« さよならの山---鹿島槍ヶ岳へ(僕の北アルプス) | トップページ | 我ら年金者組合の旗、堂々銀座を行く »

2018年10月15日 (月)

天空の島---さよならの山番外編(八方尾根)

P_20181014_113515_vhdr_auto_hp_1024

2018年10月14日(日)
まるで、「天空の島」
昨日、北アルプス八方尾根の八方池で撮りました。八方池のある場所は、標高2,060m、雪に押し流された土砂の堆積で出来た池で、雪解け水や雨水が溜まったものです。
風のない日の鏡のような湖面には、白馬三山が映り込む神秘的な光景が見られます。そして、写真の様な不思議な景色も。
 鹿島槍ヶ岳の登山記の続きを書く前に、「さよならの山番外編」です。
週末の土日を利用して、かみさん、息子と3人で、栂池自然園、そして八方尾根に行ってきました。
 紅葉と星空を見に行こうと、前から計画し、息子には、足元おぼつかない高齢登山者二人の付添として来てもらいました。
満天の星空に、帯となって光る天の川の本当の姿を見たことが無いと息子は言うのです。
 それなら、栂池の夜に見られるかなという気持ちもあり、星降る高原の小さなホテルのキャッチフレーズを持つ「ホテル白馬ベルグハウス」に宿を取りました。
 このホテルは、ランプの山小屋として登山者に人気のある北アルプスの舟窪小屋と同じ経営系列です。夜には、星空観察会も開いてくれるのです。
 長野からの特急バスを栂池バスターミナルで降りて、そのまま、ゴンドラ駅に駆けつけました。下りゴンドラの最終時間は、午後4時40分、それほどゆっくりしてはいられないのです。
 幸いゴンドラは待つことなく乗ることが出来て、栂の森駅でのロープウェイ乗り継ぎも順調にゆき、30分ほどで自然園駅に着くことが出来ました。
 自然園と言っても、白馬乗鞍岳の火山活動によって出来た、平坦な湿原地帯を周遊するトレッキングコースがついている自然保護地帯なのです。
 3時間ほど歩いて、一周した栂池自然園は、もう紅葉は終わりかけていましたが、自然園までの、ゴンドラリフトから見た山肌は、黄色く染まっていました。
自然園最高地点、登りついた標高2,020mの展望台からの眺望は、雲に隠されてなにも見ることが出来ませんでした。
残念、最高地点ならではの絶景が見られる場所なのです。それでも、白馬大雪渓だけは、白い帯が山に突きあげる姿をあらわしてくれていました。
 期待していた白馬三山の大眺望を見ることが出来なかったまま下山後、楽しみにしていたホテルの夜の星空観察会も、曇り空で中止になってしまい、天の川を見ることはかないませんでした。
 2日目、朝の天気予報はぱっとしませんでした。下山し、しばらくぶりの長野市街散策も考えたのですが、思い切って八方尾根からの大眺望にかけてみることにしました。  
 栂池バスターミナルから無料循環バスで、白馬に移動し、八方池山荘のある第一ケルンまではゴンドラとリフトで楽々到着しました。
 そこから、八方尾根自然観察路と名のついたトレッキングコースを八方池まで登ってみることにしました。
 時折、雲の合間から、白馬鑓の姿が見えるので、白馬三山の眺望の期待も持てたのです。ここは夏の高山植物観察やスキーシーズンには、幾度もスキーを担ぎ上げたおなじみのコースです。
そして、10日前の鹿島槍と同じく、山は微笑んでくれたのです。
 八方池山荘から登る事約90分、八方池についてしばらくすると、雲が切れ、白馬、杓子、白馬鑓、そして不帰の岩峰が目の前に展開したのです。
 見慣れた風景とはいえ、短時間の登りでこれだけの絶景を見ることが出来るのは、八方尾根ならではでしょう。
 さよならの山、番外編、またしても、素晴らしい山々の姿を目に焼き付けてきました。
P_20181014_1202182_vhdr_auto_hp_1_3

P_20181014_120810_vhdr_auto_1024


Dsc04650_1024

|

« さよならの山---鹿島槍ヶ岳へ(僕の北アルプス) | トップページ | 我ら年金者組合の旗、堂々銀座を行く »

コメント

これまた、懐かしい光景を思い出しますね~。
スキーを担いで何回歩いたか・・・、
白馬三山の雄大な姿、好きだったな~。。。

投稿: トックリヤシ | 2018年10月17日 (水) 09時17分

湖面に鏡のように写る景色は感動でしたね。ほんの少しの風でもこの景色を奪ってしまうのですから、貴重な一枚ですね。
私は立山黒部アルペンルートのホテル立山に宿泊した時に天の川を初めてみましたよ。

投稿: 坊主の母 | 2018年10月17日 (水) 18時12分

>トックリヤシさま
第三ケルンの上、かんば尾根まで担ぎ上げ、細野部落までの標高差1300mの大滑降は、豪快でしたね。黒菱や、リーゼンを暗くなるまで滑っていたことを、思い出します。

投稿: Souroku | 2018年10月17日 (水) 21時50分

>坊主の母さま
八方池までは、遊歩道の扱いになっており、登り易い道です。是非、湖面に映る山々を眺めることをお薦めします。
室堂の星空も、素晴らしいので、晴天で良かったですね。
天の川観察は、またチャレンジします。

投稿: Souroku | 2018年10月17日 (水) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよならの山---鹿島槍ヶ岳へ(僕の北アルプス) | トップページ | 我ら年金者組合の旗、堂々銀座を行く »