« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月28日 (水)

太極拳の呼吸法から考える

 毎週、二日ないし三日参加する太極拳を始めて二年程になります。なんとか、全体の形と流れを覚え、練習も楽しくなっています。
太極拳で大切なのは、「調身、調息、調心」これは姿勢、呼吸、心を整えるという意味です。
太極拳は姿勢、呼吸、意識を組み合わせたバランス運動なのです。
僕は太極拳を習うようになってからら、呼吸をより意識するようになりました。
そんななかで、斎藤孝著「呼吸入門」を読んで、呼吸とはかくも奥深いものだと改めて思うようにもなりました。
呼吸の意味を考えることから、心との関係、正しい呼吸法、そして日本の文化との関連まで詳しく書かれておりとても得るものがありました。 
太極拳の先生からは、低い姿勢の維持と共に、常に呼吸を意識するよう注意されます。
太極拳の基本の呼吸は、腹式呼吸です。
鼻から吸って鼻から出す。鼻から出すのが苦手ならば、口から吐いてもかまわないと教えられています。
吐く息が特に大切で、吸うときの倍の時間をかけて完全に吐き切ります。
練習前の心の準備として行う「立禅」は心を落ち着けて呼吸を整えるために行います。5秒吸って、10秒で吐く、深く長く、静かな呼吸が求められます。
五臓六腑は、基本的には自分の意志でコントロールできません。しかしこの五臓六腑の中で、肺だけは自分の意志でコントロールできる唯一の臓器です。そう、呼吸でコントロールできるのです。
この呼吸について、読んだ本の中から、興味ある部分を抜粋してみます。

堀泰典さんの「体内静電気を抜けば病気は怖くない!」には
 ほとんどの人が「ハイ、深呼吸して」というと、すーっと息を吸います。呼吸は、吸うことで始まり、吐くことで終わると思っていると人が多いのだろうと思います。でも、よく考えてみてください。人間は生まれたとき、オギャーと泣きます。
「このとき、呼吸は?」
「オギャーか。吐いてるなあ」
「じゃあ、死ぬときは。息をどうするという?」
「息を-----引き取る----やな」
引き取る。つまり最後は息を吸ってこの世とさよならします。呼吸という字も。「呼」は吐くことで、「吸」は吸うこと。吐くことがさきですよという意味です。だから、長い呼吸をしようと思ったら、吐くことに意識を向けて、ゆっくりと吐きます。吐ききると、今度は自然に酸素が入ってきます。ゆっくりとしたリズムで吸えるはずです。逆に、吸うことに意識を向けると、呼吸は短く浅いものになりがちです。

五木寛之さんの「気の発見」望月勇(気功家)との対話です
「吐く息に重点を置く呼吸法」
五木「いのち」というのは、古い日本の言葉では、「いきのみち」と書いたという説もある。「息の道」が縮まって、「いのち」になったのだという説。だから、息をする、呼吸するということは、人間が生きているということと同じ意味なんですね。
望月 ええ。
五木 このとき、呼吸というと、呼と吸ですね。「呼」は吐く息で、「吸」は吸う息ですよね。
望月 はい。
五木 ほんらい、吐く方が先なのに、私は吸う方に重点を置いてやっていたんですね。深呼吸の指導のときも、「はい、大きく息を吸って、はい、吐いて」と言いますね。これでは、呼吸ではなくて、「吸呼」になってしまいます。吸呼で呼吸をしても、苦しいだけでまったく効果が無い。だから、おもしろくなかったんですね。
望月 そうですね。ヨガでは、まず吐く息に意識を向けるように教えます。吐く息に意識を集中して、体の中の老廃物、邪気が全部出ていくことをイメージして、すべてを出し切るんです。吸う息の場合は特別に意識せずに」自然にまかせて、はいってくるだけでいいんです。
五木 とにかく吐く息をできるだけたくさん、吐き切るまで全部吐き切る。あとはべつに吸う努力もせずに、自然に空気が流れ込んでくるのにまかせておけばよい。
○2月26日の東京新聞に、フリーダイビングの岡本美鈴さんが、「私の呼吸法」で腹式呼吸について、感情的になった時、この呼吸法で平常心に戻れることを書いています。(記事はクリックすると拡大します)
Img_20180228_0001_1024

