« ニュータウン秋色そして冬景色へ | トップページ | 東京ステーションギャラリーの階段---高倉 健追悼特別展にて »

2016年11月29日 (火)

釜山、慶州へ その2

Dsc01557_102411月15日
「海雲台、海東龍宮寺そして機張へ」
今日は先ず海雲台(ヘウンデ)を目指して、ホテルから地下鉄西面駅に向かいます。
昨日歩いているので迷うことはありません。高層のロッテホテルが目の前に聳え立っています。
歩いていて気付いたのは、若い人たちの足元が、特に女性では服装にかかわらず、ほとんどと言ってよいくらいスニーカーを履いていることです。これは昨日の空港からの地下鉄車内でもそうでした。そのためでしょうか、日本の若者と比べると歩く姿勢が良いなと感じました。

地下鉄には、昨日コンビニで購入したT-moneyカードを使用します。日本のSuicaと同じように現金をチャージして使う交通カードです。(写真上)
コンビニで購入する際にカード代約250円が必要です。使用終了後チャージの残金があれば、コンビニで払い戻してくれます。この際、手数料が約50円かかります。使用済みカードは購入者が持ち帰れます。このカードについては下記のページに詳しく書かれています。
http://www.konest.com/contents/traffic_info_detail.html?id=1259
地下鉄の改札で、日本と異なるのは、回転する3本の金属バーを押し下げて通過することで、最初はT-moneyカードのパネルタッチとのタイミングが合わず、ぎこちなかったのですが、すぐに慣れることが出来ました。
それより釜山で一番困ったのが、駅やバス停などの案内表示がほとんどハングル文字で書かれていて、漢字、英文表記が少ないことでした。これには電車の行く先など、ホームではかなり迷わされました。
地下鉄駅入口には、「Shelter」と書かれた表示があり、駅構内の通路の壁に埋め込まれたガラス箱の中に、防毒マスクが入っているのが見えました。Shelter(応急避難所)やガスマスクから、北朝鮮といまだ休戦状態のままである韓国の置かれた立場を思い知らされました。

西面駅から、地下鉄1号線に乗り釜山駅まで行き、駅前広場のアリランホテル前から「シティツアーバスレッドライン」に乗る予定です。
シテイツアーバスは、主要観光地を巡る観光客向けのバスで、レッドライン、ブルーライン、グリーンラインの3路線があります。チケットを購入すると、乗り降り自由で観光地を回ることができます。下記のページに詳しく書かれています
http://www.pusannavi.com/miru/1204/   

さほど混むことなく、釜山駅停留所発9時30分の、2階建てのオープントップバスに乗ることが出来て、海雲台に向けて出発です。2階の座席はほぼ満席の状態でした。(写真左1枚目)
Dsc01371_1024
バスは釜山大橋、釜山港大橋と二つの巨大橋を渡り、釜山港の海沿いを走り、高層ビルの間を抜けて行きます。(小さい写真3枚)
Dscn0077_1024

Dscn0079_320

Dscn0081_320_2


35分ほどの乗車で、海雲台海水浴場停留所に到着。
海雲台海水浴場は、韓国を代表する人気のビーチリゾートで、夏は砂浜いっぱいにビーチパラソルの花が咲いたような光景が出現します。世界一パラソルの多い海水浴場として、ギネスにも登録されているそうです。
さすがに11月半ばですから、砂浜に人影も少なく、全長2kmもあるという静かな白い砂浜がどこまでも続いています。砂浜のはるか向こうには、高層ビル群が聳えて、日本の海水浴場では見られない光景です。(写真左2枚目)
Dsc01375_1024写真を撮った海岸横でも、高さ400mという高層ビル3棟の建設が始まっていました。


砂浜沿いの遊歩道を海を見ながらゆっくり歩き、調べておいた足湯にも入ることが出来ました。
昼食は、海岸から少し歩いて、牛焼肉の店「ソムンナンアムソカルビチッ」でカルビを食べました。1964年創業だという釜山の有名店でもあるこの店は、古い両班の邸宅を改装した作りで、立派な長屋門を持ち風格があります。(写真左3枚目)客は、靴を脱いで個室に上がります。炭火で焼いてくれるカルビは、柔らかく美味でした。
Dsc01377_1024


釜山旅行で食事した店の従業員の接客態度を見ると、気持ちよく客をもてなそうという感じはなく、概して荒っぽいと思ったほうがよさそうです。
高級店と言われるこの店でも、他の卓の客には付けさせているエプロンを出さなかったり、給仕全体もかなり乱暴で、日本では考えられない応対ぶりでした。
でも、日本と比べるからで、これが普通なのだと思えば、そう気になる事ではありません。しいて言うなら、他の飲食店でも感じたこの応対の粗さ、そっけなさが、客が日本人だからなのか、そのあたりは、店により差もあり、短い滞在ではわかりませんでした。ちなみに、ホテル、案内所、交通機関、博物館などのスタッフの対応は、親切で気持ちの良いものでしたから。
食事後、店からバス停まで歩いてシティツアーバスのブルーラインに乗り、約約30分程で、「水産科学館・海東龍宮寺」停留所に着きました。
http://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=2239
停留所近くにある水産科学館には寄らずに。竜宮寺の参拝と見学を行いました。
龍宮寺については、上のページに詳しく書かれているので、省略します。
海沿いの寺というのも珍しく、景色も良いので多くの観光客が来ていましたが、観音信仰の聖地として信仰の対象にもなっているようです。(写真左4枚目、5枚目)
Dsc01381_1024

Dsc01384_1024

龍宮寺にお参りしてから、タクシーで20分ほどの機張に行きました。目的はかに料理を食べることです。
道路にはカニの専門店がずらりと並び、店頭のガラスケースには、カニが折り重なるように入っています。一軒の店で、生きた大きなタラバガニを選んで値段交渉し、店に入って席に着くと、しばらくして蒸されたカニが皿いっぱいに盛られて出てきました。ともかく大きい。味は淡泊ながら、当分、カニはいいねと思うくらい、実に食べごたえがありました。
料理する前に写真を撮っておけばよかったのですが、気付いたのは食べ終わってからでした。
カニを堪能して、今日の予定をすべて終わり、電車の東海南部線、機張駅まで行きましたが、なんと次の電車は2時間後しかありません。

Dsc01389_1024それではバスにしようかと思いましたが、バス停がよくわかりません。
駅前の案内書で聞いたバス停も工事中で、停留所名はおろか、行く先表示など一切付けられていません。海雲台方面に行くバスはいくら待っても来ないので、やむを得ずタクシーで地下鉄海雲台駅まで戻りました。タクシーで点から点を結ぶような移動をしてしまうと、旅の楽しさが半減してしまうので、なるべくタクシーは使わないようにしています。

タクシーで40分ほどかかりましたが、代金はなんと1500円。信じられないほど、韓国のタクシー料金は安いのです。海雲台駅から地下鉄2号線で西面駅に戻り今日の旅を終りました。Dscn0151_1024

Dscn0153_1024_2

|

« ニュータウン秋色そして冬景色へ | トップページ | 東京ステーションギャラリーの階段---高倉 健追悼特別展にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュータウン秋色そして冬景色へ | トップページ | 東京ステーションギャラリーの階段---高倉 健追悼特別展にて »