« 平林寺半僧坊大祭へ---大般若経の転読に思う | トップページ | 特別職並びに総合職国家公務員は、連休中に読み返してください »

2018年4月21日 (土)

ナンジャモンジャの花が満開

Dsc03850_1024


Dsc03852_1024今年もナンジャモンジャの花が咲きました。
この木は、志木ニュータウンの近く、西原ふれあい第三公園の南側入口前の、交差点の脇にあります。
信号に注意しながら歩いていると、かなり大きな木なのに、見落としてしまうこともあります。
今、満開です。例年はゴールデンウィーク頃ですから、10日ほど早いと思います。今年は全ての花が早く咲いていますね。
ナンジャモンジャとは別名で、正式には「ヒトツバタゴ」という名です。
Dsc03854_1024埼玉県では、珍しい部類の木で、環境省レッドリスト絶滅危惧種Ⅱ類に指定されているようです。
遠目で見ると、結構華やかで、雪が降り積もったように見えますが、近くで見ると、4つに深く裂けた、一つ一つの花びらは細く糸のようです。少しの風でも揺れて、接写で撮り難い花です。
花言葉を調べたら、「清廉(心が清らかで私欲が無い)」
うーん!参りました。恥ずかしい。
官邸の皆さん、そして霞が関の皆さん。花が嘆いていますよ。この木の花が散る頃には、あなた方も潔く散りましょう。
どう、あがいても、もう詰んでいるのですから。
それがわかっていないらしいのが摩訶不思議で、福島第一原発事故後の、御用学者と呼ばれた人達の映像に合わせて流れた、ザ・ハイロウズの「〇大出てても、馬鹿は馬鹿」という曲が、耳元に聞こえてくるのです。♪♪♪♪---
それにしても、麻生さんがテレビカメラの前で、支離滅裂な話をする度に、支持率が1%ずつ下がってゆくのを、自民党の人達はどう思って見ているのでしょう。

|

« 平林寺半僧坊大祭へ---大般若経の転読に思う | トップページ | 特別職並びに総合職国家公務員は、連休中に読み返してください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平林寺半僧坊大祭へ---大般若経の転読に思う | トップページ | 特別職並びに総合職国家公務員は、連休中に読み返してください »