「書き写し}
私の呼吸法 岡本美鈴
 息を止めて潜るフリーダイビングには欠かせない呼吸法がある。
いわゆる「腹式呼吸」で、吸う時はお腹から胸に息を入れ、二倍以上の時間をかけて細く長く吐き出す。
これを五、六回繰り返す。
息止めを長く行うコツは酸素の消費を抑えること。
この呼吸によって、心拍数が下がり、気持ちもリラックスして筋肉の酸素消費を節約できるのだ。
私は息止め時間を競う種目で七分間に成功したこともある。
日常で感情的になった時も有効だ。イライラしたり、怒っている時は肩や胸のあたりだけで息をし、とても浅い呼吸になるが、腹式呼吸を行うことで平常心に戻ることができる。おかげて性格が穏やかになったような気がする。
おまけに肺活量は成人女性の平均値の倍の五千六百ccに増え、呼吸機能年齢はなんと十八歳に若返った。
 最近は一般のオフィスでもこの呼吸法をお伝えする機会が増えてきた。
社員の方に体験してもらうと、穏やかでスッキリした表情に変わるのが分かる。気持ちを切り替えたい時、集中したい時にぜひ活用してほしいと思う。
フリーダイビングのメンタル面の技術が、こうして多くの人のお役に立てる事はとてもうれしい。        
 競技だけでなく私の人生も改善した呼吸法。将来的には、社会で役立つメソッドとして確立したいと思う。 
(フリーダイビング金ダリスト)

| | コメント (2)

2018年2月27日 (火)

総量労働制のデーターを、ミスの範囲とコメントする藤井聡内閣官房参与

総量労働制を巡る不適切データーを、ちょっとよくわからないと言いながらもしっかりと、データーミスの範囲だ」と言い切る、京都大学大学院教授にして内閣官房参与の藤井聡氏
文化放送、朝の番組「おはよう寺ちゃん」のコメンテーターとして、2月22日(木)の番組で、「総量労働制」の不適切データについて、こんな発言をしていました。いつもながら仕える権力にすり寄る姿勢を隠さない藤井聡内閣官房参与原発事故後の御用学者の姿が重なります。

発言は12分25秒から17分58秒あたりで聞けます。

早口で聞き難いので、書き起こしてみました。書いてみると、一生懸命喋っている割には、いったい何が言いたいのか、支離滅裂とまでは言わないまでも、よくわからない話です。しかし、もってゆきたい結論は、騒ぐほどのおかしなデーターではないということのようです。でも、データーは間違っていても、結論は正しいという論理には、納得できない人が多いでしょう。
○一般論で言いますけど、全体のデーターの0.7パーくらいで異常値が見つかったという事ですけど、これ(データー)普通ですね。
このデーターがどこまで処理、洗っていたかわかんないですけど、普通はですね、入力ミスが、絶対あるんで、論理チェックと言って、データー処理をするときに、例えばコーディング、生の調査票があります。
それを誰か手でちょっと点数書きます。それを打ち込みます。あってるかどうかチェックします。で、どうたらこうたら処理の流れ作業なんです。最後に論理チェックといって、いくつかのアルゴリズム入れて、これは、これよりも長くないといけない、これは、これより短くないといけない、これとこれを足したら、こうならなければいけないと云うのをざっとチェックして、異常が上がってきたやつを、もう一回調査票を見てチェックすると。
それで最後に論理チェックでね、どこまでちゃんとやってるんだとか、漏れるかとかそういうことはありますし、だからすごい普通なんです。
僕の感覚からすれば、100万のデーターとか、いろんな国勢調査のデータとか、特に僕ら交通の出発時刻とか、所要時間とか、足したら20時間越えとるやないか全然あって、だから論理チェックのデーターの洗いが弱かったのか、最後にこれを入れたコンサルタントが、ちゃんと論理チェックするのを忘れたのか、まあ、結構あるんですね。
それがまず一個です。
まあ、ちゃんと見ないといけないですが、これ、良くある話だと僕には感じられるんです。
それに加えてです。まず、0.7パーセントですから、もの凄く意図的に悪くして、労働裁量制のほうが短いんだと結論して無理から引っ張り出してやるために、むちゃくちゃにデーターを作ったんだという感じに見えないんですよね。
0.7パーセントくらいだったら、まあ、無くもない話だし、わかんないですよ。
しかも、9時間37分が9時間15分ですから、11,575件のデータで、これ20分違ってますから、違うーと云う風に感じますよね、ちょっとわかんないんです。もう、正式には、国会答弁を聞くしかないんですね。

