« もう、2月も半ばを過ぎて---あれこれ | トップページ | 武蔵丘陵森林公園の梅が見事です »

2017年2月22日 (水)

共謀罪からテロ等準備罪へ---治安維持法と俳壇

「平和安全法制」、そして「特定機密保護法」、成立を急ぐ「テロ等準備罪」で安倍政権の願った三部作の完成間近です。
名と実が伴わない不可解な名がつけられた平和安全法制。運用が危惧される特定機密保護法。治安維持法が共謀罪、そして拡大解釈必至のテロ等準備罪に名が変わり、オリンピック開催の必須要件と説明されると国民の44パーセントが賛成(朝日新聞)する摩訶不思議。
共謀罪は、どんな罪にでも拡大解釈するように巧妙に作られる。それでなくては、安倍政権は作る意味がないと思っているからだ。

昨年12月2日の東京新聞夕刊に掲載された、弾圧受けた若手俳人の句集「日本レジスタンス俳句撰」の切り抜きを改めて読んでいます。(写真下クリックすると拡大されます
Fe22001_1600


<記事より>
同書によると、1940年(昭和15)から43年にかけて、特高警察が全国で主に二、三十代の俳人計44人を治安維持法違反の疑いで検挙した。
皮切りとなった40年の「京大俳句事件」では、「戦争が廊下の奥に立ってゐた」の句が有名な渡辺白泉をはじめ、俳誌『京大俳句』に参加していた学生ら15人が検挙された。
最終的には尋問や拷問の末に計13人が懲役刑を宣告され、消息不明となった俳人もいる。

 治安維持法による知識人、文壇、作家、出版界への厳しい弾圧がありました。俳句、俳壇にしても、これしかり。
自身も検挙され、激しい拷問にあった、岩波書店会長だった小林茂氏は、こう語ってくれたことがあります。
「治安維持法は、悪の根源である国家によって作られ、小者たちが限りなく拡大解釈して実行するんだ」
著書である「一本の道」でもこう書いています。
「昭和20年私が横浜に拘引されたのは、いわゆる「横浜事件」の一環と考えられている。即ち改造社、中央公論に続いて岩波書店を取り潰そうとする陰謀であった。
「横浜事件」では拷問によって二人も死んだ。戦争の終るまで拘置されていた二十余人の「被疑者」たちは、警察で拷問した特高たちを起訴した。私にもその仲間に入れという勧誘があった。しかし私はそれを断った。
拷問は確かにひどかった。けれども彼ら特高などは、拳骨のようなものであって、拷問させたのは誰だ。治安維持法を作ったのは誰だ。その根源を退治しなくては拳骨をなぐり返して見ても意味がない」

|

« もう、2月も半ばを過ぎて---あれこれ | トップページ | 武蔵丘陵森林公園の梅が見事です »

コメント

「美しい国日本・・・」「一億総活躍・・・」
先ずは聞こえのいい言葉で国民を釣り圧はやりたい放題ですね。
騙すほうが悪いのか騙されるほうが悪いのか・・・
やっぱり「その根源を退治」するしかないのでしょう。

投稿: トックリヤシ | 2017年2月23日 (木) 08時38分

>トックリヤシさま
「アベ政治を許さない」この思いを胸に刻んで、抵抗を続けるしかないようですね。

投稿: souroku | 2017年2月23日 (木) 22時38分

海外では普通の法律を日本がやろうとするとす軍国主義化と喚く思考停止はいい加減にしたらどうか?しかもソースが朝日ときたwww
金正恩も麻原彰晃も自分では実行犯にならないことをお忘れなく

投稿: | 2017年3月28日 (火) 12時52分

>名無しさま
普通の法律とは思いませんが、見解の違いでしょう。日本国でこの法案が成立すると、どんな目的で、どういう使われ方をするかを理解しているので、反対しているのです。まだ、多分30代と思われる日本史も勉強していないあなたにはわからないでしょう。しかし、私もそうですが、戦前の治安維持法に苦しめられた親族を持つ人たちは少なくないのです。また、共謀罪、刑法を理解していないようですが、金正恩も麻原彰晃も実行犯云々ではなく主犯なのです。この法は、レジスタンスとは無縁のあなたに適用される心配は多分無いでしょうが、出来ましたら、自らの場で発言し、この法を真剣に考えている人たちの発言を汚い日本語で封じるような行動を慎んでいただきたい。私は美しい日本語が好きです。そして、もっと勉強してください。

投稿: Soroku | 2017年3月28日 (火) 20時27分

名無しさんは、時給1800円で雇われている工作員です。自分の意見など、ありません。即、削除しましょう。

投稿: sin | 2017年3月30日 (木) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう、2月も半ばを過ぎて---あれこれ | トップページ | 武蔵丘陵森林公園の梅が見事です »