« 美しい三浦半島の海を見て | トップページ | 縄文特別展へ----火焔型土器と土偶のこと »

2018年7月24日 (火)

熊谷市が日本一暑い街、奪還

埼玉県が高温国内最高記録を奪回!と言っても喜ぶことではありませんが。
 昨日、7月23日(月)に41.1度を記録した熊谷市は、我が志木市から約40kmしか離れていません。
常に猛暑ランキングで上位を占める高温観測の常連都市です。
 1933年(昭和8年)7月25日に観測された山形市の国内最高気温40.8度は、その後長く更新されませんでした。
この教科書も書き直す必要が無かった記録を、74年ぶりに上回ったのが、2007年8月16日の熊谷市の40.9度だったのです。
しかしこの記録は6年後の2013年8月12日に高知県江川崎で41.0度が観測され、国内最高気温はあっさり更新されてしまいました。
ちなみに、国内最低気温は、こちらも教科書で習う北海道の旭川で1902年(明治35年)1月25日の-41.0度。奇しくもどちらも覚えやすい41度だったのです。その気温差82度、凄い!
この最低気温観測の日、あの有名な八甲田山雪中行軍遭難事故が起きてしまったことは良く知られています。
そして高温記録は、昨日の2018年7月23日、午後2時16分、熊谷市が41.1度と、またしても国内最高気温観測都市に返り咲いたというわけです。日本一暑い街奪還!
この記録、僕は当分破られないと思うのですが。岐阜県の皆さん、如何!
ところで、同じ日の午後、我家の外部温度計は38.5度を指していました。
 日中の気温が高いのはともかく、今回の猛暑は夜になっても少しも気温が下がらないのです。室内温度は、夜になってかえって高くなったりします。寝苦しいことこの上なしの毎日です。

|

« 美しい三浦半島の海を見て | トップページ | 縄文特別展へ----火焔型土器と土偶のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美しい三浦半島の海を見て | トップページ | 縄文特別展へ----火焔型土器と土偶のこと »