寺ちゃん「今回は安倍総理の紹介したデーターが、おかしいのじゃないかというところから、端を発したわけですからね。そうすると今の藤井さんのお話しから考えると、まあ、ミスのものを使ってしまったということなんですか?」

 最終的にね。ミスがあったらどうするかと言うと、ほとんどそれは消すとかね。場合によっては0.7パーセントだからこれを捨てようとかしたら、あるいは元に戻って、でもやはりそう書いてあるとかね。あるんですよ、そう書いてある、誤記とか、勘違いとか、アンケート調査なんてそんなもんですから。
でも、それも入れて、いろんなバイアスが入ってますから、それ全体を相殺して平均値って意味がある○○○○(聞き取り難い)だと思って統計調査しますから、僕の一般的統計処理の感覚からすると、そんなに結論に大きな影響がないだろうなと、思うんですけど、まあ、わかんないです。
国会答弁をしっかり聞いてください。

| | コメント (0)

梅の花に来るメジロがかわいい

Dsc03461_1024
庭の南高梅の花を目当てにメジロが毎日やってきます。花から花へと絶え間なく動き回るので、写真に撮るのがたいへんです。でも、目がなんともかわいい。先日書いたジョウビタキと甲乙つけがたいですね。
今年の梅は、かってないほどに花がたくさんつきました。昨年はこんな小さな梅の木から、6.4kgもの梅の実が収穫出来て、梅酒の出来栄えも上々と、嬉しい年だったのですが、こんなに花が多い今年はどうなるのだろうと心配でもあるのです。
冬季オリンピックも終了し、競技中継に気を取られて、ままならなかったブログの更新も再開します。

| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

東大構内で、軍都市川(国府台)を思う

Dsc03416_1024太極拳グループの、「本郷界隈と東大構内」の散策に参加しました。

 地下鉄本郷三丁目駅から、文京ふるさと歴史館-見返り坂-胸突き坂-啄木赤心館跡-東大正門-安田講堂-三四郎池-東大総合博物館-赤門前-金魚屋-本郷薬師-十一面観音座像などを巡り、昼食はホテル機山館でビーフカレーを食べました。
 初めて訪れた文京ふるさと歴史館に展示されている文京区の歴史や文学、文人の豊富な資料は見ごたえがあり、ここはまたゆっくり見に来ても良いなと思いました。
そこから文学浪漫コースと名のつけられた、坂道の多い古い情緒ある街並みを巡り歩いて、本郷通りに達し、東大を目指しました。

久しぶりに訪れた東京大学構内では、正門から入り、安田講堂を見て三四郎池から、東大総合博物館に廻り、赤門から外に出ました。
古いレンガ造の校舎を見ながら歩いていると、留学生らしい学生を多く見かけました。東大には外国人留学生は、現在3300余人も在学しており、そのうちアジア系の学生が80%以上を占めているそうです。
日本の大学で一番長い歴史のある東大は、1877年(明治10年)に東京開成学校と東京医学校が合併して、誕生しました。
実は東京大学は、ここ本郷の地ではなく、当初市川市の国府台に建てられる計画があったそうです。
正確には、明治政府は、高等教育機関として国府台大学校を計画し、国府台に広大な敷地を入手していました。開成学校と医学校を合併し、将来の大学にしたいという構想も含めて、日本の高等教育機関設立への過程があったのです。しかし、最終的には国府台大学計画は頓挫して、本郷に東京大学が生まれたのです。
大学が出来なかった国府台の敷地は、陸軍の教導団の移設から始まる、後の軍都市川としての歴史が生まれるのです。
 Dsc00040_1024僕は東大の発祥時のこれらの経緯を、国府台の陸軍用地跡に、現在も残る赤レンガ武器庫(写真左上)の保存活動を続ける友人から詳しく教えてもらいました。貴重な建築遺産としての赤レンガ倉庫については、いままで何度か書いたことがあります。
もし、国府台に帝国大学が出来ていたとしたら、この本郷はそして東大はどうどうなっていたのだろうと考えてしまいます。

