« 白山へ | トップページ | 埼玉4区 豊田真由子氏の議員辞職を求める市民集会へ »

2017年8月 1日 (火)

白山へ---その2(下山)

 30分程過ごした白山主峰山頂に別れを告げ、登ってくる大勢の登山者とすれ違いながら、石畳、階段などで良く整備された登山道を、30分程で室堂へ戻りました。
室堂も登山者がいっぱいです。今日は7月15日(土)、そうです、金沢駅から別当出会間迄の登山バスが運行されたのです。
僕も午後15時30分の、別当出会発のバスに乗り金沢駅に戻らねばなりません。夜行高速バスが予約してあるのです。
時間は充分と思いながらも、もし足でも傷めたら、別当出会に宿泊施設は有りません。
頂上からの翠ヶ池巡りなども考えたのですが、下山を急ぐことにしました。好天に恵まれて、白山に登れたことだけでも感謝しなくては。
室堂発10時40分。
砂防新道と観光新道との分岐になる、黒ボコ岩を目指します。
すぐに室堂に至る最後の登り、五葉坂です。10分程でこれを下り、エコーラインとの分岐を左に見て、弥陀ヶ原になります。低木と高山植物が草原状に広がり、明るく開けた眺めの良い場所です。背後に水屋尻雪渓、その先に登ってきた白山主峰、御前峰がくっきりと見えます。雪渓横に、下ってきたきた登山道が、一本の線となって見えます。
都会に暮らすと、自分が歩いてきた道の軌跡を、振り返って見られることなど、まずないでしょう。それが山の稜線歩きでは、普通の事のように見えてしまいます。はるばる来たなと、感慨にふける道もあります。山登りの醍醐味の一つです。(写真下2枚)
Dsc02586_1024
Dsc02587_1024
弥陀ヶ原から黒ボコ岩までは、短い距離です。(写真左2、3枚目)
黒ボコ岩には、大勢の登山者が休んでいました。ここが、室堂からの二つの登山道、砂防新道と観光新道の合流地点なのです。
実は、室堂で再開したMさんから、観光新道を下ることを勧められていたのですが、霧が湧き、眺望も望めないと自分に言い訳して、急坂の少ない、楽な砂防新道を下ることにしました。少し疲れが出てきていました。
実は南竜山荘で朝起きたら、左手の薬指の第一関節から先が、だらりと下がったままでした。動かそうと思ってもまったく自分の意志では動きません。痛みなどはありません。なんだかよくわからない症状ですが、腱が切れたようです。そんなことも、弱気になる原因でした。
黒ボコ岩を過ぎたあたりでは、登山道脇に高山植物がたくさん見られました。
十二曲りの急坂も、下りは楽です。登ってく
Dsc02588_1024る大勢の登山者とのすれ違いで、何度も待たされます。
今日も暑く、登りは辛そうです。明日から海の日の連休になるので、小屋は超満員だと聞かされました。
大型のザックを背負った高校山岳部のグループが、喘ぎながら登ってきます。どこまで行くのか。今日の午後から天気は崩れる予報なので、かなり厳しい登山となるでしょう。30kgの荷を背負って縦走した若き日を思い出します。一緒に登った友の何人もが、もう会うことが出来ない世界にいます。
右手の稜線に、観光新道を歩く登山者の姿が小さく見えます。やはり、あちらの方が、眺望は良さそうだなと、ちらっと後悔もしました。観光新道という名とは裏腹に、実は1000年以上も続く越前禅定道の一部だと、ガイドブックに書かれていました。砂防新道は工事用の道路を利用した、谷筋の登山道なのです。
山腹を巻くようにつけられた登山道を下ります。高山植物がたくさん咲いています。(写真4枚目)
水場のある沢、雪渓の残る沢(写真5枚目)などを横切り、相変わらず大勢の登山者とすれ違いながら、狭い登山道を下ります。(写真6枚目)やがて見覚えのある南竜分岐です。昨日、雨の中、ここで砂防新道と分かれて右に折れて、南竜山荘を目指したので
Dsc02589_1024す。
ここから先は、昨日登ってきた道です。15分程で甚之助避難小屋に到着しました。室堂から1時間半ほどで下りましたので、疲れている割には、まあ順調なペースです。
広場のベンチで、しばらく休みました。甚之助避難小屋は、水場もトイレもあるきれいな小屋です。
ここからは、約1時間強の最後の下り、かなりの急坂もあります。中飯場(写真一番下)で小休止して、別当出会には、14時30分に到着しました。着替えたりして、時間を過ごし、15時30分の最終バスに乗り込みました。補助席を使うほどの混雑でしたが、ほとんどの乗客は、15分程の乗車で、駐車場のある市ノ瀬で降りてしまい、金沢駅までの乗車は僅か8人、そのうち4人は、米国人らしい若者たちでした。
2時間半の乗車で、午後6時、バスは観光客で賑わう金沢駅に到着しました。山行の汗を流すべく、電車で金沢駅の隣駅の東金沢駅まで行き、駅近くの日帰り温泉施設「和おんの湯」で露天風呂に浸かり、白山登山を無事終わらせることが出来ました。後は、市内に戻りゆっくり食事をして、夜行高速バスで新宿バスタに戻るだけです。

Dsc02590_1024_2

Dsc02594_1024_2

Dsc02596_1024_2

Dsc02598_1024_2

|

« 白山へ | トップページ | 埼玉4区 豊田真由子氏の議員辞職を求める市民集会へ »

コメント

すっかり自分も行ったような気分になりました。
実際に荷物を担いで歩いたわけではないので楽ちん山行、
最後に温泉で〆、最高ですね。。。

投稿: トックリヤシ | 2017年8月 2日 (水) 08時39分

>トックリヤシさま
お読みいただき、ありがとうございます。加賀の白山は、やはり名山、美しい山でした。また、行ってみたいと思わせる山です。思い出に残る良い山行が出来ました。

投稿: Souroku | 2017年8月 2日 (水) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白山へ | トップページ | 埼玉4区 豊田真由子氏の議員辞職を求める市民集会へ »