跡の保存と活用のため整備が行われ、平成6年、「縄文ふれあい広場 水子貝塚公園」として開園し、資料館と展示館もあります。我が志木市に比べて、隣町の富士見市、三芳町は、羨ましいほどに文化遺産の保存に熱心です。
資料館の学芸員の方は、針ヶ谷小学校付近で見つけたと伝えた土器片を見て、僕を展示ガラスブースの前に案内してくれました。そしてひとかたまりの土器を指差し、恐らく4500年程前の加曾利Ⅰ式かⅢ式ではないかと教えてくれました。
 縄文時代は草創期(約1万5,000 - 1万2,000年前)、早期(約1万2,000 - 7,000年前)、前期(約7,000 - 5,500年前)、中期(約5,500 - 4,500年前)、後期(約4,500 - 3,300年前)、晩期(約,300 - 2,800年前)に分類(異論あり)されていますが、その中期にあたる土器のようです。
僕は土器片や石器を手に取ると、いつも思います。数千年前、この土器や石器を誰かが作り、使った人がいる。
 確実に数千年前の人が触っていたものだと感じるのです。なかなか、日常的に数千年前、いや数万年前の人たちが使っていたものに触れることなど 無いのですが、それを4000年の時空を超えて、道端でいともたやすく手にする事が出来るのが、表面採集の石器や土器片です。
二つが一つに繋がった加曾利式土器片を見て、柳瀬川の台地の上で、この器をどんな人が使いどんな生活をしていたのかと、思いめぐらすのは楽しいものです。
(写真3枚目、水子貝塚資料館)(写真4枚目、縄文土器展示ケース、加曾利土器がある)644160

Tatemono2017_4

Dsc05178_1024_1

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

「柳瀬川の桜開花状況」その2

Dsc05290_1024
昨日、2019年3月22日午後3時、開花しました。
標準木NO11に写真のように5輪以上の花が見られますので、柳瀬川土手の桜の開花宣言をします。
昨年の開花も、同じ3月22日でした。標準木以外の、他の木の蕾はほとんど開花していませんので、まだ、週末のお花見というわけには、いかないでしょうが、昨日、屋台が準備され始めていました。
昨年は、開花してから一週間ほどで満開に近い状態になりましたので、これからの気温次第では、来週末は賑わうのではないでしょうか。(644160)

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

お彼岸ってなに?

春のお彼岸です。
いつものように四谷東福院に墓参りに行った折、新義真言宗のパンフレット「ともしび」を頂きました。
ところで、お彼岸は、いつからいつまでなのでしょう。
春のお彼岸は「春分の日」、秋のお彼岸は「秋分の日」を中日として前後3日間、計7日間が「お彼岸」の期間となります。
したがって今年(平成31年)の春のお彼岸は、下記のようになります。
3月18日(月) 彼岸入り
3月21日(木・祝) 中日(春分の日)
3月24日(日) 彼岸明け

パンフレット「ともしび」に、「お彼岸ってなに?」という話が書かれていましたので、書き写してみました。
お彼岸ってなに?
 
 「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、最近の気温をみますとどうなるかと思ってしまいます。春と秋に太陽が真西へ沈む季節に、遥かなる彼岸にいらっしゃるご先祖を思い、花を持ってお墓参りにでかける日本特有の風習です。
春の彼岸にちなんで名づけられた彼岸桜、秋の彼岸では彼岸花。春は牡丹、秋は萩の花を思い浮かべながらお供物の牡丹餅やお萩をつくったりします。
 お彼岸は、私たちがいるこちらとは反対の岸にいらっしゃるご先祖と心がつながるような気がします。
川岸に立って向こう岸を眺めているような、爽やかでゆったりとした時季だと感じています。ご先祖と心を通わし、私たちも極楽浄土の彼岸へ行けるように功徳を積む期間でもあります。仏さまは、みなさんがお仏壇やお墓にお供えする線香や花の香りを召し上がります。仏さまは、よい香りやお塔婆の便りから、お参りの人たちの真心に喜ばれるのです。
 悟りの彼岸へ行くために、お彼岸の一週間に仏さまの教えを実行して功徳を積むことが大事です。お彼岸だけではなく、日々のお参りや法事がどうしてご先祖の供養になるのでしょうか。それは、故人に成り代わって子孫が功徳を積んで成仏を願う追善供養、子孫が功徳を積む作善を先祖が喜ぶからです。
 西尾桃子さんの句に、「あねいもと初観音へ手を結ぶ」とあります。
二人の姉妹が、観音さまに初参りをした句です。観音さまは、あらゆる方面に救いの手を差し伸べてくださいます。姉妹の真心に喜んだ観音さまは、お参りしている姉妹の手にみずからの手を合わせて心を通わされました。仏さまやご先祖さまは、お参りをする人の真心にきっと喜んでいます。
 ご先祖のおかげて、今の私たちは生きています。「おかげさま」という言葉を心に想い、自分自身と向き合い、お世話になった人たちに感謝の心を抱きましょう。(643972)

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

2019年柳瀬川桜開花状況その1

ブログを作成しているNiftyのココログが、3月19日から全面リニューアルされました。
古い古いと言われてきた、編集画面を刷新したのでしょうが、何ともわかり難く、不慣れもあって
ブログが上手く書けません。写真の挿入など、まったくお手上げ状態です。
しばらく、お見苦しい画面になるかと思いますが、お許しください。

