« 逃げる場所が無ければ、動物園にいらっしゃい | トップページ | 東京都埋蔵文化財センターで敷石住居を見ました »

2017年9月13日 (水)

赤唐辛子の収穫

Dsc02686_1024
今年の春、苗を一本購入して、植木鉢で育てた、赤トウガラシがたくさんの実をつけました。
9月も半ば、実が赤くなってから、だいぶ経ちました。
果たしてこの時期で良いのか、迷いもあるのですが、思い切って収穫することにしました。
実は赤トウガラシの収穫、そして乾燥について、ネットで調べてみたのですが、実に様々な書き込みがあり、どれが正しいのか判断に迷いました。
市民農園を借りていた時期に、収穫後、カビを生やして捨てざるをえなかった経験があります。
その上今回は、赤くなった実の脇に、また新たな白い花が咲き、新しい実も付け始めてきたのです。これはいかん、ひとまず、赤く熟した実を採ろうと決めました。

枝ごと切って乾燥させるのが一般的のようですが、実の一つ一つを採って、乾燥させることにしました。
乾燥ネットに入れて、数日間乾燥し、それから冷凍保存をしてみようと考えています。なにしろ、植木鉢での栽培で、こんなに多量に収穫できるとは思っていなかったのです。「鷹の爪」として、とても使いきれない量なのです。Dsc02687_1024

|

« 逃げる場所が無ければ、動物園にいらっしゃい | トップページ | 東京都埋蔵文化財センターで敷石住居を見ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逃げる場所が無ければ、動物園にいらっしゃい | トップページ | 東京都埋蔵文化財センターで敷石住居を見ました »