« 「一点の曇りもない」---この人たちには、使ってほしくない言葉 | トップページ | 僕の失敗----バスが出ない!白山登山計画 »

2017年7月 4日 (火)

憲法15条2項と53条

Dsc02454_1024稲田防衛相の都議選応援演説での発言。
自衛隊法61条、公職選挙法136条2、そして憲法15条2項のトリプル違反とされています。とてもじゃないが、言い訳不可能で、絶体絶命です。
〇憲法15条2項
「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」

安倍首相も、パラパラとページをめくって、「これわかりやすいね」と言ったという伝説がある本「日本国憲法を口語訳してみたら」で読むと
〇憲法15条2項
「公務員って、みんなのために仕事するんであって、一部のひとのためにしごとしちゃだめだよ。」
安倍首相はともかく、稲田防衛相は、自衛隊法、公務員法、公職選挙法などの理解が出来ていないとしても、いくらなんでも憲法15条2項は、おそらくご存じだったはず。
ただ、
自衛隊員が公務員である基本的なことが、残念ながら指摘されるまでわかっていなかった。
野党は先ずは、わかり易い公職選挙法違反で、罷免要求するのがよいだろう。

もう一つ、憲法のことだが、野党の臨時国会召集に応じない安倍自公政権。
〇憲法53条
「内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。
いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。」


これも
「日本国憲法を口語訳してみたら」
〇憲法53条
「内閣は通常国会で話し合いが終わらなかったら、臨時国会っていうのを開けるんだ。どっちかの議会に在籍している議員の4分の1以上が臨時国会やれっていったら、みんな集めて議会を開らかなきゃだめだよ。」

〇安倍政権の臨時国会召集を突っぱねる言い訳は、「いつまでに開かなくちゃいけないという期日の決まりがないから、しらないよ。」

でも、なんと自民党改憲草案では、「臨時国会の召集要求権を少数者の権利として定めた以上、きちんと召集されるのは当然である」なんて、突っ込みどころ満載の、悪名高き草案にしては、至極まっとうな改憲案を出しているよ。
〇自民党改憲草案53条
「内閣は通常国会で話し合いが終わらなかったら、臨時国会っていうのを開けるんだ。どっちかの議会に在籍している議員の4分の1以上が臨時国会やれっていったら、その日から20日以内にみんな集めて議会を開らかなきゃだめだよ。」

ねっ、ちゃんと20日以内とかいてあるよ。現行憲法で決められていないからなんて言わないで、この精神でちゃんと開こうよ。自民党改憲草案で、良いところはここだけなんだから。
なにか!、自民党が野党時代に作った草案なんで、筆が滑ったんだなんて言わないだろうね。えっ、もう改憲草案から期日のところを削除しちゃったて!。
こずるいぞ!
隠す、嘘つく、しらばくれる。裸の王様を持ち上げて、こんな事ばかりやっていると必ず報いが来るよ。

<参考>
公職選挙法136条2
(公務員等の地位利用による選挙運動の禁止)
第百三十六条の二
次の各号のいずれかに該当する者は、その地位を利用して選挙運動をすることができない。
一 国若しくは地方公共団体の公務員又は特定独立行政法人若しくは特定地方独立行政法人の役員若しくは職員
二 沖縄振興開発金融公庫の役員又は職員(以下「公庫の役職員」という。)

2 前項各号に掲げる者が公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)を推薦し、支持し、若しくはこれに反対する目的をもつてする次の各号に掲げる行為又は公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)である同項各号に掲げる者が公職の候補者として推薦され、若しくは支持される目的をもつてする次の各号に掲げる行為は、同項に規定する禁止行為に該当するものとみなす。
一 その地位を利用して、公職の候補者の推薦に関与し、若しくは関与することを援助し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。
二 その地位を利用して、投票の周旋勧誘、演説会の開催その他の選挙運動の企画に関与し、その企画の実施について指示し、若しくは指導し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。
三 その地位を利用して、第百九十九条の五第一項に規定する後援団体を結成し、その結成の準備に関与し、同項に規定する後援団体の構成員となることを勧誘し、若しくはこれらの行為を援助し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。
四 その地位を利用して、新聞その他の刊行物を発行し、文書図画を掲示し、若しくは頒布し、若しくはこれらの行為を援助し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。
五 公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)を推薦し、支持し、若しくはこれに反対することを申しいで、又は約束した者に対し、その代償として、その職務の執行に当たり、当該申しいで、又は約束した者に係る利益を供与し、又は供与することを約束すること。

|

« 「一点の曇りもない」---この人たちには、使ってほしくない言葉 | トップページ | 僕の失敗----バスが出ない!白山登山計画 »

コメント

まあ、嘘誤魔化しが常態化してしまった政権ですからね、
この期に及んでも、なんとか逃げ切るる方法が無いか思案中なのでしょう。
一刻も早く退陣してもらいたいものです。

投稿: トックリヤシ | 2017年7月 4日 (火) 08時55分

>トックリヤシさま
そう思います。そんな言い訳、だれが聞いたって、おかしすぎるだろうと思えることを、党の重鎮と思われる方が、平気で発言します。「政治家偏差値」という物差しを作ってみたいなと思っています。

投稿: Souroku | 2017年7月 4日 (火) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「一点の曇りもない」---この人たちには、使ってほしくない言葉 | トップページ | 僕の失敗----バスが出ない!白山登山計画 »