« 6月4日オール埼玉総行動に参加しました | トップページ | 6月10日(土)14:00~15:30 国会議事堂前に集まろう »

2017年6月 7日 (水)

ツタンカーメンのエンドウ豆---伸びる、伸びる

Dsc02376_1024

知人に貰ったまま、数年間机の引出しの片隅に忘れていたツタンカーメンの赤エンドウの種がありました。発掘時の種子、直系の由緒正しき種だそうですが?
昨年、時期も考えずに蒔いたところ、何とか実がなり、数粒の種が取れたのです。
今年、その数粒の種を蒔き、それが大きく育っていることは、以前書きました。
ツタンカーメンのエンドウ豆はそう、珍しいものではなく、ネットでも種は普通に売られています。
この数粒の種にこだわっているのは、しまい忘れて、干からびてしまった種から、ちゃんと発芽して、花を咲かせ、実を付けたことがうれしかったのです。
ツタンカーメンの墓から、発掘時に発見されたとされる種子が、3000年の時を経てまた、地上に実を付けたというおとぎ話のような話をそのまま信じるわけではありませんが、その夢に憧れる気持ちはあるのです。
なんとかこのがんばった種子の子孫を残してやりたい、それと、エンドウ豆の小さな花の淡いピンクと赤色がきれいだったので、また見たいものだ。そんな気持ちで、今年はこまめに面倒をみて育てました。
今、背丈が1,8mほどに伸びた、3本のエンドウ豆に花が咲き、実がいくつも実っています。
こんなに、大きくなるとは思っていなかったので、支柱を上に2本も継ぎ足しました。
それでも足りないと、そばのキンカンの枝に絡みついて伸びています。いったいどこまで伸びるのでしょうか。ジャックと豆の木みたいです。そして、収穫はいつ頃?。
市民農園での野菜作りから離れて数年、久しぶりに収穫?の楽しさを味わっています。そうそう、実は今年はプランターで、ナス、ピーマン、赤唐辛子をそれぞれ1本ずつ育てているのです。もう、ナスの一番果とピーマン2個を収穫しました。かって、このブログをにぎわした作男復活です。女農園主さまはどうしたって?。この話、また書きます。
Dsc02400_1024_2

Dsc02405_1024

|

« 6月4日オール埼玉総行動に参加しました | トップページ | 6月10日(土)14:00~15:30 国会議事堂前に集まろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月4日オール埼玉総行動に参加しました | トップページ | 6月10日(土)14:00~15:30 国会議事堂前に集まろう »