« 破風山に登りました | トップページ | ヒトツバタゴの花(ナンジャモンジャの木) »

2017年5月15日 (月)

破風山で見つけた古い案内標識

Dsc02180_1024

破風山の登山道で見つけた、朽ちかけた古い案内標識です。
一片には「上野村・小海町」、もう一つには「二瀬ダム・雁坂峠・甲府」と書かれています。椋神社を過ぎ、舗装道路と別れて山道に入り、20分ほど登った登山道左側に寂しげに立っていました。
現在の登山道とは、指す方向が違っているし、標識の先に杣道、廃道の跡もありません。
「二瀬ダム・雁坂峠・甲府」 秩父から甲州に抜けるかっての秩父往還の道です。こんなところに秩父湖に到る分岐があったのだろうか。
奥秩父縦走路と秩父往還が交わる雁坂峠、標高は2,082mもあります。針の木峠(北アルプス)三伏峠(南アルプス)と共に、日本三大峠と呼ばれます。
雁坂峠と書かれた三文字に秋の峠道を懐かしく思い出します。
「上野村・小海町」佐久に抜ける道です。志賀坂峠を越えて上野村に入ったのだろうか。その先、小海へはブドウ峠か十国峠越えか、この道を行った旅人に思いを馳せます。秩父事件にも深く関係する場所です。

|

« 破風山に登りました | トップページ | ヒトツバタゴの花(ナンジャモンジャの木) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 破風山に登りました | トップページ | ヒトツバタゴの花(ナンジャモンジャの木) »