« セグロカモメとメジロ | トップページ | なんと見事な、しだれ梅 »

2019年2月23日 (土)

高麗郷古民家雛祭り

Img_20190223_0001_1024

昨日(2月21日)の東京新聞朝刊に、日高市の「高麗郷古民家ひなまつり」を紹介する記事がありました。(写真上)(写真は全てクリックすると拡大します)
 これが毎年行われている行事なのは知っていたので、一度見たいと思っていたこともあり、会場である国登録有形文化財の古民家(旧新井家住宅)の見学がてら、早速訪ねてみました。
 東武東上線の川越駅でJR川越線に乗り換え、高麗川駅で下車しました。柳瀬川駅から40分弱の乗車時間で到着します。
駅前のバス停からは、発車寸前の11時25分発のバスに乗ることが出来ました。ドアの開閉手動ボタンがある川越線も、30分に一本程度の運行ですが、このバスも、日中は1時間に一本しか走っていません。
 古民家に行きたいと運転手さんに伝えたので、高麗神社裏の高麗家住宅と思われたのでしょう。
 此処で下車すればよいと教えられたバス停は、ひなまつり会場である高麗郷古民家よりだいぶ手前の「栗坪」停留所でした。そんなわけで、バス通りを巾着田まで約20分程歩くことになりました。
Dsc05150_1024_2やがて右前方に、石垣の上に白壁の塀を巡らせた建物が見えてきました。多分あれだろうと思ったのですが、想像していた農家風の古民家とは全く違うのです。
近づいて、案内板をみて、やはりここなのだと納得したのですが、旧新井家住宅は、母屋の他に、客殿や二つの土蔵、作業場などを持つ、豪壮な邸宅です。
門から入り母屋の土間先で、受付の係の方に案内書を貰いました。
 庭から廊下越しに解放された部屋をDsc05151_1024覗くと、新聞記事の写真にあった、雛飾りと、たくさんのつるし雛飾りが見えました。
壁や天井から吊るされた吊るし雛は、市内のサークルの方たちが、手作りしたものだそうで、中心に置かれたひな人形と共に、座敷が明るく華やかに飾り付けられています。
他にも明治など古い時代のひな人形が幾つも飾られて、顔立ちや衣装の違いなど、興味深く見る事ができました。
 見事な出来栄えと感心したのが、これもサークルの皆さんが作った梅の枝にウグイスが止まる生け花ふうの作品です。(写真下から2枚目)ウグイスが今にもせわしなく動き出しそうに見える力作でした。
 雛飾りを見た後、土蔵に展示されていた人間国宝「平田郷陽」の人形展を見て、帰路につきました。30分ほど、のどかな田舎の風景を見ながら歩き、高麗神社に立ち寄り、そこから高麗川駅に戻りました。
 万歩計を見ると1万5千歩とカウントされていましたから、少し距離はありましたが、あちこちで赤白と咲く梅の花を眺め、暖かい日差しにゆったりとした散策が出来た半日でした。
Dsc05152_1024

Dsc05155_1024

Dsc05154_1024

Dsc05166_1024

|

« セグロカモメとメジロ | トップページ | なんと見事な、しだれ梅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セグロカモメとメジロ | トップページ | なんと見事な、しだれ梅 »