« 白山へ---その2(下山) | トップページ | オーストラリアで沖縄駐留のオスプレイMV-22墜落 »

2017年8月 5日 (土)

埼玉4区 豊田真由子氏の議員辞職を求める市民集会へ

Dsc02606_3208月2日(水)
午後6時から1時間、東武東上線の志木駅南口前で、豊田真由子衆議院議員の議員辞職を求める市民集会が行われました。(写真左)
主催は、自公政権の暴走を防ぐべく、選挙で野党が共闘しようと立ち上げた「市民が野党をつなぐ埼玉4区の会」です。
自分の秘書への日頃の暴言、暴力が暴露され、「この、はげー」「違うだろー」で、一躍時の人に躍り出た、この自民党の女性議員は、恥ずかしながら我が志木市を含む、新座、朝霞、和光市の4区の選挙地区、埼玉4区(1人区)の選出議員なのです。
1時間の短い集会でしたが、駅前に約300名の市民が集まり、新座、朝霞、和光、志木4市の市民が、それぞれ3名づつ、3分間スピーチで、リレートークし、豊田真由子議員の辞職を求める日頃の思いを語りました。
僕もスピーチの機会を与えられて、次のような話をしました
3分間スピーチは、語数にして650語~800語程度でまとめなければなりません。前のスピーチとだぶれば、話を変えなくてはならないこともあり、難しくて苦手です。
僕は、豊田真由子氏がまったく議員活動もせず、精神不安定とかで入院しているとの情報だけが流され、本人から何の説明もないまま、高額の議員報酬を得ているのは、おかしいのではないか、早く辞職すべきとの話をまとめるつもりでした。
しかし、この日の午後、豊田真由子氏の女性議員秘書が、支持者へのお詫び行脚を始めているとの報道に驚き、急遽話を変えたので、あまりうまくまとまらないスピーチになってしまいました。

〇3分間リレースピーチ
今日の主人公、豊田真由子氏は、皆さんがお持ちのスマホやパソコンで読めるホームページを持っています。テレビで何度も暴言を聞かされた「凶暴議員」とは思えない、立派な政策や理念を滔々(とうとう)と語っているんです。
ところが、6月6日日付の志木市長選挙の応援の記事を最後に何も書かなくなりました。報道された秘書への暴言や暴力の事など知らんぷり、勿論雲隠れしたことも報告していません。まあ、自分で雲隠れしていますと言う人もいないでしょうが。
ですから、ホームページにあるように、まだ自民党国会議員であることを、隠していないんです。先ほどもお話があったように、今朝のTBSのテレビでも放送されたようですが、議員辞職する気などさらさら無い。新しく雇われた女性秘書が名刺を配ってお詫び行脚を始めたと、新聞やネットニュースでも報じられています。
議員を辞める気もないが、地元埼玉4区の有権者に、何の説明もしないで、ほとぼりの覚めるのを待つというのは、埼玉県の上田知事も、一昨日の定例記者会見で、それは卑怯だと語っていましたが、まさに「卑怯者」です。
本人の発表は無いのですが、自民党には離党届を出したと報道されています。出せと言われたのが正しいのでしょうが。
ところがどうやら、自民党はまだ受理していないようなんです。この辺が自民党の汚いところです。受理という言葉の曖昧さでもあります。
本当だろうかと、今日、ここに来る前に自民党のホームページで、衆議院議員名簿を見てみました。あるんです。ちゃんとタ行の議員名簿に写真入りで豊田真由子と。女性局次長、青年局次長の役職もそのままなんです。
今、精神不安定で入院中ですって!。自民党の議員さんは、何か不祥事があるとすぐに入院するくせがある。覚えていますか。去年の甘利明前経済再生担当大臣。
怪しい金のやり取りを突かれて、やばいと思ったら、睡眠障害で2か月入院。ほとぼりの覚めた頃、ああよく寝たという顔で、ケロッと国会に戻ってきた。
今回の内閣改造で、巻き返しをはかりたいだとか。とんでもないことです。
こちら埼玉4区の豊田真由子氏は、精神不安定で入院。精神不安定!よく言うよとあきれるばかりです。「このはげ」と聞かされる度に、こちらの方が情緒不安定になります。
皆さん、豊田真由子氏には、月給130万円と通信費など諸手当165万円。合わせて毎月300万円。それにボーナスが635万円。
年収4200万円。それだけではなく、3人の秘書の年間給料2500万円。合計6700万円が支払われています。(他にJR全線が無料、月に4往復分の航空運賃が無料)すべて私たちの税金からです。国政の任はそれほど重いともいえるのです。
辞めてもらいましょう。まったく議員活動していないのですから。ごめんなさいと名刺を配った歩く秘書さんの給料まで、支払いたくありません。
豊田真由子氏の座右の銘は「艱難(かんなん)汝を玉にす」だとか。「暴言汝を無職にす」と豊田真由子氏の議員辞職を、強く願うものであります。
                                 以上


