« 6月10日(土)14:00~15:30 国会議事堂前に集まろう | トップページ | 食い下がる東京新聞女性記者、逃げる菅官房長官 »

2017年6月13日 (火)

6.10国会大包囲

Dsc02424_1024

「6.10国会大包囲行動」に参加しました。
「止めよう!辺野古埋立て」「共謀罪法案は廃案に!」と1万8千人が国会を取り囲んだこの日の大集会も、翌11日の渋谷に4千人が集合した「6.11共謀罪に反対する緊急渋谷街宣」も、報道されることは少ないのが現実です。

国会大包囲行動は、A,B,C,Dと別れた4つのエリアごとにプログラムが進行され、僕たちはA:国会正面前エリアに参加しました。
戦後最悪内閣、安倍政権になってから、やたらとここに来ることが増えてしまった地下鉄永田町駅で下車して2番出口から、国会図書館前を通り、憲政記念館前に行くのが、いつものパターンです。
途中、通り抜けるD:エリアの国会図書館前には、もう多くの参加者が詰めかけて、なかなか進めない状態の場所もあります。
Aエリアに入り、埼玉4区の会ののぼりを掲げて、憲政記念館のトイレ横に陣取り、14時から始まった1時間半の集会中、プラカードを手に、参加者をかき分けるようにあちこち動きまわりました。

主催者団体挨拶に続いて、各自プラカードを掲げて、統一コールから始まり、辺野古基地建設反対、共謀罪法案についてのスピーチなどが続きました。
名護市辺野古でも東京での集会を受け新基地建設に反対する連帯集会が開かれた報告の後、登壇したオール沖縄会議共同代表の稲嶺進名護市長の挨拶、そしてヘリ基地反対協の安次富浩共同代表、辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会の湯浅一郎顧問や沖縄県選出国会議員たちの、辺野古基地反対の叫びが特に胸に響きました。
沖縄基地問題と共謀罪の根は同じ、沖縄の闘いではなく、全国の闘いであることを再確認した集会でした。
Dsc02422_1024

Dsc02415_1024


Dsc02409_320

|

« 6月10日(土)14:00~15:30 国会議事堂前に集まろう | トップページ | 食い下がる東京新聞女性記者、逃げる菅官房長官 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月10日(土)14:00~15:30 国会議事堂前に集まろう | トップページ | 食い下がる東京新聞女性記者、逃げる菅官房長官 »