« 富有柿と次郎柿 どっちがどっち | トップページ | 銀杏の落葉---ニュータウンも冬景色に変わります »

2018年12月 4日 (火)

クマノミに会えました---セブ島

Dscn0155_1024

Dscn0166_1024

Dsc04874_1024
2018年11月25~30日

 家族でフィリッピンのセブ島に行きました。正確にはセブのマクタン島になります。
この島の中央にセブへの玄関口にあたるセブ国際空港があり、セブ島とは二本の橋で結ばれています。
 宿泊したのは、東海岸の大型ホテルが集中する場所に建つ、長い名前の「シャングリ・ラ・マクタン・リゾート&スパ」
ホテルの前に広いプライベートビーチがあり、よく管理された安全な海で泳ぐことが出来ます。
透明な海に入ると、足首あたりの深さから、まとわりつくように寄ってくるたくさんの魚を見る事が出来ました。
しかし僕らのお目当ては、一つ。「クマノミ」です。

広い海の中、どこにいるのかと監視区域内の浮きブイとロープで囲われた範囲を探しまわりました。
そしてついに見つけたのです。いや、出会えたのです。(写真上2枚)
Dsc04905_1024 沖合50メートルほどのところ、右側の浮きデッキの横あたりで、水深は2.5m程度だと思います。
写真で見慣れた白い横線の魚。ハマ、二クマ、三カクレとダイバーが呼ぶそうですから、これは線が二本ある。すると二クマの「クマノミ」でしょうか。
縄張りを荒らすなと、威嚇するように向かってきますが、強面とはとても言えない顔は、怒ってもかわいいくらい。常に二匹一緒に行動します。
逃げないので、海面を漂いながら、ゆっくりと観察できました。常に海に潜っている人たちには、珍しい魚ではないでしょうが、少し長めの休みで年に一度、シュノーケルを楽しむ僕らには、嬉しいチャンス到来でした。
Dsc04896_1024ホテルのプライベートビーチで、クマノミと遊べるとは、マクタン島は素晴らしい海です。
常にホテルの複数のライフセーバーが見張ってくれるビーチは、ガラガラと言えるほど空いていました。(小さい写真3枚)
僕らは海に入ったり、浜辺のデッキチアーに寝そべって終日過ごしました。

|

« 富有柿と次郎柿 どっちがどっち | トップページ | 銀杏の落葉---ニュータウンも冬景色に変わります »

コメント

優雅なリゾートライフをお楽しみでしたね。
マクタンのクマノミも石垣と同じ顔してる・・・^^
しっぽの白いのが雌、黄色いのが雄です。

投稿: トックリヤシ | 2018年12月 5日 (水) 08時52分

透明度抜群の海とクマノミ・・・家族で素敵な休日でしたね。
二枚目の写真のクマノミくんは「なんだ日本人、そんなに僕らが珍しいか?」とでも言っているような顔ですね。

投稿: 坊主の母 | 2018年12月 5日 (水) 22時25分

>トックリヤシさま
ダイビングで、おなじみの石垣のクマノミくんと同じ顔ですか。なんか好いな!。写真で、指先に近い方が雌ですね。教えていただいてありがとうございます。

投稿: Souroku | 2018年12月 6日 (木) 17時03分

>坊主の母さま
素晴らしい海でした。クマノミくん、確かにフーンといった顔をしていますね。石垣でも似た顔をしたクマノミと会えるようですよ。

投稿: Souroku | 2018年12月 6日 (木) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富有柿と次郎柿 どっちがどっち | トップページ | 銀杏の落葉---ニュータウンも冬景色に変わります »