« 外国人材法案? | トップページ | クマノミに会えました---セブ島 »

2018年11月18日 (日)

富有柿と次郎柿 どっちがどっち

Dsc04833_1024


Dsc04832_1024

近くの農家の門先に、柿2kgで500円の看板がありました。
この時期、野菜の無人直売所で柿を売ることは、珍しくありませんが、柿だけを売る農家は少ないのです。
農家の門先などと書きましたが、ニュータウン周辺の農家は、入口に立派な門を持つ大きな屋敷を構えた豪農が多いのです。
まあ、どちらかと言えば、柿を売って頂くと言った感じです。
 富有柿と次郎柿が混ざっていますとの事だったので、家で広げてみました。
さて、どれが富有柿で、どれが次郎柿なのかわかりません。
ネットで調べてみると、形から見ると丸みを帯びたのが富有柿で、四角いのが次郎柿との事。
なかなか、わかり難いのですが、なんとか分別してみた結果がこれ。
写真上の右側が次郎柿、左が富有柿です。(右の次郎柿に、一個富有柿?が混ざっています。わかりますか)
写真下に一個ずつ比べてみました。これだと、違いが判るような感じです。
左が次郎柿、右が富有柿だと思います。富有柿は、全体に丸みがあり、次郎柿は明らかに四角で、中心が平面的です。
それでは、味はどうか、次郎柿はシャキシャキとした食感が魅力とのことで、富有柿は果肉はとても柔らかくかぶり付くと口いっぱいに果肉の美味しさが広がりますと書かれていました。
でも、食べてみると、残念ながらその食感の違いが良くわかりません。確かに、次郎柿の方が、果肉が固いような感じがしますが、
恐らく、目隠しして食べ比べたら多分わからないでしょう。
栽培されたものなら、より違いが判るのでしょうが、農家の庭の柿の木では、その判別は難しいのかなと思いました。
以上、地元の柿について、あまり、参考にならないお話でしたね。
 今日は、「さよなら原発志木」のウォーキングに参加して、柳瀬川駅から志木駅東口まで、全国の原発再稼働反対をシュプレヒコールしながら歩きました。
今回で25回目、二ヶ月に一度の開催ですが、このところ参加者が20名前後と寂しくなってきております。
志木市議会では、東海第二原発の40年過ぎての運転延長をしないよう国に求める請願書を全会一致で可決しました。これを支持し、再稼働反対の声を大にすべく、ウォーキング参加者が増えるように、なにか策を練らなくてはいけません。
 それと、夕方のテレビのニュースで知ったのですが、志木市のユルキャラ「カパル」くんが、ユルキャラ全国グランプリで、一位に選ばれたようです。
喜ぶべきニュースですが、僕は同じ志木市のもう一つのユルキャラである、「カッピー」くんに馴染んでいて、カパルくんと聞いて、ちょっと意外だったのです。
 でも、かパルくん、埼玉県のユルキャラでも3位に選ばれた実績もあり、志木市と言えば「カパル」くんなのでしょう。こちらも応援してゆきましょう。

|

« 外国人材法案? | トップページ | クマノミに会えました---セブ島 »

コメント

カパルくん、おめでとうございます🙌たった5人で頑張ったそうで、素晴らしい👏

投稿: もりさち | 2018年11月19日 (月) 02時20分

お店で売られている四角い柿を見て、箱にでもいれて強制的に四角い柿を作っているのかしら?と思っていましたが、四角くなる遺伝子をもったかきなのですねー。

投稿: 坊主の母 | 2018年11月19日 (月) 05時30分

>もりさちさま
ありがとうございます。なんだか、狐につままれたような心境ですが、ともかく、全国一です。あのスーパースター「くまもん」に並んだということを、志木市民として誇りに思い、見守ってやろうと思います。

投稿: Souroku | 2018年11月19日 (月) 11時38分

>坊主の母さま
ごめんなさい。このコメント、思わず笑ってしまいました。かわいいですね。運搬しやすいように、四角いスイカを作った話は聞きましたが、柿とは驚きました。四角い箱を取り付けられた柿を見てみたいな。でもそのうち、商品化されるかもしれませんよ。

投稿: Souroku | 2018年11月19日 (月) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外国人材法案? | トップページ | クマノミに会えました---セブ島 »