« 我家のホトトギス | トップページ | 野木町ホフマン輪窯へ---失われた煉瓦刻印の記憶を求めて、その2 »

2016年10月22日 (土)

西原斜面林のカラスウリ

Dsc01163_1024


Dsc00260_1024今日(10月22日)西原斜面林の手入れ作業に参加して、見つけたカラスウリの実です。
朱色が実にきれいです。(写真上)
昨年、夜の闇の中でひっそりと咲くカラスウリの花(写真左)のことを書きましたが、秋になって実が赤くなると林の中で俄然存在感が際立ちます。

Dsc01157_1024
西原斜面林は「にしはらの森」と名付けられています。志木市の西原ふれあい第三公園の北側にある貴重な斜面林です。
この志木市に残る自然の森を、NPO法人エコシティ志木の会員の皆さんが、手入れをしています。
斜面林の中には、手入れ作業用に整備してきた小道(写真左)があり、少し足元が悪い場所もありますが、どなたでも散策路として利用できるようになっています。
小鳥たちや、昆虫、植物と触れ合いながら自然の林の中を歩いてみませんか。

Dsc01159_1024

|

« 我家のホトトギス | トップページ | 野木町ホフマン輪窯へ---失われた煉瓦刻印の記憶を求めて、その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我家のホトトギス | トップページ | 野木町ホフマン輪窯へ---失われた煉瓦刻印の記憶を求めて、その2 »