« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月28日 (金)

宝くじが売れない

Img_20180825_0016_1024

宝くじの売上が、二年連続減少しているとの報道です。(写真上、東京新聞8月15日朝刊。クリックすると拡大して読みやすくなります)
 2年連続と書かれていますが、記事にもあるように、宝くじの年間売上は、2005年の1兆1047億円をピークとして、2016年には8452億円(前年度比7.7%減)、そして2017年には、ついに7866億円(前年度比6.9パーセント減)にまで落ち込んでしまったのです。ピーク時の71パーセントです。
とくに売上が減少しているのは、ドリームやサマー、年末などのジャンボくじで、逆にロトやナンバーズなどは、売上げが伸びているとのこと。
詳細は記事を読んで頂くとして、なにを隠そう、僕もジャンボは、まったく買うのを諦め、いまはロトセブンで10億の大金を狙っているのです。

ロトは数字選択式の籤なので、自分で選ぶことに魅力を感じたのですが、それも今では、コンピュータが自動的に数字を選んでくれる「クイックビック」に頼るようになってしまいました。
どうも、自分であれこれ考えて数字を選ぶより、クイックにチェックしたほうが
、当たり番号に近い数字を出してくれることが多いのです。
当たり番号と言えば、ジャンボの場合1等の当選率は20,000,000の1(二千万分の1)とか。
以前、ネットに、それは北海道で、空から落ちてくる一円玉を頭で受けとめる位の確率と書かれていて、いやもう少し当たる面積は広いはずなどと、話題になったことがありました。
実際には、北海道の実面積との比較か、地図の縮尺との比較かで、違いも出るのですが、どちらにしても、そんなもん、当たるわけがないじゃないかと言うことには落ち着くのです。
僕も、実のところ、壁に貼ってある600万分の1の日本地図を見て、宇宙ステーションから、日本に向けてダーツを投げて、この地図の大きさに当てたとしても2等か3等くらいか、そりゃ無理だなと思ったものです。
記事によると、宝くじの売上減少は、世相の反映とか。
安倍首相、景気の良い事ばかりアピールするけど、宝くじ売り上げ減少には触れたくないでしょうね。
それにしても、宝くじの払い戻し金の還元率の低さは、何とかならないものですかね。

宝くじ  払戻率45.7%
競艇  払戻率74.8%
競輪  払戻率75.0%
オートレース 払戻率74.8%
競馬  払戻率74.1%



 安倍首相が、いくらGDPの上昇を自慢しても、所詮は数値のごまかし、実態はGDPなど、上昇していないのです。庶民の暮らしは苦しくなるばかり。
せちがらくなった世の中、宝くじも買えなくなってしまったのです。
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/      
「きっこのブログ」

ロトセブンが当たらないので八つ当たりしますが、嘘を平気で言う安倍首相という男、知性だけでなく、理性も常識もなく、無知で思慮分別に欠けた人物です。これが、自民党船団、
日本丸の船長かと思うと、情けないやら、悲しいやら。

| | コメント (0)

2018年9月17日 (月)

夏休み?の工作

Dsc04220_1024

Dsc04219_1024
今の小学生は、夏休みの宿題に工作があるのかな?
僕は、8月の暑さの中で工作をやりました。建築模型ではなく、なんと釣竿作りです。もちろん、初めてです。
以前のブログでも書きましたが、友人から太鼓リールを使うクロダイの落とし込み釣りを教えてもらっています。
友人は僕の持っていた3.5mほどの渓流竿を器用に改造し、落とし込み竿を作ってくれました。
見事な出来栄えの竿を見て、よし、僕も真似て作ってみようと思ったのです。
実は長さは2.4mほどの岸壁で釣る竿が欲しかったのです。
市販品はたくさんありますが、少し良さそうものだと、なんと数万円もするのです。もちろん、僕のような初心者には無縁の品です。
そこで、昔使った軟調子の渓流竿を、友人に習って改造してみることにしました。
渓流竿ですから、巻糸で形を作ったナスのような形のグリップがついています。余談ですが、このグリップを取り外す際、巻糸の下の形は全て新聞紙で作られていたのには感心しました。新聞紙の巻位置を少しづつずらしながらナスの様な形にして、その上から、糸をきっちり巻いて仕上げてきれいな曲線を持つグリップに仕上げているのです。友人に、その新聞紙の記事が読めるんだよと話をしたら、グリップの下地を新聞紙で作るのは普通だよと言われて、驚いた次第です。
話を戻すと、新たに太鼓リールの取り付けられるようにグリップを作って取り付けなければなりません。東急ハンズで、コルクの角柱を買って、ナイフと紙やすりグリップを作るべくやってみましたが、なかなか思うような形が作れません。
悪戦苦闘している中で、何気なくネットを見ていたら、なんと既製品でコルクグリップが売られているではありませんか。釣竿を作ったり、修理や改造したりしている人には、そんなことも知らないのかと言われそうですが、恥ずかしながら釣り竿の穂先の修理ぐらいしかしたことが無かった僕は、こんな良いものがあったのかと、目からうろこの思いでした。
早速、竿尻の径約11mmにあったグリップを選んで購入。太鼓リールが付くか心配でしたが、これまたピタリと合いました。竿尻と太鼓リールとの離れ寸法は、握りやすいように何度も調整し、隙間を白い配管用テープで巻きました。アクセントになってなかなか良い出来栄えです。(写真一番上)
グリップと竿とのわずかな隙間のガタツキは、紙粘土で修正しました。
後は固定ガイドと穂先の誘導ガイドの取り付けです。固定ガイドは、糸で巻き2液混合エポキシ樹脂の接着剤で取り付けました。(この接着剤をはじめ、紙粘土、紙やすりなど、全て100円ショップのお世話になりました。我家から、徒歩数分で、100円ショップがあるのはとても便利です)
 穂先の遊動ガイドは、穂先の径に合せて、0.1mm単位で径の小さいものから大きなものを取り付け、最後にトップガイドを付けて完成。
 実はこのガイドの購入が一番苦労しました。釣り具の上州屋とネット通販の「釣り具のKase」で購入しました。上州屋さんは、固定ガイドはほとんど在庫が無く、遊動ガイドも分類箱の中に、他の大きさのものが混入していたり、表示も判り難く、積極的に、この手の部品を売ろうとは思っていないようです。それに比べて、ネット通販ですが、Kaseさんは、驚くほどの品揃えで、ガイド一つの注文にもこたえてくれ、包装も丁寧、非常に好感が持てました。https://www.wasao.jp/    釣り具のKase

