« 寒い朝 | トップページ | 庭の梅の花が咲く »

2018年1月28日 (日)

-5℃くらいでは驚かない----寒い中、ルーテル市川教会へ

2018年1月28日(日)
昨日そして今日の朝の気温は-4℃からー5℃程度、寒いと言えば寒いけれど、もうこの程度の外気温では、驚かなくなりました。
25日にー8度を記録したとブログに書いて自慢?していたら、翌26日にはなんと-9.5度まで下がりました。(写真下)
気象庁のさいたま市の記録ではー9.8度とか、観測史上最低温度だそうです。
他にも、埼玉県下には最低温度を更新する場所が幾つもあり、どこも寒さに凍えています。
もうこうなれば、今冬、我家で-10度以下を観測するの事ができるか、それが楽しみになってくる心境です。
Dsc03371_1024

寒さのなか、千葉県市川市の日本福音ルーテル市川教会堂で行われた、「赤レンガフォーラム2018」の集会に行きました。
市川市国府台に残る、旧陸軍の武器庫として使われた赤レンガ建物の保存活動を継続的に進める「赤レンガを生かす会」の定例の集会です。
 http://ichibun.net/akarenga/
今回は、1955年(昭和30年)に建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計によって建てられ、2008年(平成20年)に国登録有形文化財に指定された教会堂の見学会を終えてからフォーラムが行われ3人のゲストの講演が行われました。
「ゲスト」
丸山純氏(建築史家、千葉県文化財保護審議会委員)
下間久美子氏(文化庁文化財調査官)
中島康文氏(ルーテル市川教会牧師)

丸山氏は、赤レンガ倉庫の建物を調査し、その報告と文化財的価値を語り、下間氏は全国を駆け巡って古い建物の文化財指定を推進している活動から、文化財保護行政、保存の進め方、取り組みそしてその後の活用の在り方について、大変参考になる話を聞くことが出来ました。
最後に、ルーテル教会の牧師である、中島氏が廃棄寸前だった教会堂の修復と文化財登録までに至った保護の経緯を、ユーモアを交えてわかり易く説明され、赤レンガ倉庫の保存にも通じる貴重なお話を聞くことが出来ました。
質疑と参考の意見交換では、各地で文化財保護に携わる方の実際の活動経験、それぞれの分野の専門家の話が聞けて、密度の高い活発な討論が行われました。
目から鱗の話も多く、よくぞこれだけの人材が参加されたと、主催者の活動の幅広さと努力に驚かされたフォーラムでした。
赤れんがを生かす会で活動する友人に誘われての参加でしたが、久々に文化財として保存すべき建物の保護への熱い思いを持つ方々と交流できて、僕にとって、とても有意義な時間を過ごすことが出来た夜でした。
実は、フォーラムへは、我家から2時間以上もかかる遠方でもあり、ためらわれたのですが、開催場所の市川教会堂の見学ができる魅力にも引かれて参加しました。
結果は貴重な建物内外の見学と建物ガイドの話も聞けて、これも〇でした。

教会堂の設計者のウィリアム・メレル・ヴォーリズは、一般にはそれほど名の知れた建築家ではありませんが、キリスト教の伝道の他にも多彩な活動をしつつ、かつ日本に帰化して建築家として設計事務所を主宰し、多くの優れた建物を日本各地に残しました。

(市川教会会堂の案内パンフよりコピー)
 真間山の緑を背景に、江戸川から東京湾へと蛇行して流れる真間川沿いにたたずむ教会は、この土他の人々の身近な風景となっている。
 市川教会は昭和22年(1947)、現位置からすぐ北の国府台の地にあった、宣教師工一ネ・バウラス女史の自邸で礼拝が開始されたことに始まる。
同年、陸軍砲兵隊兵舎の払い下げを受け保育園に転用し、ここで礼拝が行われるようになった。
その後現位置に移転し、昭和30年(1955)に、この白亜の教会堂が新たに建設された。
 この建物には、建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが好んで多くの建物に用いたスパニッシュ様式の影響を受けた意匠が、身廊の判円アーチ窓、玄関扉、最上階の平面が絞り込まれた塔屋の構成に見られる。
創建当初の屋根は、赤色瓦であった。玄開は、銅板張りの十字架を冠する4階建の鐘楼足元にあり、その脇の花崗岩製の定礎石には建築年が刻まれている。
 列席が並ぶ礼拝空間は身廊のみの形式で、両側面に並ぶ縦長窓の型押しガラスからは、柔らかな陽射しが差し込む。
午後になると、聖壇上方の窓から自然光が入り、壁面の十字架が照らされる。
身廊の小屋組は、部分的になぐり仕上げされたキングトラスの形式をとり、要所には鍛鉄製飾り金物が取り付けられている。
 2階には、建物正面側には子供たちの日曜教室の部屋と礼拝堂を見下ろすバルコニーがある。2階から3階へと階段を登り、鐘楼に至る。そして、鐘が吊るされた4階には梯子を
登って上がる。鋳鉄製の鐘は、銘によると米国ペンシルベニア州レバノンで造られたものである。
 この建物は、比較的簡素な建築材料からなるが、かたちづくられた空開ばたいへん豊かである。外部は今までに何度か改修されているものの、堂内についてはほとんど当初からのままで継承されており、隅々まで日々の手入れがゆき届いている。
壁のペンキ塗が信者たち自身により行われるなど、自ら建物の維持管理に関わってきた。これからも年月を共にしてきた場所で礼拝を続けたく願い、次世代に健全な状態で建物を手渡せるよう、活動し始めている。
 市川教会は、定期的な音楽コンサートなどの開催を通じて、地域に聞かれた教会として知られている。(以上案内パンフより抜粋)

https://www.omi8.com/vories/



Dsc03382_1024

Dsc03377_1024
http://mosu3.blog.fc2.com/blog-entry-54.html



Dsc03384_1024


Dsc03387_1024


Dsc03385_1024

|

« 寒い朝 | トップページ | 庭の梅の花が咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒い朝 | トップページ | 庭の梅の花が咲く »