« オスプレィMV22事故率増加 | トップページ | 今年もツタンカーメンのエンドウ豆 »

2017年4月25日 (火)

第一空母打撃群に核攻撃の可能性

1280pxus_navy_010730n6234s004_uss_c
(写真上、米軍第一空母打撃群 原子力空母 カール・ビンソン)(写真は全てウイキペディアより)
Ussvinsonwjapaneseships_2

政権内からは北朝鮮から、今にも弾道ミサイルが飛来するような、発言があいついでいる。
今日の東京新聞朝刊、「ニュースの追跡」では、内閣官房の永井達也危機管理審議官が4月21日、全都道府県の危機管理担当官を集めた説明会でこう訴えたと書いている。
「住民の身を守る方法について、周知をお願いしたい」
この、「住民を守る方法とは、内閣官房が同日公表した「弾道ミサイル落下時の行動について」と題するマニュアルの事だ。
屋外にいた場合は、「近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する」
「物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る」
屋内にいる人への注意に続いて、こうも書かれている。近くにミサイルが落下したときは、「口と鼻をハンカチで覆い、風上に避難すること」

太平洋戦争中の話かと思えば、北朝鮮からのミサイル落下の恐れを政府が緊急発進した際、どのような行動をとるべきかの話である。

おかしな話である。今までは、北朝鮮のミサイル発射準備に対して、迎撃態勢を広報し、防衛省敷地にパック3を配備する映像などをテレビから流していたくせに、今回、在日米軍基地に対して、本当にミサイルが着弾する恐れが高まると、迎撃態勢などについては、触れなくなってしまった。
即ち、今までは危機意識をあおるセレモニーだったのだ。
米軍の攻撃に対し、日本で先ず狙われるのは、北朝鮮も発表してしているように、日本国内の米軍基地とその周辺である。日本の都市が狙われることは考え難い。
米朝戦争の状況によるが次の目標は原発かもしれない。
米軍基地はともかく、原発に対する防御態勢がどのようになされているか、知らされたことはない。
在日米軍基地周辺と原発周辺の住民、そして大都市での具体的な避難準備が無いまま、「物陰に身を隠す」マニュアルなど笑止である。過剰な危機意識を煽るのは、国民を不安に陥れる。それを利用して、政権の強さをアピールするなど、時代錯誤も甚だしい愚行である。

僕はこう考察している。
挑発行動を繰りかえしているが、北朝鮮が公表しているように、危険な威嚇が無い限り北朝鮮からの先制攻撃は無い。
突然、日本の都市にミサイルが飛んでくることはない。
最近の米韓の軍事訓練、原子力空母カール・ビンソンの映像、そして伴走する護衛艦などを見ると、挑発、威嚇が双方のような気もする。
今日(軍創設85周年記念日)を含めて近日中に北朝鮮が核実験、長距離弾道ミサイル発射実験を行った時、米軍が核関連施設、固定式ミサイル発射施設などに対してピンポイントの攻撃を行うだろうか。これも99パーセント無いと思う。

ただし、万が一として危惧していることがある。
もしも、米軍が上記の北朝鮮軍事施設に対して、限定的範囲のミサイル攻撃を行った場合の事である。
北朝鮮は国営テレビが流す火器一斉射撃などの映像、音声に見られるような都市攻撃などの全面戦争になる反撃はしないとみる。
北朝鮮は先ず、攻撃した米軍第一空母打撃群に対してのみ、核爆弾を使った何らかの攻撃をするとみる。
攻撃に対する防御体制は完璧、最強と言われる艦隊に対して、どんな方法で核攻撃するのかは読めない。
ただし艦隊が日本海に入り、北朝鮮に近づくほど、危険は増す。
もし核攻撃から100パーセント防御できないとしたら、世界で使用される3発目の原爆は原子力空母を含む艦隊の頭上、あるいは近辺海域で炸裂する。
地対艦ミサイルでは、防御されてしまう可能性が高いので、偽装船舶などの自爆的水上攻撃、あるいはこれまた自爆水中攻撃などが考えられる。
北朝鮮の反撃は、予想に反して無差別都市攻撃などではなく、攻撃してきた艦隊にのみ行われたとする。
この場合、空母カールビンソンを含む第一空母打撃群艦隊が消滅したと知ったら、米国はどんな戦争に持ち込むことになるのだろうか。まったく読めない。

北朝鮮近海に向かっていると伝えられる米軍第一空母打撃群は、ミニッツ級の原子力空母カール・ビンソン Carl Vinson(CVN-70)タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦1隻 lake champlain(CG57、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦2隻 Wayne E, Meyer(DDG-108)、Michael Murphy(DDG-112)それに艦名は不詳だがサプライ級補給艦(戦闘支援艦)1隻、原子力潜水艦1隻 Columbus(SSN-762)で構成されている。補給艦に関しては、USNS Rainier(T-AOE-7)或いはUSNS Arctic(T-AOE-8)かも知れない。他に艦隊写真には2隻ほどの小艦艇が映っている。
別の最大級のオハイオ級原潜1隻 Michigan(SSBN-727/SSGN-727)も釜山港に寄港しているので同行したと見られる
西太平洋で合流した海上自衛隊の護衛艦2隻(さみだれ、あしがら)は、日本海まで同行するようだが、なるべく早いうちに離れ、別行動をとったほうが危険は少ない。
自衛隊が米軍と共同で行動している限り、今のままだと、日本は否が応でも戦争に巻き込まれる。
巻き込まれると言うより、最近の状況を見ると、望んで指揮下に入り戦争に参加しようとしているようにしか思えない。(写真一番下、上2枚目も同写真)

 何故こんな状況が生まれているのか、安保関連法に基づく「平時の米艦防護」即ち、安保法で施行で可能となった、日本周辺で弾道ミサイル発射警戒や日米共同訓練を行う米艦が突発的な攻撃や妨害を受けた際、自衛隊が武器を使って反撃する任務によるものである。
こんな事、国民がどれほど理解しているだろうか。避難する日本人を載せた米艦を守るような絵ばかり見せられたような気がする。
安倍政権の常套句、「国民にわかり易く説明」がいかにまやかしか、今後安保関連法の説明された以上の解釈がどれほど行われるのだろう。
ソマリア沖海賊対処法による護衛艦並びに対潜水艦哨戒機派遣と、ジブチ基地建設が、いかに拡大解釈されていったか、国民の殆んどは知らされていない。
今や日本の戦略的海外基地と説明されるようになったジブチ基地も、最初は、海賊対処に当たる航空機を雨露から守り、海上勤務に疲れた自衛隊員にせめて温かい食事を提供する場所だと解説されていた。恐るべし。

写真下、上から
巡洋艦lake champlain(CG57)
駆逐艦Michael Murphy(DDG-112)
駆逐艦Wayne E, Meyer(DDG-108)


海上自衛隊護衛艦あしがら(DDG-178)
海上自衛隊護衛艦さみだれ(DD-106)
原子力空母カール・ビンソンと並行する「あしがら」(前方)「さみだれ」(後方)

1280pxuss_lake_champlain_cg57


Michael_marpyyddg112

Wayne_e__meyer_ddg_108

1920pxjs_ashigara_ddg178_at_naval_s

1280pxjds_samidare_dd106

Ussvinsonwjapaneseships

|

« オスプレィMV22事故率増加 | トップページ | 今年もツタンカーメンのエンドウ豆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オスプレィMV22事故率増加 | トップページ | 今年もツタンカーメンのエンドウ豆 »