« 落ち葉が問題---でも、枝を切るのにも限度が | トップページ | 寒い朝 »

2018年1月21日 (日)

埼玉県議会で自民党、県民会議に原発再稼働を進めるよう強く要望させた団体とは

2017年12月22日(金)に埼玉県議会で「世界で最も厳しい水準の規制基準に適合すると認められた原子力発電所の再稼働を求める意見書」が採択されたことについて、県内外から激しい抗議の声が上がり、撤回を求める運動が埼玉県内で広がりつつあります。(年明けから「採択に抗議する市民の会」などが、署名運動を進めています)
本会議で賛成した議員は、埼玉県議会自由民主党議員52名と県民会議8名ですが、全員賛成の自民党議員の中からも、本部からの要請と聞いているし、事前の論議はほとんどなかったと、反響の大きさに戸惑いの声も聞こえるとのことです。
この意見書の提案議員は、自民党議員が10名と県民会議1名の計11人です。         
諸井真英(東第2区 羽生市)自民党 日本会議
須賀敬史(南第19区 蕨市)自民党 日本会議
立石康広(南第2区 川口市)自民党 日本会議
新井一徳(南第15区 北本市)自民党 日本会議 
神尾高善(北第4区 深谷市・美里町・寄居町)自民党 日本会議
田村琢実(南第6区 さいたま市見沼区)自民党 日本会議全国議員連盟副幹事長 
本木茂(西第4区 狭山市)自民党 日本会議
宮崎栄治郎(南第10区 さいたま市南区)自民党 日本会議
小谷野五雄(西第8区 日高市)自民党 日本会議

野本陽一(東第3区 加須市)自民党
石川忠義(東第4区 久喜市)県民会議所属

11名の議員の顔ぶれを見ても分かるとおり、10名の自民党議員のうち、9名は日本会議地方議員連盟の会員で占められています。
石川忠義議員が所属し、意見書に賛成した県民会議の所属議員8名中、わかっただけで3名は日本会議の会員であり、我が志木市選出の鈴木正人議員も日本会議埼玉本部の活動に熱心に取り組んでいます。
ただ、石川忠義議員は会派の議会運営委員として意見書提出の代表者になっただけで、実際には、会派代表の鈴木正人議員など日本会議系の議員が自民党議員の協力者として、意見書作成の補助的推進役であったと推察しています。県民会議議員団は、こういった意見書作成などの実務は苦手な議員が多いのです。
意見書を提出した自民党県議団の田村琢実政調会長は、この意見書提出は、支援団体からの要望によるものとしています。

団体名を聞かれたある自民党議員は、「それは言えない(実際には知らない)」と答え、東京新聞にも、どんな団体から、どんな要望があったのかと聞かれた田村氏が「お答えする義務はない」と回答を拒んだと報じられています。

考えるに、要望した
支援団体とは架空の存在で、そんな団体は初めから無かった。
自民党本部から通達される県議会運営の方向性や、意見書採択の可能性を問う資料に含まれていた一項に過ぎなかった原発再稼働に前向きに取り組んでほしいとの要望に飛びつき、
最近の再稼働に向ける動きの加速に同調し、原発再稼働に執心する安倍政権に覚え目出度くなりたいと考えたのでしょう。このあたり、日本会議系の議員のブログなどを読むと、その傾向と視点が読み取れます。
全国の県議会中でも、日本会議系の議員が多数を占める自民党埼玉県議団なら、全国に先駆けて数の力でこの程度の意見書、可決できるとの自信の表れでしょう。
そこには、この意見書可決の持つ意味の重さ、県民、そして全国の原発に反対する組織や人達の反発、福島原発被災者の驚きなどを、配慮する思慮深さなど微塵もかんじられません。
なぜ、原発立地県でもない埼玉県議会が唐突にこんな意見書を可決したのか、原発に反対する活動を続けている埼玉県人として残念なことです。
先の衆院選では、豊田真由子氏で埼玉が一躍脚光をあびることとなりましたが、今度は埼玉県議会ですか。
全国の県議会中、右派系議員が多い埼玉県議会なので、無い物ねだりになりますが、せめて国連で採択された、
核兵器禁止条約に対し、日本政府に条約への署名や批准を求める意見書」の可決なら、埼玉県民として誇りに思うことが出来るのですが。
すでに全国の百以上の地方議会で、意見書が可決されているのです。県議会レベルでも、岩手県が最初に可決しています。原発再稼働推進の意見書を可決した、県議会など埼玉県以外には、聞いたことがありません。

埼玉県議会の定数は93名、欠員が7名で現議員は86名です。その中で自民党は52名と6割を独占しています。
前回の埼玉県議選の投票率は、
37パーセントしかありませんでした。県民の総意が反映されている状況ではないのですが、自民党は数の力で、原発推進などというおかしな意見書を、やすやすと可決してしまいます。
自民党に対抗できる勢力をも増やしたい。それには選挙で反映させるしかないのです。選挙の投票率をせめて50パーセントくらいにしたいものです。選挙に行きましょう。

|

« 落ち葉が問題---でも、枝を切るのにも限度が | トップページ | 寒い朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落ち葉が問題---でも、枝を切るのにも限度が | トップページ | 寒い朝 »