« 熊谷市が日本一暑い街、奪還 | トップページ | 夏の一日 »

2018年7月29日 (日)

縄文特別展へ----火焔型土器と土偶のこと

Dsc04214_1024

(写真上、縄文展で購入した大判絵葉書。6件の縄文国宝が揃い踏み)

 9年前の夏の日、僕は炎天下の道を長岡市立科学博物館へと、汗を拭き拭き歩いていました。夜の長岡の花火を見る前の時間を利用して、ぜひ「火焔土器」を見たいと思ったのです。
長岡駅から徒歩20分強、やっとたどり着いた建物は、科学博物館とはいっても、役所の支所のような建物の中にあるちょっと寂しい博物館でした。
志木市の郷土博物館を少し規模を大きくした程度です。
入場は無料でしたが、冷房もない館内には子どもが2人ほど展示を見ていただけで、ガランとしていました。
お目当ての「火焔土器」が初めて出土したのは新潟県長岡市の馬高遺跡です。
1936年に近藤篤三郎さんらの調査で出土した物で、考古学的にはこの出土第1号の土器のみを「火焔土器(火焔A式1号深鉢土器)」と称し、他のものや他遺跡出土のものは「火焔型土器」あるいは「火焔形式」など呼ばれ区別されているそうです。もちろん異論はあります。
火焔型土器としては、他の遺跡で見つかった素晴らしい物も多く、新潟県の十日町市の笹山遺跡の火焔型土器は国宝に指定されている物もあります。
しかし、なんといっても、発見第1号は見ておきたい。国宝とまではいかなくとも、国指定重要文化財です。
そして、僕が見たものは、ガラスケースの中に置かれた1枚のカード。
ああ無情。「火焔土器は貸出し中」
中越沖地震の時は、遠くドイツに貸出し中で、破損の被害を免れたそうですが、今度も貸出し中とは。
この後、長岡を再び訪ねる機会は無かったので、火焔土器を見ることはかないませんでした。
〇そして、今開かれている東京国立博物館の史上初!!縄文の国宝、6件すべてが集結!!「縄文特別展」一万年の美の鼓動。
http://jomon-kodo.jp/

笹山遺跡出土の国宝「火焔型土器」も出展されるようで、それならもしや、長岡のあの火焔土器1号も?。
まあ、火焔土器はおくとしても、縄文国宝6件と言えば、火焔土器を除くと他はすべて土偶ではないか!これは見に行かねば!。
 そして7月27日(金)午後、上野に行ってきました。
大々的に宣伝されている縄文特別展です。混むかなと思っていましたが、入場の行列はありませんでした。
 この日を選んだのにはわけがあります。国宝土偶5点のうち、茅野市の尖石縄文考古館所蔵の二点「縄文のビーナス」「仮面の女神」は、出展が遅れて、7月31日から展示されるのです。この日より前に行けば、少しは空いているのではと思ったのでした。
「縄文のビーナス」と「仮面の女神」は長野県の尖石縄文考古館を訪ねて、二度ほど見たことがあり、僕の机にはレプリカも置かれています。
この二点は見なくても良しとしよう。でも他の三点の土偶は、八戸、函館、山形の博物館所蔵であり、今まで見る機会は無かったのです。
縄文展は、平成館の2会場に分かれて、6つの章に分かれて展示され、200点以上の陳列品は、どれも見ごたえのある素晴らしいものでした。
そして、国宝4点は、朱色の壁に包まれた、いかにも特別陳列と言った豪華な雰囲気の部屋に置かれていました。
 入口近くの最初の展示は、「火焔型土器」、篠山遺跡出土の国宝指定の土器のなかで、この土器は群を抜いた有名品です。
よく間違えられているようですが、この土器だけが国宝と言うわけではなく、他に陳列されている個体指定の土偶とは異なり、「新潟県笹山遺跡出土深鉢形土器」として、928点の出土品で構成されている国宝の一つなのです。十日町市博物館のホームページには、次のように紹介されています。

「中でもこの国宝指定番号1の「火焔型土器」は「縄文雪炎-じょうもんゆきほむら-」、「火焔型土器No.1」、「ナンバーワン」などの愛称で親しまれ、新潟県笹山遺跡出土深鉢形土器57点に含まれる火焔型土器14点のなかでも、とりわけ異彩を放つ逸品です」

Dsc04205_1024そして、火焔型土器の奥には、国宝土偶3点、「合掌土偶」「中空土偶」「縄文の女神」がガラス張りの展示ケースの中で存在感を放っていました。
3点が一緒に見られる機会が来るとは、思ってもいませんでした。
それを実現してくれた縄文特別展、ありがとう。
一つ一つの土偶についての思いはあるのですが、それはまた別の機会にします。
今回、200点以上の土偶と土器、装飾品が展示されていましたが、残念ながら、あの長岡の「火炎土器1号」は展示品の中には有りませんでした。
発掘された土器などを生活用具として捉え、その変遷だけをたどる事をせず、展示会の目的が、1万3000年にわたる縄文時代の生活の中から、様々な道具を作りだした人々の技や思いに迫り、そこにある力強さと神秘的な魅力から、テーマを美に求めたからです。
それは「第1章 暮らしの美」「第2章 美のうねり」「第3章 美の競演」「第4章 縄文美の最たるもの」「第5章 祈りの美、祈りの形」「第6章 新たにつむがれる美」と名付けられたテーマ別展示に良くあらわされています。
縄文時代の造形の美しさに触れてみたい方には必見の、すばらしい縄文特別展になっていると思いました。特に展示品の中で、土偶の占める割合が多く、土偶を見るだけでも価値があるとも思いました。

Dsc04207_1024
(写真下、館内は撮影不許可でしたが、出口横に撮影コーナーが設けられ、そこに見事な土器が並べられており、この前で記念写真を撮られている方もおられました)


 

|

« 熊谷市が日本一暑い街、奪還 | トップページ | 夏の一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熊谷市が日本一暑い街、奪還 | トップページ | 夏の一日 »