Dsc03417_1024

三四郎池

Dsc03422_1024

赤門

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

オンザロック用の氷は出来たか?

Dsc03415_1024さて、翌朝の氷はどうなったか!。
朝7時。外気温は-4.5度。アルミ弁当箱の蓋を開けてみます。あれ、凍ってないぞ。
弁当箱を持ち上げて、斜めに傾けてみると水は液体のままです。外にこぼれそう。変だな全然凍っていない。
弁当箱をスチール階段の上に戻すと、この瞬間、驚くことが!

水の表面が見る見る凍り出し、あっという間に弁当箱全体に広がりました。それも表面だけでなく、中も凍り始めています。
表面全体が凍った時、体積の膨張からでしょうか、表面に雪の結晶のような模様が出来て、ピンとひび割れました。そう、小さな御神渡りが発生したのです。この間約5秒ほどです。
過冷却状態になっていた水が、弁当箱の蓋を開けたとき、振動で空気に触れて一気に凍り始めたのです。しばらく放置すると、1.5cmほどの厚みの透明な氷が出来ました。スケートリンク見たいです。(写真上、一瞬で表面に膜状の氷が張った状態)
もう少し固く凍らせようと冷凍庫にいれて完全に凍らせました。
完成です。板状の氷を割って見ました。ガラス片みたいな透明な氷です。使えます。形からオンザ・ロックとはいきませんが、ハイボールにはぴったりです。

| | コメント (4)

2018年2月 6日 (火)

今年のキンカンの実は、鳥たちにあげます

Dsc03412_1_1024
1月に二度も降った雪で小鳥たちは餌不足なのでしょうか、我家のキンカンは、ヒヨドリなどの猛攻にあって、ほとんど消えました。
ペットボトルを枝に付けておくと、鳥が来ないよと知人に教えられました。
そこで実の多く付いている枝に、ぶら下げたところ、とても効果がありました。
写真(上)では見難いかもしれませんが、キンカンの実が残っている枝に、ペットボトルが3本付けてあります。太陽光線を反射してキラキラと光り、その周りだけ、キンカンの実が残っているのがわかります。
その他の枝、とくに上の方は、食べつくされてしまって実がありません。
毎年2月の中頃、出来の良いキンカンを1kgほど選んでキンカン酒を作っていました。
梅酒ほどではありませんが、キンカン酒もまた飲みやすい果実酒だと思います。お湯割りは喉に良いし、ジンジャエールで割るとこれまた美味しいです。

でも、今年はキンカン酒作りをやめることにしました。全部小鳥たちにあげようと思います。
昨年作ったものが熟成中で、今年の飲み分は確保してあります。ペットボトルを取り外して残ったキンカンを全部、厳冬で餌不足の小鳥たちにプレゼントします。Dsc03411_1024
数日前、ヒヨドリが落としたキンカンを、メジロがついばんでいました。目がくりっとしてかわいい姿でした。メジロは、これから先、梅の花が咲くと良く飛んできて、花をつついています。

目のかわいさでは、ジョウビタキも負けていません。ジョウビタキは、キンカンは食べませんが、今年の冬は我家の庭に良く飛んできます。(写真中)。これはメスです。かなり近づいても逃げない、わりと人を怖がらない小鳥です。
今、午後10時半、室外の温度計は氷点下3度を示しています。明日の朝もかなり冷えそうです。Img_3101_1024_2
 さっき、友人から諏訪湖のお神渡りを見てきたとメールがあり、写真も添付してくれました。盛り上がった氷の帯が見えました。(写真下)
そうだ、僕も天然氷を作ろう。アルミの弁当箱に「南アルプス天然水」を入れて、庭に出しました。さて、どうなるだろう。
「氷」、そう冬山では、天幕の中は全て凍り付きます。コッフェルで雪を溶かして魔法瓶に入れたお湯だけが、凍らずに朝食に使える水となります。
さて、オンザロックの氷を夢見て眠ることにしましょう。おやすみなさい。

