« 豊洲新市場の地下空間について | トップページ | 黒部五郎岳へ »

2016年9月24日 (土)

豊洲新市場の地下空間について---その2

築地新市場の建物下の巨大な地下空間に、重機搬入のための昇降口(3×6m)があったとの事。
これで、この地下空間問題、建築的に考えて、ますます理解しにくいことになりました。
重機を入れて何をするつもりだったのか。建設工事の重機と言えば、まず頭に浮かぶのは
油圧ショベルです。一般にユンボとも言われます。
アームの先端についたショベルで土砂を掘ったり、移動したりしているあれです。災害現場では大活躍しています。
もし、ユンボを降ろす必要があるのなら、地下空間の床を掘るということでしょう。砂利の部分を掘るのでしょうか。考えられるのは、地震による液状化現象の、何らかの処置。
でも、地下空間には、配管が吊り下げられていて、とてもユンボが動けるとも思えません。
5m近い天井高さのある地下空間の配管や、メンテナンスに必要な、高所作業車も、搬出口から下ろさねばならないでしょうが、通常、重機とは呼びません。
地下空間を、都庁の技術職員は「モニタリング空間」と呼んでいたとか。
もはや全くわかりません。都庁の新市場担当の技術職員さん、早く洗いざらい、説明してしまいなさい。時間の無駄です。

|

« 豊洲新市場の地下空間について | トップページ | 黒部五郎岳へ »

コメント

あの怖い爺さんに逆らうわけにはいかなかったんだよ~ってだんまりを続けているのかな。
そろそろ年貢の納め時、洗いざらいバラしちゃいなさいよ!・・・ってことです。

投稿: トックリヤシ | 2016年9月24日 (土) 08時56分

>トックリヤシさま
テレビで、ああでもない、こうでもないとコメンテーターの方々が発言していますが、結局よくわかりません。
都庁技術職員か、日建設計担当者が、こういうわけですと一言言えば済むことなのに。
土地を購入したのもあの方、建物に影響を与えたのもあの方。困ったものです。それにしても、盛土ならぬ建築工事費のお手盛り、土地代といい、建築費といい、一体誰の懐に入ったのでしょう。まさに「越後屋、お前も悪じゃのう」の世界ですね。

投稿: Souroku | 2016年9月24日 (土) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豊洲新市場の地下空間について | トップページ | 黒部五郎岳へ »