« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月25日 (火)

美しい木造大架構アーチ---セブ国際空港

Dsc04909_1024
 11月末のセブ島行きで、竣工したばかりの、マクタン・セブ国際空港第2ターミナルを見ることが出来ました。
この木造の巨大なアーチ屋根を持つ空港ターミナルビルは、今年の7月にオープンしたばかりだったのです。
木造による大型建築物は、カナダ、フィンランド、オーストリア、スイス、スペインなど世界的にみても建設が盛んであり、遅れているとはいえ、日本でも大架構や高層ビルの建設計画など研究が進んでいます。
しかし、このビルのように、建物の構造を実にわかり易い形で見せてくれ、集成材によるアーチ梁を露出させている建物は、他には見られないでしょう。調べてはいないのですが集成材を主要構造材として使った建物としては、世界初と言われています。
欧米では、木造と言っても、木の持つ質感、素材感にこだわらない傾向もあるのです。木材を構造材としての価値観で捉えているようで、木材のもつ美しさを尊重する日本とは異なる表現の建築も生まれます。もちろん、これは、すべての建物に当てはまるわけではありません。ただ、美しい木造建築の多いフィンランドなどは、日本に共通する木造のもつ温かみのある建物も多く建設されています。

設計のコンセプトは世界初の「リゾートエアポート」とか、海と波をイメージした波型の屋根が、フィリッピンを代表するリゾート地であるセブ島にふさわしい明るく柔らかな雰囲気の空港ビルに仕上がっています。
いや、ビルと言うより、大きな体育館を幾つもつなぎ合わせたような開放的な空間に、用途別の施設を配置したといった方が適切でしょう。いつでもたやすく配置換えが出来そうです。
設計は香港と東京に拠点を置インテグレーティッド・デザイン・アソシエイツ(I.D.A.)で、このターミナルビルは香港事務所の担当です。セブ島行きのおまけとして、実に良い建築に巡り合えたのはラッキーでした。
Air04

 Dsc04914_1024






Dsc04916_1024


Dsc04921_1024

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

銀杏の落葉---ニュータウンも冬景色に変わります

Dsc04924_1024

Dsc04928_1024志木ニュータウン内の銀杏並木の葉が、昨日、今日の北風でほとんど落ちてしまいました。
5日ほど前は、写真のように木々が黄金色に染まっていたのです。
とくに、館近隣公園(中央公園)北側の大樹の下には、歩道いっぱいに厚く落ち葉が敷き詰められます。
毎年、保育園の子供たちが、葉っぱを両手に持ってほうり上げて遊ぶ姿は、ニュータウンの風物詩の様なものです。
昨日、我家は今年初めて暖房を入れました。北海道、下川町の親類宅からの電話では、外は吹雪いているとのこと。
昨日は、埼玉県生態系保護協会志木支部による、毎月恒例の「柳瀬川探鳥会」に参加しました。ヒドリガモ、コガモ、マガモ、オナガガモなどのカモたちが飛来して、川は賑やかになりました。(写真下)
1月6日には、ガンカモ調査も行われます。今年の飛来数は、昨年より多いような気もします。なんだか、あっという間にわが街にも冬がやってきました。
Dsc04937_1024


Dsc04939_1024

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

クマノミに会えました---セブ島

Dscn0155_1024

Dscn0166_1024

Dsc04874_1024
2018年11月25~30日

 家族でフィリッピンのセブ島に行きました。正確にはセブのマクタン島になります。
この島の中央にセブへの玄関口にあたるセブ国際空港があり、セブ島とは二本の橋で結ばれています。
 宿泊したのは、東海岸の大型ホテルが集中する場所に建つ、長い名前の「シャングリ・ラ・マクタン・リゾート&スパ」
ホテルの前に広いプライベートビーチがあり、よく管理された安全な海で泳ぐことが出来ます。
透明な海に入ると、足首あたりの深さから、まとわりつくように寄ってくるたくさんの魚を見る事が出来ました。
しかし僕らのお目当ては、一つ。「クマノミ」です。

広い海の中、どこにいるのかと監視区域内の浮きブイとロープで囲われた範囲を探しまわりました。
そしてついに見つけたのです。いや、出会えたのです。(写真上2枚)
Dsc04905_1024 沖合50メートルほどのところ、右側の浮きデッキの横あたりで、水深は2.5m程度だと思います。
写真で見慣れた白い横線の魚。ハマ、二クマ、三カクレとダイバーが呼ぶそうですから、これは線が二本ある。すると二クマの「クマノミ」でしょうか。
縄張りを荒らすなと、威嚇するように向かってきますが、強面とはとても言えない顔は、怒ってもかわいいくらい。常に二匹一緒に行動します。
逃げないので、海面を漂いながら、ゆっくりと観察できました。常に海に潜っている人たちには、珍しい魚ではないでしょうが、少し長めの休みで年に一度、シュノーケルを楽しむ僕らには、嬉しいチャンス到来でした。
Dsc04896_1024ホテルのプライベートビーチで、クマノミと遊べるとは、マクタン島は素晴らしい海です。
常にホテルの複数のライフセーバーが見張ってくれるビーチは、ガラガラと言えるほど空いていました。(小さい写真3枚)
僕らは海に入ったり、浜辺のデッキチアーに寝そべって終日過ごしました。

| | コメント (4)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »