« 国立金海博物館で見た子供たち | トップページ | 6月4日オール埼玉総行動に参加しました »

2017年5月31日 (水)

厳島神社の大鳥居

Dsc02306_1024

Dsc02332_1024


2泊3日で広島・宮島へ旅行しました。僕は国内で行ったことのない地方も多く、ここも訪れるのは初めなのです。
前日、広島で一泊し、翌日訪れた宮島厳島神社では、鳥居が水中に立つ午前中の満潮時と、弥山から降りてきて、鳥居に触れることが出来た午後の干潮時、そして夜の船上からと、三様の景色を見ることが出来ました。

Dsc02344_1024_2


水中に立つ大鳥居は、想像していたより小さく感じましたが、砂浜を歩いて鳥居の下に立つと、さすがに高さ、16.6mを実感する大きさでした。
この大鳥居は、仁安3年(1168)、平清盛によって建立されて以来、傷みにより何度か建て替えられています。現在の鳥居は、8代目。明治8年(1875)の再建です。
2本の柱は、樹齢500年以上のクスノキで、昭和25年(1950)に、両方とも海中に沈む痛んだ部分を取り換える根継ぎをしています。
木造の大型建造物の柱や梁などに使用される木材には、それに見合う巨木が必要で、その入手は昔から困難だったのです。
世界最大の木造建築である東大寺大仏殿も、鎌倉時代の再建時に、殊に巨木を求めて全国を探し歩かねばならなかったと記録されています。
再建の指揮をとった僧、重源が大仏様という新しい工法を選び、構造を簡素化したことも、構造材調達の難しさと関連づけられると考えます。
大鳥居の明治8年の建て替えの際も、巨木探しに20年もかかったと伝わっていますので、今後この大鳥居を再建するための巨木を見つけることは、かなり難しく、ことによると、集成材柱ということもあり得ない話ではないと思います。

|

« 国立金海博物館で見た子供たち | トップページ | 6月4日オール埼玉総行動に参加しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国立金海博物館で見た子供たち | トップページ | 6月4日オール埼玉総行動に参加しました »