« 再び裏磐梯イエローフォールへ | トップページ | 2017年 柳瀬川の桜開花状況その1---開花しました! »

2017年3月21日 (火)

嗚呼、石原慎太郎

百条委員会での石原慎太郎元都知事の映像を見た。卑怯であり、老残である。
「果し合いに出かける侍の気分」
「座して死を待つつもりは無い」
「天気晴朗なれど波高し」

記者団を前にして、そんな言葉が最も似合わない男が、戦いの前の潔さを語る虚しさ。老いてなお、虚栄を張らざるを得ない小心な政治家の姿を見る。
2009年1月に廃刊となった「月間現代最終号」に、佐野眞一氏が、老いた偶像の末路として石原慎太郎「落葉の季節」書いている。
その文を、今、改めて読み返している。

<慎太郎は帝都の絶対君主のように我儘放題にふるまっている。
しかし、大物感はまったくなく、父・潔と弟・裕次郎の豪気さを却って浮き彫りにさせている。
慎太郎の悲劇は、それが内面のコンプレックスと焦燥感をなお募らせ、苦境に陥ると、相変わらず目をしばたかせていることである。
「太陽の季節」で華々しくデビューを飾った男は、退場の花道さえ失い、自分で自分に落とし前もつけられないまま、強弁だけを残し、無残な「落葉の季節」に入ろうとしている。>

落葉の季節を終えた8年後、倒木となって尚、保身に走り、強がりを隠さない男に、「君ら教養が無いから分らないだろう」と云われたとあれば、僕はあなたに顔も心も似た東郷平八郎ならぬ、二人の男の姿を教えよう。
旧日本軍の富永恭爾中将。「諸君の後に私も続く」と勇ましく軍刀を振りかざして、陸軍航空隊の特高機を送り出しながら、真っ先に戦線離脱して逃亡罪まで疑われた、小心の軍人。写真で見る、病気だと、わざとらしく首に巻いた包帯に、石原氏の首の湿布を連想する。
○薬害エイズ裁判の帝京大学A教授。謝罪、反省の二文字を嫌うこの人もまた、老残の身をさらしながら、病に逃げ込み、最後まで自己保身にだけ強弁した男。

|

« 再び裏磐梯イエローフォールへ | トップページ | 2017年 柳瀬川の桜開花状況その1---開花しました! »

コメント

脳梗塞患ってひらがなが読めない・・・? これも詭弁?
そのくせ、他人を卑下する言葉はベラベラとよく喋りましたね~。

投稿: トックリヤシ | 2017年3月22日 (水) 08時33分

>トックリヤシさま
 まったくです。政府と密談の為、車椅子で上京し、知事任期4日前に、突然元気になって辺野古の埋め立て承認をして逃げ去った仲井眞弘多沖縄県知事もまた、同じ風貌を見せていました。あまりにも誠実さの無い、政治家が多すぎます。

投稿: Souroku | 2017年3月23日 (木) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再び裏磐梯イエローフォールへ | トップページ | 2017年 柳瀬川の桜開花状況その1---開花しました! »