« 川越「すぺいん亭」でパエリアのランチ | トップページ | 太極拳と中国語 »

2017年11月20日 (月)

深まる秋

Dsc03072_1024テレビに、北海道、東北など各地の雪の映像が流れています。
我家も、今朝7時の外気温は2度、真冬並みの気温でした。(写真左)
志木ニュータウン周りの紅葉も進んでいます。
公園で遊ぶ幼稚園児の周りは、枯葉を敷き詰めたようです。
木の下には、どんぐりがたくさん落ちています。子供たちはどんぐり拾いが大好きです。
以前、友人と二人で霧積温泉から晩秋の鼻曲山に登ったことがあります。
眼前に広がる浅間山の雄大な景色を眺めたかったのですが、山は深い霧に覆われていました。誰もいない樹林帯の登山道には、歩くとバリバリと音がするくらい、落ちたどんぐりが積もっていました。
秋から冬への今頃の時期、雪の来た山稜から、葉の落ちた樹林帯を歩いた、幾つもの下山の景色を思い出します。
雪化粧した八ヶ岳を縦走し、権現岳から、編笠山を巻いて小淵沢駅までの長い山麓歩き。林の中でリスを追い回していた今は亡き友の事を思い出します。
今日は、どんぐりの工作に使う、丸いどんぐりを探して、西原斜面林などを歩きました。小学校の道路脇に捨て去られた「小池百合子来る」立て看板に、後片付けも出来ない、惨敗した政党の秋色を見ました。
そして、こちらは見事な秋色、会津の「みしらず柿」を頂きました。
漢字で書くと「身不知柿」。渋柿の渋を抜いて食べる、とても美味な柿だそうで、僕は、名前を知ったのも、食べるのも初めてです。
Dsc03074_1024

Dsc03075_1024


Dsc03073_1024


Dsc03076_1024


Dsc03077_1024


Dsc03079_1024

|

« 川越「すぺいん亭」でパエリアのランチ | トップページ | 太極拳と中国語 »

コメント

美味しそうな柿ですね。渋はもう抜けたころでしょう。

投稿: 坊主の母 | 2017年11月23日 (木) 06時38分

>坊主の母さま
今朝、一個食べました。その食感の良さとジューシーなこと、さすがは献上品と感服しました。渋みは全くなく、これぞ、懐かしさをも感じる、柿の味だと思いました。差し上げられるものなら、一個お送りしたいところです。

投稿: Souroku | 2017年11月23日 (木) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川越「すぺいん亭」でパエリアのランチ | トップページ | 太極拳と中国語 »