« 西原斜面林のカラスウリ | トップページ | 西吾妻山へ---紅葉と初冠雪の山々 »

2016年10月29日 (土)

野木町ホフマン輪窯へ---失われた煉瓦刻印の記憶を求めて、その2

Dsc01189_1024

2016年5月2日(月)のブログで、深谷の「旧日本煉瓦製造」のホフマン輪窯を見学したことを書きました。http://yanasegawa.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/----e205.html

10月26日(水)
今日は、日本に現存するホフマン式輪窯4ケ所の一つ、栃木県野木町の「旧下野煉化製造」野木町煉瓦窯(ホフマン輪窯)を見てきました。写真上)

野木町の煉瓦窯は、現存するホフマン輪窯の中では、唯一原型をとどめて保存されており、昭和54年(1979)に国の重要文化財に指定されています。
長らく傷みの激しい状態で置かれましたが、今年の5月に耐震補強や修理などの工事を終わり、再展示されたばかりです。
この修復工事には5億円もの工事費がかかったそうです。
見学受付事務所や展示室のある、「野木ホフマン館」が隣接されており、ガイドの解説付きの見学ツアーが、一日7回行われています。費用は100円必要です。
勿論、ガイドなしで煉瓦窯内部の見学は自由で、この場合は無料です。
僕は、11時30分からのガイド付きツアーで見学させてもらいました。専門的知識が豊富なガイドとの見学のほうが、絶対にお薦めです。
 さて、この国指定重要文化財に指定されている煉瓦窯ですが、野木町の観光スポットとの目玉として整備されたにしては、惜しむらくは、アクセスが悪いのです。

JR宇都宮線の野木駅から、バス便はなく、町営のレンタサイクルかタクシーを利用するしかありません。
Dsc01234_1024
野木町はレンタサイクルが整備されていて、町内に3か所のレンタサイクルステーションがあり、そのうちの一つが野木駅前のセブンイレブンにあります。
(写真左上)
改札から西出口の階段を下りた右側にあるセブンイレブンで、僕が自転車を借りたいと申し込むと、申込書への記入と身分証明書が必要でした。

身分証明は免許証か健康保険証があれば、問題ありません。
手続きは簡単に終わり、その後、店員さんが、駅に付属している駐輪場まで案内してくれて、自転車を貸してくれました。
なんと、一日無料で自転車を借りることが出来るのです。
自転車さえあれば、煉瓦窯まで30分ほどで、行けますし、町内の野木神社などの観光スポットを巡ることもできます。観光客にとっては、とてもありがたい制度です。無料だから誉めるわけではありませんが、野木町のレンタサイクルは、素晴らしい。
そんなわけで、無事自転車を借りることが出来たので、一路煉瓦窯を目指します。
Dsc01165_1024


5分ほど走ったところにある、これも町営の「ボランティア支援センターきらり館」により、煉瓦窯までの道を教えてもらい、地図も手に入れました。ここのスタッフの方もとても親切です。ここにもレンタサイクルが置かれています。
国道4号を走ること、25分ほどで、目的の煉瓦窯のある野木ホフマン館まで到着しました。
(写真左下)

ホフマン輪窯の内部見学の様子は、写真もたくさん撮りましたので、後日別途書くとして、今日の目的の一つは、前回訪ねた「旧日本煉瓦製造」と同じく、市川の赤レンガ倉庫の煉瓦刻印について調べることでした。
Dsc01183_1024


千葉県市川市国府台にある、旧陸軍の武器庫として使われていた
赤レンガ建築物の建築年代を探るなかで、使用されている煉瓦の刻印を調べていることは、前回書きました。
友人たちの調査で、この武器庫の煉瓦の製造元は、東京湾の猿島に使われている愛知県の
東洋組西尾分局士族就産所(後の天工社)か、あるいは、関東の小菅集治監または下野煉瓦ではないかと考えられています。
そこで、今日、下野煉瓦製造の煉瓦の可能性を探るべく、「ホ」の刻印のある煉瓦写真を持ってきたというわけです。

幸いなことに、見学時間にホフマン輪窯を案内してくれた、ガイドである野木ホフマン館の文化振興指導員の岩上さんに、見学後お話を聞くことが出来ました。
僕が写真を見せて、赤レンガ倉庫の保存経過などを説明すると、写真の煉瓦刻印については、これだけでは何とも言えないが、この「ホ」の刻印は、下野煉化製造の煉瓦には多分無いと思う。下野煉瓦製造は、登り窯で煉瓦焼成を始め、ホフマン窯は明治22年に西窯が、翌23年に現存する東窯が完成し焼成を始めているが、年代的にフランス積の武器庫であれば、この下野煉瓦以前の可能性も考えられるのではないかとの見解をうかがうことが出来ました。
下野煉瓦製が完全否定されたわけではないと思いますが、今後の調査の参考になる、お話でした。
ともかく、市川の赤レンガ倉庫は、猿島の建築物や他の煉瓦造建物と比べて、煉瓦製造元を特定できる刻印の発見が出来ていないのが現状です。煉瓦平面が見えている箇所が少ないこともありますが、今後の展開では、思わぬ発展も期待できるかもしれません。

建築年代と、煉瓦の製造会社を知る貴重な手がかりとして「赤レンガをいかす会」が次のように発表しています。
平成27年7月、8月に行われた「赤レンガを生かす会」と「千葉県建築士会」の共同調査で、これまで見ることの出来なかった屋根に「天工会社刈谷工場」と刻印されている棟瓦が発見された。この瓦は東洋組(愛知県刈谷)の関連会社「天工会社」(操業期間明治18年~19年)の製品であることが判った。
これにより、この武器庫に使用された煉瓦も、猿島と同じ東洋組の可能性が大きくなり、建設時期も明治19年か20年頃という見解も出てきているようです。

|

« 西原斜面林のカラスウリ | トップページ | 西吾妻山へ---紅葉と初冠雪の山々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西原斜面林のカラスウリ | トップページ | 西吾妻山へ---紅葉と初冠雪の山々 »