〇毎年恒例、「柳瀬川の桜開花状況」その1をお届けします。
毎年の桜開花の目安にしている開花標準木、NO.11の状況を、昨日見てきました。
標準木といっても、あくまで僕が勝手に決めて、毎年の開花宣言をしている桜です。
柳瀬川駅から志木大橋に向かう右岸にある、枝ぶりの良い桜です。
写真のように蕾がだいぶ膨らんで開花直前の様に見受けられました。
開花は例年どおり、5輪の花が咲いたら開花宣言しますので、今日、明日中には
開花宣言になると思います。
ちなみに昨年、2018年の開花は、3月22日でした。
皆さん、柳瀬川土手がピンク色に染まるのも間もなくです。楽しみにお待ちください。
(写真はクリックすると拡大します)
Dsc05284_1024


蕾もピンク色に見えます

Dsc05286_1024


Dsc05274_1024


柳瀬川土手の桜の枝は、開花前にかなり剪定されます。落とされた枝をもらって
花瓶に挿したら、御覧のように花が開きました。(写真3枚目)
3月12日の写真ですが、この後も、こんな固い蕾がと
驚くほど、次ぎ次に花開き、一足早い柳瀬川の桜のお花見が出来ました。(643867)

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

スノーシューで入笠山へ

Dsc05247_1024


(写真上、誰もいない、雪の入笠山山頂。北ア方面にやや雲がかかるが、360度のパノラマ大眺望が待っていた。写真は全てクリックすると拡大します)

 3月8日(金)、かみさんと長野県の入笠山(1955m)に登ってきました。
今冬は雪が少なく、登山道もアイスバーン化して、スノーシューが使えない状態が続いていたのですが、3月に入って思いがけないほどの降雪がありました。冬季も営業している中腹の山小屋、マナスル山荘本館のHPから積雪情報を得て、スノーシューが楽しめそうだと急遽登ってみることにしました。
新宿の都庁駐車場を朝8時発の富士見パノラマリゾート行きのバスに乗り、10時40分頃、スキー場に到着しました。オリオンツアーが運行するこのバス、予約が必要ですが入笠山登山にはとても便利です。バスを降り、すぐにゴンドラで山頂駅を目指しました。帰りのバス出発は午後5時で、あまり時間が無いのです。
山頂駅でゴンドラを下りると、辺りの木々の枝には、一昨日から降った雪が積もり、3月とは思えない冬山の景色です。快晴で眺望も開けて絶好の登山日和に恵まれました。

Dsc05234_1024
山頂駅の前のスキー場上部から、楽しげに斜面に飛び込んでゆくスキーヤーを横目に、僕たちはスノーシューを履き、入笠湿原を目指します。
登山道にはトレースがついていて、これを辿る限りスノーシュー無しでも歩けますが、新雪の樹林に踏み込めるのは、スノーシューならではの楽しみです。
 湿原の木道階段も雪が積もり、若干歩き難い所もありましたが、難なく通過できました。
木の枝からの落雪を気にしながらも、木漏れ日の樹林帯を、雪山歩きを満喫しつつ気分良くスノーシュを滑らせました。
林の中に小動物の足跡を探しましたが、新雪で見つけることが出来ませんでした。

Dsc05240_1024広い雪原になっている湿原を抜け、夏道のコースを歩いて40分程でマナスル山荘本館に到着しました。
 ちょうど正午、ここで昼食です。
お目当ては、旨いと評判のビーフシチューです。
運よくまだオーダーできるとの事で、今日はついているぞとすぐに注文しました。
 熱々のビーフシチュー、雪山でこれほどの旨い料理に会えるとは幸せでした。
昼食に時間をかけて、午後1時をまわってしまったので、急いで山頂を目指すことにしました。ここからが傾斜もきつくなる登山道です。
 樹林帯の中を、スノーシューの爪を雪に食いこませて高度をあげます。トレース以外に踏み込むと、膝上まで沈む雪があります。
下山してくる何人かの登山者と道を譲りあいながら登ります。
頂上には、もう誰もいませんよとの声をかけてもらい、最後の急斜面を登ると、そこが山頂でした。冬の入笠山山頂は初めてです。
 歓声をあげたくなる素晴らしい絶景が待っていました。360度の大パノラマの眺望です。八ヶ岳、中ア、南ア、北ア、を始め御嶽山、美ヶ原など、いつまでも眺めていたい雪山と、遠く白い稜線が眼前に広がります。
富士山もくっきりと姿を見せてくれました。
登山者で雪が踏み固められた頂上には、今は僕たち二人以外は誰もいません。風もなく静かです。
帰りのバスは5時には、出発です。
 名残惜しい山頂を後にして、来た道を戻ることにします。下山路では、登るときに気づかなかった八ヶ岳の赤岳、阿弥陀岳、権現岳の美しい姿が樹林の間から望まれました。
マナスル山荘、湿原帯をぬけて、ゴンドラ山頂駅には4時頃到着し、静かな雪山を満喫した今日の登山を無事終えることが出来ました。

Dsc05256_1024


Dsc05258_1024


Dsc05263_1024


Dsc05257_1024


Dsc05249_1024


Dsc05250_1024

Dsc05251_1024

| | コメント (0)

2019年3月 4日 (月)

なんと見事な、しだれ梅

Dsc05208_1024

 先週の水曜日(2月27日)、太極拳のグループで、柳瀬川土手を歩いて清瀬まで梅の花を見に行きました。1時間弱の距離です。
 目的は滝の城公園の梅(写真一番下)だったのですが、公園近くの民家の庭先に咲く、しだれ梅の美しさに圧倒されました。

Dsc05210_1024
 民家の門周りの庭先にある、数本の梅の木ですが、良く管理され、毎年見事な花を咲かせることで、かなり知られたしだれ梅の名所だそうです。
滝の城公園の満開の梅も良かったのですが、このしだれ梅をもっとも美しく花開いた時期に見ることが出来たのは、幸せでした。
Dsc05215_1024

Dsc05217_1024

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »