« 大高取山・桂木観音コースとゆず狩り | トップページ | 2018年の始めに »

2017年12月21日 (木)

東京駅丸の内広場を見る

Dsc03251_1024

12月7日に全面供用された、東京駅丸の内広場を見てきました。(写真上)
この写真は、丸ビル5階の展望デッキから撮ったものですが、実は中央広場の中心あたりで、何枚かの写真を撮ったのです。
駅舎に当たる光の陰影も良く、広場を歩く適度な数の歩行者、樹形の良いケヤキの列植、我ながら良い写真が撮れたと喜んでいたのです。それが、なんと帰宅後のカメラからすべて消えていたのです。中央広場から東京駅舎を狙ったものだけです。
勿論、自動保存ですから、この数枚の写真だけを撮影後の保存に失敗することはあり得ません。
このミステリー、どう考えたものか?駅舎設計者の辰野金吾先生に嫌われたか!

まあ、残念ながら写真の事は、謎のままとして、東京駅丸の内広場について。
上品な御影石貼りの歩行者通路の両側に、緑の芝生、そしてケヤキの列植と3灯式のポール照明だけの実にすっきりとした気持ちの良い広場が出来ました。中央広場を挟むように設けられた二つの交通広場の解放感と相まって、正面の壁のようなレンガ造の駅舎を引き立たせてくれます。
余計なものが無いシンプルな広場に立って、この赤煉瓦の東京駅に相対すると、よくぞこの建物を復元し残してくれたものと、関係者に感謝したい思いが湧くのです。

Dsc03254_320久々に娘と孫と待ち合わせして、丸ビル内のレストランでのランチの後、散歩がてら三菱一号館に向かうと、美術館前広場に球形を重ねた素敵なオブジェがありました。クリスマス装飾でしょう。

食後のコーヒーをと、美術館Cafe1894に着くと、ちょうど14時からのコーヒタイムになっていて、僕は初めてこの古い装飾の部屋を体験することが出来ました。
1894(明治27年)の三菱一号館竣工当時の銀行営業室を忠実に復元した空間で飲むコーヒーの味は、また格別でした。

Dsc03261_1024

|

« 大高取山・桂木観音コースとゆず狩り | トップページ | 2018年の始めに »

コメント

写真消失事件!!不思議ですね。データの管理がデジタル化する昨今ですが、こんなことがあると心配。私は今年も手帳は手書きのものを購入しました。
写真のカフェはよくドラマ撮影や貸切パーティ-にもつかわれていますね。隣接する美術館の企画内容とコラボしたランチやディナ-のメニュ-もあるようです。

投稿: 坊主の母 | 2017年12月30日 (土) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大高取山・桂木観音コースとゆず狩り | トップページ | 2018年の始めに »