スピーチした埼玉県上田知事の、定例記者会見での発言は、埼玉県ホームページの「知事の部屋」で発表されている公式議事録の引用です。
2017年8月1日 定例記者会見
 「産経」

衆院4区の豊田真由子議員の秘書が地元自治体や支援者らにお詫び行脚に回っているというお話がありまして、それから議員辞職しないんじゃないかというようなお話も出てるんですけど、そのあたりちょっと御所見どうでしょうか。

 「知事」
私は政治の信頼を取り戻すには御本人がお辞めになって、そして、あるいはお辞めになる前にきちっと姿を現して事の内容に関してつまびらかに発表されて、そして意見交換とかをされて、その上で国政の任に堪えられるというような判断をされれば、またそれもあるのかもしれませんが、表に出ることができないような状態でほとぼりが冷めたら出てこようかというのは卑怯ではないかと思います。

4市市民12人によるリレートークの後、集会アピールが拍手のうちに採択され、みんなで豊田真由子議員、辞職せよとコールして、1時間の集会を終わりました。

「集会アピール」

「私たちは、豊田真由子衆院議員の議員辞職を求めます」
埼玉4区選出の豊田真由子議員による秘書への暴言・暴行事件が6月に報道され、埼玉4区の有権者は怒っています。
明らかに議員として失格です。
事件後1か月以上も経過し、被害届が警察に受理されているにもかかわらず、入院を隠れ蓑にして、説明も謝罪もしていません。このまま議員の椅子にしがみ続け、議員歳費だけを受け取り続けることは許されません。
直ちに、国民に謝罪し、議員辞職することを求めます。
補欠選挙を実施して、埼玉4区の有権者の声を国政に届ける新しい衆院議員を選出すべきです。
また、総選挙で公認した自民党、推薦した公明党の責任も問われています。両党がそれぞれの責任で豊田真由子氏に議員辞職を求めるよう強く要望します。  以上


豊田真由子氏が9月までに議員辞職すれば、10月に補欠選挙が行われることになります。現在、この10月に予定されている青森4区、愛媛3区の二つの補選の結果が気になる自民党としては、負け戦必死の埼玉4区の補選は、絶対に避けたいところです。
離党届を受理?しても、離党させず、9月末まではそのまま、入院させておけとの党の方針なのでしょう。
一方豊田真由子議員は、宙ぶらりんの状態のまま、日に日に高まる地元有権者からの議員辞職を求める声にたまらず、もぞもぞと動き始めたというところだと思います。
毎年朝霞市で行われる「彩夏祭」には、必ず出てきて住民と交流していた豊田議員が、よさこいで盛り上がる今年の彩夏祭に出てくるだろうかと、マスコミも注目しているようです。

 

|

« 白山へ---その2(下山) | トップページ | オーストラリアで沖縄駐留のオスプレイMV-22墜落 »

コメント

ごもっとも! あんな税金泥棒を許しておくわけにはいきませんよね。。。

投稿: トックリヤシ | 2017年8月 6日 (日) 08時19分

>トックリヤシさま
自民党議員の推薦!で、新しい秘書が派遣されてくるとの情報もあり、もう、本当に嫌になります。この方の人間性に訴えても、まず、見込みは無いので、辞職を求める運動を切れ目なく続けていくしかなさそうです。国会議員とはおいしい職業なのですね。

投稿: Souroku | 2017年8月 9日 (水) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白山へ---その2(下山) | トップページ | オーストラリアで沖縄駐留のオスプレイMV-22墜落 »