« 沖縄のオスプレイは不時着ではなく墜落が正しい | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2016年12月28日 (水)

カジノ法案---スロットマシンを考える

6e3d3478576cd99e_s2韓国の釜山では、宿泊したホテルの近くに、西面地区のシンボル的な高層建物、ロッテホテルがあり、ここにはカジノのがあります。釜山に2か所あるというカジノの一つです。
韓国旅行の初日、旅行中の経費の両替の必要もあり、夜の8時頃カジノの見学がてら覘いてみました。
ホテル2階にあるカジノの入口で、カウンターに立つ、女性係員にパスポートを見せて中に入ります。
韓国にある17ヵ所あるカジノは、江原ランド(カンウォンランド)1か所を除き、他はすべて外国人専用なので、身分証明にパスポートが必要なのです。
中に入り、驚いた事には広い店内に置かれた多数のカードやルーレットテーブルには、全くと言っていいほど客の姿はありません。
これがこの日だけの状況だったのかはわかりませんが。
一台だけカードゲームらしきものをしている台が開いていましたが、何かトラブルが生じてもめていました。
アジア系らしい外人女性グループが、同じテーブルに座る関西弁を話す日本人たちの態度が悪いので、ゲームを続けられないと抗議しているようでした。
閑散とした店内でしたが、入り口横に並んだスロットマシンの前だけには、かなりの数の人達が座っていました。
スロットは、日本でもパチンコ店に置かれ、多くの人が利用していますが、カジノでもカードゲーム以上に人気が高いとのことです。
 日本のパチンコ店のスロットは、パチンコと同じように現金をメダルに変えてゲームし、得たメダルを特殊景品に変え、それを外部の景品換金所で現金に変えるシステムです。
カジノのスロットの場合は、原則、紙幣やコインなどの現金決済で、得た金額ポイントも内部で他のカードゲーム、ルーレットと同じように両替換金まで出来てしまいます。
日本のパチンコ店のような薄暗い路地にある換金所で、何となく後ろめたいような気持ちで換金するのとは違います。ポイントが即金額なので、現金がより身近に感じられるのです。
現金といえば、ずっと昔の事、まだ栂池スキー場に栂池東急山荘があった頃のことです。
ホールに確か2台ほどのスロットマシンが置かれ、なんとメダルではなく硬貨がそのまま使えたのです。後にも先にも、日本でこんなスロットは見たことが有りません。
スキーを終えてくつろぐ夜の時間に、皆が熱中しましたが、10円硬貨がジャラジャラと出てくる興奮度は、メダルの比ではありませんでした。
 さて、カジノ内の両替所で、ややレート良く両替を済ませ、フリードリンクのペプシコーラを飲んでから、ゲームをすることなく、スロットマシンを横目に外に出ました。
ホテルに帰り、考えたのは、日本のカジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法のことです。
政府は施行から1年以内をメドにカジノ解禁に伴う法規制などを定めた実施法案を策定するとしています。
韓国では、韓国人の出入りできる唯一のカジノである江原ランドだけで、他の16ヵ所のカジノの合計入場者数の2倍の入場者数があり、その99パーセントが韓国人で占められているとのことです。
カジノの経済効果と共に、負の面である多くのカジノ依存症になる人たちの事が大きな社会問題になっています。先日、江原ランドカジノ前にずらりと立ち並ぶ質店の映像がテレビで報道されているのを見ました。
日本の場合、どこに何か所くらいカジノが作られ、使用できるのは外国人専用なのか、日本人も入場できるのかなどについては、まだわかりません。
しかし、世論に押されるように依存症対策などを検討するということは、韓国とは異なり、最初から日本人を目的としたカジノ運営を目指しているとしか思えません。
日本には、殊にパチンコと共存する形で、スロットマシンが存在し、年間20兆円以上の売り上げがあります。この金額は売上高で、もちろん返金もありますので、実際には3〜5兆円の市場規模が正しい数字だといわれています。このあたりの事、実はあまり調べておりません。
韓国のカジノの全体の市場規模は3000億円程度なので、斜陽といわれながらも日本のパチスロ業界が、いかに巨額の金を得ているかがわかります。
減少傾向にあると言われながらも、今なお1000万人もの潜在的パチスロ人口の何割程度が、カジノに参加するのかはわかりません。しかし、韓国のカジノや、日本のパチスロ店でスロットマシンに熱中する人達をみると、外国カジノのただ、ボタンを押すだけでつまらないと言われるスロットより、現在のパチスロに近い遊戯性のある、かつ賭博性の強いスロットマシンを置くだろう日本のカジノの解禁を心配せざるを得ません。
カジノ法施行による依存症対策など、なにを今更といった感じで、現在のパチスロでさえ、その依存症が大きな社会問題であるのに、賭博性ではパチスロとは比較にならないカジノスロットが、日本のパチスロ愛好者をターゲットにしていること自体、依存症患者を取り込むことに他ならないのです。

|

« 沖縄のオスプレイは不時着ではなく墜落が正しい | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

金の亡者たちの憧れの的なのでしょうか・・・カジノ
日本の経済は資産家頼りですから彼らに気を遣った?
美しい国をどんどん醜い国にしようとしているようです。。。

投稿: トックリヤシ | 2016年12月28日 (水) 14時28分

>トックリヤシさま
カジノに何故、こうもこだわるのか、よくわかりません。どうしてもというなら、先ず外国人専用で解説してほしいです。

投稿: Souroku | 2017年1月 2日 (月) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄のオスプレイは不時着ではなく墜落が正しい | トップページ | 明けましておめでとうございます »