« 一橋大学兼松講堂と北國銀行武蔵ヶ辻支店 | トップページ | 二冊の本「自作の小屋で暮らそう」と「山小舎を造ろうよ」 »

2018年6月25日 (月)

「隠れ部屋」潜伏キリシタン

Img_20180624_0001_1024

東京新聞6月13日朝刊より(クリックすると拡大します)

潜伏キリシタンが、密かに祈りをささげた場所である「隠れ部屋」が公表されました。場所は熊本県天草市天草町大江の民家の屋根裏で、専門家は「国内に存在するものはおそらくここだけ」と語っています。(写真下、天草ロザリオ館の隠し部屋ジオラマ)
ただし、残念ながら今話題となっている世界文化遺産に登録される見通しの「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」には、地域的に含まれないようです。
公開された隠し部屋が、貴重な歴史遺産であることは間違いないと思うのですが、国内で唯一という説には僕はやや懐疑的です。納屋状の状態で残されている小部屋は、他にも存在してもおかしくないのではないかと思ってはいます。
Photoところで、世界文化遺産の登録名の潜伏キリシタンとは、あまり聞きなれないと思うのは僕だけではないと思います。
今までは「隠れキリシタン」、これが一般的に使われてきたように思います。
それでは、潜伏キリシタンと隠れキリシタンとの違いはなんだろう。このあたりをまったく理解していなかったので、勉強の為ネットで調べてみると、あるある、実に詳しく書かれています。
その中で、
ウイキペディアは、詳細も書いているのですが、最初に概要としてもっとも簡略にまとめていて、これがわかり易いと思いました。
〇隠れキリシタン(かくれキリシタン)は、日本の江戸時代に江戸幕府が禁教令を布告してキリスト教を弾圧した後も、密かに信仰を続けた信者である。以下の2つに分けられるが、一般に両者を区別せずに呼ぶ。

1.強制改宗により仏教を信仰していると見せかけ、キリスト教(カトリック)を偽装棄教した信者。
2.1873年(明治6年)に禁教令が解かれ潜伏する必要がなくなっても、江戸時代の秘教形態を守り、カトリック教会に戻らない信者。
敢えて両者を区別する場合、1は「潜伏キリシタン」、2は「カクレキリシタン」(すべて片仮名で表記)と呼ぶ。


その他、少し参照してみます。
なお、国指定の無形民俗文化財(風俗習慣・祭礼[信仰])としては「かくれキリシタン」と表記されるとのことです。

①「山川日本史小辞典」(山川出版社)の「潜伏キリシタン」の項目では、以下のように説明しています。
“江戸時代、キリシタン禁制に対して、表面的には仏教徒を装いつつ、密かにキリシタンを信仰し続けた人々。(中略)潜伏キリシタンの中には、キリシタン禁制の高札撤去(1873)以降も教会に復帰しない人々がいるが、江戸時代の潜伏キリシタンと区別する意味で彼らを隠れキリシタンとよぶ。
(「山川日本史小辞典」(山川出版社)の「潜伏キリシタン」より)

②長崎市国内観光客誘致推進実行委員会では、「潜伏キリシタン」について以下のように説明している。
“江戸時代の初期、外海、浦上、天草などの信徒たちは幕府の摘発を逃れるために表社会では仏教徒として生活し、内面的にキリスト教を信仰する潜伏キリシタンとなりました。天照大御神や観音像をマリアに見立てたり、その地域の言葉で祈りを捧げたり、それぞれに独自の信仰の形を形作っていったのです。
江戸時代後期には外海地方にいた潜伏キリシタンたちが五島列島に移住し新しく潜伏キリシタンの集落を作っていきました。明治になって禁教令が撤廃された後も、このような潜伏時代の信仰形態を継承した人々を、かくれキリシタンと呼んでいます。
(教会群とキリスト教関連遺産|長崎修学旅行の魅力|長崎市修学旅行ナビより)


東京新聞の潜伏キリシタンの「隠れ部屋」の記事から、いろいろと勉強することが出来ましたが、さて、この隠れキリシタン、中学校の教科書では、どんなふうに書かれているかと2社の歴史教科書を見て、なんと驚きました。
東京書院の新しい社会「歴史」も、育鵬社の新しい日本の「歴史」にも、「キリスト教」「キリスト教徒」「キリシタン」「キリシタン大名」の索引項目はあっても隠れキリシタンについては、まったく一行も記述が無いのです
東京新聞6月17日のニースおさらいの記事で、潜伏キリシタンに詳しい南山大准教授、ムンシ・ロジェ・ヴァンジラさんは、次のように語っています。
「キリスト教が禁じられた地域は世界中にありますが、日本ほ独自の発展を遂げたところは無い」「キリスト教と仏教、土地の風土などがまざったユニークな文化は貴重です」
世界遺産に登録される見込みですし、今後、この貴重な文化遺産を子供たちにも知ってもらえるよう教科書にも記述されると良いですね。

|

« 一橋大学兼松講堂と北國銀行武蔵ヶ辻支店 | トップページ | 二冊の本「自作の小屋で暮らそう」と「山小舎を造ろうよ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一橋大学兼松講堂と北國銀行武蔵ヶ辻支店 | トップページ | 二冊の本「自作の小屋で暮らそう」と「山小舎を造ろうよ」 »