« 著名な登山家 ウーリー・ステックさん遭難死 | トップページ | 破風山に登りました »

2017年5月10日 (水)

ミサイルが飛んでくる!

Img_20170505_0002_2


我家に廻ってきた町内会回覧板に「弾道ミサイル落下時の行動について」と書かれたチラシが添付されていました。(上)
他の市区町村でも同じお知らせが各戸に回覧されたのだろうか。
市役所の防災危機管理課が、このチラシを志木市内各戸に回覧させたのは、いったいどこからの指示だったのだろう。
 身の危険を感じた福島第一原発事故の際も、こういった緊急連絡は無かったし、第一、緊急防災無線でミサイル飛来の情報を流されても、対処できる訓練などしたことがない。どんな音のサイレンがなるのだろう。
大体Jアラートは不備だらけで、ミサイル発射時に確実に鳴るかは疑問だし、ミサイル到達予定時刻後にサイレンが鳴ることもあるらしい。
「地面に伏せ、頭部を守れ」だと!今回は電車も止めた!。なにか違うんじゃないかと思いました。
都市に対するミサイル飛来の総合的な対策、対応がまったくなされないまま、こんな危機意識を持たせようとする回覧板が回されても、唖然とするばかりです。

志木市に隣接して、自衛隊朝霞駐屯地航空自衛隊入間基地がある。米軍横田基地でさえ、25km程しか離れていない。

ミサイルの攻撃目標が在日米軍基地と自衛隊基地の可能性が高い以上、東武東上線を止めるほどの緊急性があるなら、両基地の所在地である、朝霞市、和光市、新座市の小中学校の朝の登校時の連絡対処などは行われたのか。
新幹線、電車、地下鉄を止めるなら、稼働中の原発を止めるほうが先ではないだろうか。

|

« 著名な登山家 ウーリー・ステックさん遭難死 | トップページ | 破風山に登りました »

コメント

私も唖然としました。
このような文書を作成するように埼玉県、あるいは国から指示があったのか、それとも市独自の判断なのか知りたいところです(なんとなく後者のような気がしています)。
現在の志木市政は、市民の誰もがほとんど関心がない分、監視の目がまったく行き届いておらずに心配です。
5月の広報は桜が表紙でしたが、これをやるなら4月。その場合の写真は前年以前のものを使用するのが常識だと思ったりしました。

投稿: kappaman | 2017年5月11日 (木) 04時26分

恐らく・・・
政府は原発が狙われるなんで想定外?
あるかもしれないけど、そんなこと考えたくないのでしょうね~。
狙う方にしてみれば、ミサイルに核弾頭を搭載する必要が無いわけだから・・・。

投稿: トックリヤシ | 2017年5月11日 (木) 09時00分

>kappaman さま
ミサイル文書作成、その回覧は志木市の判断とはとても思えないのです。志木市政への無関心、私もまったく同感です。

投稿: Souroku | 2017年5月13日 (土) 10時19分

>トックリヤシさま
北朝鮮のミサイルには、原発を直撃する精度は無いと言う見解で逃げたい政府、しかし皇居、国会を守るために市ヶ谷にパック3の配備をするちぐはぐ感。全国6か所の高射群(高射砲部隊)への配備完了と広報されても、国内の何をどう守るのか、シェルターはどこなのかなどの説明が無いまま、逃げ方だけを言われても戸惑います。
今回、危機意識の無い韓国などと報道されていますが、地下鉄入口にはシェルター表示、通路壁面にはすぐ使用できるよう防毒マスクが格納されていました。

投稿: Souroku | 2017年5月13日 (土) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 著名な登山家 ウーリー・ステックさん遭難死 | トップページ | 破風山に登りました »