« 破風山で見つけた古い案内標識 | トップページ | 国立金海博物館で見た子供たち »

2017年5月16日 (火)

ヒトツバタゴの花(ナンジャモンジャの木)

Dsc02210_1024

Dsc02211_1024

当ブログを、志木ニュータウン「ヒトツバタゴ」で検索されて見ていただく方が多いようです。
2015年4月29日に、ナンジャモンジャの花として、紹介した記事を書いたからでしょう。
埼玉県では珍しい部類に入るこのヒトツバタゴですが、ニュータウン内ではなく、南側外周にある西原ふれあい第三公園の入口近く、大塚交差点内にあります。ニュータウンから志木駅に向かう方向です。

この写真を撮ったのは5月7日、西原斜面林の手入れ作業に参加したときのことです。
今年も、樹形いっぱいに見事な花を咲かせていました。花の一つ一つは、とても小さいのですが、遠目には白い山桜のようにも見えます。
さて、それでは今日はどうだろう。
ブログに載せる以上、花の状況を知らねばなりません。
夕方、急遽、見に行きました。我家から歩いて10分ほどの距離です。
残念、花は全て散っていました。花がなくなると、この木何の木かわからなくなります。
まさにナンジャモンジャです。

|

« 破風山で見つけた古い案内標識 | トップページ | 国立金海博物館で見た子供たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 破風山で見つけた古い案内標識 | トップページ | 国立金海博物館で見た子供たち »