 ガイドの取り付けは、実は、不慣れな僕にとっては、なかなか大変だったのですが、書くと長くなるし、とても皆さんの参考になるとは思えませんので、その辺のところは省略します。
そして、なんとか完成した竿が写真2枚目です。(写真はクリックすると拡大します。)
重量70グラムの超軽量、落とし込み竿の姿です。
さて、問題はこの竿で釣れたのか?
友人に連れられて、葛西臨海公園近くの海で試し釣り。釣れたのです!
型は小さいですが、立派?なチヌです
(写真下)
Dsc04247_1_1024

夕方2時間ほどで、こんな形が5匹ほど釣れましたが、嬉しくて写真に撮るのを忘れてしまいました。
師匠でもある友人は、もっと大型を釣り上げていましたよ。
柔らかい渓流竿ですから、竿先が弓なりになって、何とも良い引きを楽しめたのです。
もちろん、ガイド、グリップ共に壊れませんでした。
これが今年の夏の僕の工作とその成果のお話でした。

| | コメント (0)

2018年9月13日 (木)

ちょぴり秋の気配

Dsc04417_1024


Dsc04409_1024
毎年の恒例行事、信州大芝高原での友人たちとの集まりに行ってきました。
その途中、中央道を韮崎インターで降りて、甘利山に登ってきました。
友人3人も一緒です。
甘利山は春のレンゲツツジで知られた山です。インターから林道を走る事、約40分くらいで甘利山広河原駐車場に付きます。ここから、登山道を30分ほど登ると、1731mの山頂なのです。(写真横)
林道が無かった頃は、中央線沿線の夜行日帰りの山として、乾徳山、大菩薩峠、三つ峠などと並ぶ人気の山でした。
頂上近くまで、舗装された林道が伸びたことで、簡単に登れるようになり、甘利山だけの登山の面白味は減りました。しかし、時間的に余裕が出来たことで、山頂から足を延ばし、大西峰、千頭星山までのコースが歩かれるようになっています。
千頭星山は鳳凰三山の眺望が良いとのことですが、残念ですが僕は登ったことがありません。
今回も、時間が無く、また、全山霧に包まれて眺望がまったくないので、甘利山から奥甘利山方向へ少し登ったところから、引き返しましたが、レンゲツツジの咲くころ、また登りたいと思う山でした。
紅葉には早い時期でしたが、霧の山稜を渡る風は、もう秋の気配を感じました。
大芝高原のログハウスロッジは、清潔で快適です。
集まる仲間の車に、またスバル車が増え、スバルファンの僕を喜ばせます。FORESTER X-BREAK 雪道を走りたくなる車です。
温泉に入り、いつものように外で炭火を起こし、串に刺した大きなブロック肉をじっくり焼きます。ナイフで少しパリッと焼けた肉を、そぎ落としながら食べる酒盛りは日頃の憂さを晴らしてくれます。

二日酔いと寝不足ながら、翌日は、マレットゴルフ。大芝高原のマレットゴルフ場は、54ホールもある大きな林間マレットゴルフ場です。
志木の河川敷で行うパークゴルフとは違い、ここは全て林の中を縫うコースなので、だいぶ勝手が違います。
クラブ(スティック)のヘッドの形状も、志木市ではゴルフクラブのドライバーのような形ですが、大芝高原では金属の円筒形で、このあたりも、良いスコアを狙う僕を悩ませます。
現地の常連さんたちは、皆さんとても上手い。コース上のどの木に当てれば、ボールをコントロールできるか熟知しています。
我々は、何度もお先にどうぞと、順序を譲ります。マレットゴルフでは、残念がら、今回も成績振るわずの結果で終わってしまいましが、涼しい高原で友人たちとの楽しい二日間を過ごすことが出来ました。Dsc044292_1024

Dsc04435_1024(写真のように、林の中にコースが作られています)

| | コメント (2)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »