« 今年もツタンカーメンのエンドウ豆 | トップページ | ミサイルが飛んでくる! »

2017年5月 1日 (月)

著名な登山家 ウーリー・ステックさん遭難死

アンナプルナ(8091m)南壁単独登攀、エベレスト無酸素登頂など、ヒマラヤでの活躍や、ヨーロッパアルプス三大北壁最短時間登攀記録で有名なスイスの登山家ウーリー・ステック(Ueli Steck)さん(下写真、ウイキペディアより)が4月30日に遭難死したと伝えられました。40歳でした。
多くの高名な登山家たちが、卓越した登攀技術を持ちながらも、山での死を避けられなかったように、また一人の超人登山家が命を落としてしまいました。
今後の活躍が期待されていた第一級の世界的登山家の死に、驚くとともにやりきれない気持ちになります。

330pxueli_steck

エベレスト西稜からのルートで頂上に到り、そこからローツェへの8000m峯縦走計画中に、高度順応の為、単独でヌプツェ(7861m)に登攀中、約1300m滑落し死亡、遺体は収容されてヘリコプターで麓の病院に運ばれたと報道されています。

ヘリコプターから搬送される写真も発表されました。(写真下)
ヒマラヤの高峰での遭難でありながら、遺体が家族のもとに戻ったことだけでも救われます。
この登山家の名を広く知らしめたのは、2008年 アイガー北壁(ヘックマイヤールート)を単独で、それもフリーで登攀し 最速登頂記録2時間47分33秒を達成した際のユーチューブ映像によるところが大きいと思います。
_95847884_039244755



https://www.youtube.com/embed/OVkuPg3BSh4?ecver=2    (アイガー北壁フリー単独登攀)
その後、2011年に登山家ダニー・アーノルド(Dani Arnold)(当時27歳)に、この最速登攀時間が破られたことにより、2015年 再びアイガー北壁に挑み 最速登頂記録を6分短縮し、2時間22分50秒に更新しました。
アイガー北壁初登攀者の一人であるハインリッヒ・ハラーの著作で、1960年に横川文雄訳で発刊された、アイガー北壁登攀史の名著「白い蜘蛛」を読みふけり、その後の登山活動に大きな影響を受けた年代の僕にとっては、岩壁滞在2時間強という人間業とは思えない登攀に驚きよりも、畏敬の念を感じる登山家でした。
ただ、ユーチューブでのアイガー北壁登攀映像を見て、こんな登攀を繰り返していたら、どんなに卓越した技術の持ち主であっても、いつかその死は避けられないことになると危惧したのです。それが現実になってしまいました。とても残念です。

http://www.uelisteck.ch/en/item/66-everest-lhotse.html

117364web

|

« 今年もツタンカーメンのエンドウ豆 | トップページ | ミサイルが飛んでくる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年もツタンカーメンのエンドウ豆 | トップページ | ミサイルが飛んでくる! »