« 共謀罪からテロ等準備罪へ---治安維持法と俳壇 | トップページ | 原発ゼロの未来へ 3.4全国大集会に参加しました »

2017年3月 2日 (木)

武蔵丘陵森林公園の梅が見事です

Dsc01806_1024

昨日(3月1日)は「国営武蔵丘陵森林公園」の梅の花を見に行きました。(写真はクリックすると拡大します)
 毎年、訪ねていますが梅の花を見るなら、ここ森林公園が最高の場所だろうと思います。
 熱海、湯河原、越生、京王百草園、水戸偕楽園、湯島天満宮などの有名観光梅園と違い、平日であれば観光客も少なく静かでゆったりと梅の花が観賞できます。
 歩くごとに視点の変わる丘陵の緩やかな勾配と、梅の木のほどよい間隔がとても良く、その中に品種の多さでは日本有数といわれる120種600本の梅があります。
 土日祝日には東武東上線の森林公園駅前から、梅林に一番近い森林公園南口行きのバスが運行されています。約10分弱の乗車です。
 平日であれば、立正大学行きに乗り、滑川中学校で下車すれば徒歩5分で公園南口入口です。
歩いても駅前から歩行者専用の緑道があり、約3kmを40分ほどで到着しますので、これもお勧めです。
昨日は、時々薄日も漏れる天気でしたが、きれいに咲きそろっている梅の花の下には福寿草もきれいに咲いていました。

Dsc01779_1024

Dsc01781_1024














Dsc01788_1024














Dsc01798_1024

Dsc01801_1024

Dsc01811_1024














Dsc01812_1024














Dsc01823_1024

Dsc01791_1024

梅の枝に止まるルリビタキジョウビタキ(メス)と思われる小鳥を見つけました。(写真一番下)

|

« 共謀罪からテロ等準備罪へ---治安維持法と俳壇 | トップページ | 原発ゼロの未来へ 3.4全国大集会に参加しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 共謀罪からテロ等準備罪へ---治安維持法と俳壇 | トップページ | 原発ゼロの未来へ 3.4全国大集会に参加しました »