Img_1292


Img_1296

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

松坂投手の復活が見たいと思う

Dsc03413_1024
中日と契約した松坂大輔投手が注目されています。
平成の怪物とまで云われた投手としての活躍期待というより、肩とひじの度重なる故障で再起は難しいだろうと云われている選手が、野球を諦めず、挑み続ける姿に共感するファンが多いのではないでしょうか。
 ソフトバンクでの3年間の成績からいえば、今シーズン、突然復調することなど奇跡でも起きない限り無理だろうと誰もが思います。
僕もそう思います。でも、もしかしたらとの思いもあるのです。年俸の重圧から解放され、大好きな野球を続けられる喜びを、投球に込めてくれたら、そして野球を楽しんでくれたら、その勝利も夢ではないと思うのです。

松坂投手といえば忘れられない試合があります。
2001年9月11日の日本ハム戦です。僕はその日、東京ドームの一塁側内野席にいました。
試合内容とかではなく、その日の世界を震撼させた出来事と結びつくのです。
その日の松坂は、三振も多かったが、4球も多く、なんともピリッとしない内容で勝ち投手にはなりましたが、8回3/2を投げて降板。松坂が投げる試合だと期待したわりには、観戦していてまったく面白くない試合でした。
リリーフ投手が誰だったかは覚えていないのですが、9回に日本ハム選手にファールを打たれました。
そのボールがスタンドの壁に当たり、バウンドして座席に座る僕の膝のバックの上に、狙い澄ませたかのように一直線に飛び込んできたのです。そのボールが上の写真のボールです
ボール交換したばかりで、真新しいきれいなボールです。一か所だけスタンドのコンクリート壁に当たった擦り跡が黒く付いています。松坂の降板した後ですから、当然彼の握ったボールではありません。捕手は伊東選手でした。
僕は松坂の投げたボールだったら良かったのにと思いながら、帰宅してテレビに映る画面を見て、息子に聞きました。「何の映画」息子はまだ信じられないと云った顔で、「ニューヨクのワールドトレードセンタービルに飛行機が突っ込んだんだ」と。

| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

庭の梅の花が咲く

Dsc03401_1024

2月1日 22時
午後から降り始めた雨が、先ほどから雪に変わりました。窓から漏れる明かりで、庭の梅の木の枝に雪が積もってゆくのが見えます。まだ、先週積もった雪が、木の下に少し残っています。
この南高梅の木は、20年ほど前、川越喜多院の植木市で苗から購入したものです。
毎年、我家の梅酒作りに欠かせない梅の実をたくさん付けてくれます。昨年は過去最高の6.4kgもの収穫がありました。
今年も沢山の蕾を付けて、昨日から一輪一輪と花が咲き始めたところなのです。雪の影響がどうなるのか、少し心配しています。
2月2日 朝
追記
Dsc03406_1024

朝、梅の木はすっかり雪化粧していました。梅の花は同じ白色。雪に隠れて見えなくなりました。でも、凛として美しい姿に見えませんか?実は、木の選定など全く知識が無いまま、それでも見栄え良く整えているつもりです。
雪が落ちればまた、幾輪もの花が顔をのぞかせるでしょう。
Dsc03407_1024


梅の木の下に、こちらも雪をつけた二鉢のロウバイがあります。これ、西原ふれあい第三公園の斜面のロウバイの種を拾ってきて育てました。
小さな芽から、盆栽仕立てにしようと手入れして、3年目になります。
一昨日、公園に親の木を見に行きました。
先週の雪の影響でしょうか、少し色が悪いようにも思えましたが、きれいに咲いていました。我家の盆栽に花がつくのはいつなのだろう。

Dsc03396_1024

Dsc03397_1024

| | コメント (2)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »